■Oathbreaker

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Eros | Anteros/Oathbreaker

71lmVHnYNJLSL1377.jpg




 Amenraなんかとも関わりがあったりもするベルギーの女性ボーカル激情系ハードコアバンドOathbreakerの2013年リリースの2ndアルバム。リリースは前作同様にDeathwishから、プロデュースも前作同様にKurt Ballouが手がけている。でも今作でOathbreakerはとんでもない確変モードに入ったと言えるだろう。最も分かりやすい形で激情系とかカオティックとかネオクラストとかポストブラックだとかを超えたハードコアの理想形とも言える音を提示してしまっているし、誤解を恐れずに言えば考えられる限り最もキャッチーでありながら最もブレ無い方法論でそれを実現させてしまった。



 リリース自体はDeathwishだし、その手のサウンドの流れは全然あるけど、今作はその方法論に何の縛りも無い。ギターワークからはブラッケンドハードコア辺りの影響も少なからずあるだろうし、His Hero Is Goneといったバンドに代表されるメタリックなサウンドの流れも感じるし、言ってしまえばネオクラストの影響も少なからずあるのかもしれない。でもそこの形にOathbreakerは縛られていないし、それらをしっかり噛み砕いて解釈し尽くした上で自らの激情として完成させている。美麗のホワイトノイズの悲壮感に飲み込まれそうになるアルバムのイントロを飾る第1曲「Beeltenis」から今作は異質な作品だと思った。でもアルバムのリードトラックである第2曲「No Rest For the Weary」で完全にぶっ飛ばされた。イントロはブラッケンドなトレモロリフの応酬。でも既存のブラッケンドと全く違うアプローチであり、それはある意味ポストブラックメタルに近いのかもしれない。そしてサウンドの雛形はメタリックなクラストサウンドとブラッケンド、そしてメロディは哀愁溢れる激情系サウンド。更には女性ボーカルって事もあるのかもしれないけど、ゴシックな空気感がアルバム全体で漂う。色々な要素を全部乗せしているのに全く散漫にならないのはバンドの持ち前のセンスも勿論デカイけど、女性ボーカルである事を活かしたゴスな空気を強く感じるメロディだったり雰囲気もかなり大きいかもしれない。第3曲「Upheaval」はよりメタリックでクラスティなサウンドを展開しているけど、その空気感は全くブレ無いし、そこはボーカルのCaro Tangheネキのゴシックさとヒステリックさが織り交ざったボーカルの力量もかなり大きいと思う。第4曲「As I Look Into the Abyss」はカオティック要素がかなり強いのにやっぱりブレ無いし、ハードコアな楽曲だけでもアプローチが多彩なのにブレを全く感じさせないのはどの楽曲もOathbreaker節とも言える哀愁溢れながら耽美な空気感も感じるメロディだったりギターワークだったりコードワークがあるからだろう。
 勿論ハードコア以外でのアプローチもこのバンドは仕掛けてくる。第5曲「The Abyss Looks Into Me」はミドルテンポの長尺曲であり、よりエピックな空気感もあり、ポストメタル要素も手にし、絶叫だけじゃ無く美しいクリーントーンのボーカルも聴かせ、曲の中での起承転結のメリハリもそうだけど、緩急付けた曲展開によってよりバンドの世界観を確固な物にしている。そんな曲の後に第6曲「Condor Tongue」という激走ナンバーを持ってくる辺りもニクいし、第7曲「Offer Aan de Leegte」ではゴシックヴァイオレンスとも言える独自のサウンドを展開。第8曲「Agartha」の美と激のコントラストからの今作屈指のカオティックさで暴走する第9曲「Nomads」で絶頂!!そしてラストの10分以上にも及ぶクリーントーンボーカルとクリーントーンサウンドが最も冴え渡った美しきメロディを紡ぎ、最後の最後で黒と白と銀が交ざった轟音で締めくくる最終曲「Clair Obscur」で壮絶なるラストを迎える。



 全10曲のアプローチこそバラバラだし、特にアルバム後半の5曲なんて本当に全然違うアプローチの曲ばかりでありながら、全10曲で見事に統率された世界観。何よりもそれをハードコアという枠組みの中ではあるけど非常に分かりやすいアプローチで体現している事、あらゆる現在進行形のハードコアを吸収した上でOathbreaker節とも言えるメロディセンスと世界観によって独自のサウンドとして世に放ってしまった事の凄さはとんでもない。前作から完全に大化けしてしまったし、恐らくDeathwishリリース作品の中だけじゃ無く、現行の欧州ハードコアの中でも最高峰に位置する作品だろう!!必聴!!



スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。