■告知

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Guilty Forest&小野 presents Youngblood vol.1開催!!

Cvn2TocUIAQLGJ3.jpg



Guilty Forest&小野 presents Youngblood Vol.1
2016年12/04(日)@国分寺Morgana

MiDDLE
pale
WonderLand
アジアの純真
アハト・アハト
冬蟲夏草

open17:00
start17:30
adv:2000円+1drink
door:2300円+1drink

国分寺Morgana:morgana@d9.dion.ne.jp
All Info:paradaise.k@gmail.com




2015年12月、2016年6月にMOCHIとの共同企画として「Under The Surface」を二度に渡り開催しましたが、それとは別にアハト・アハトの小野と新たに「Youngblood」という企画を立ち上げる事になりました。
この企画は有名無名問わずに素晴らしいバンドの激烈なるライブを少しでも多くの人に目撃して欲しいという点は「Under The Surface」とは変わりませんが、西東京の爆音地帯である国分寺Morganaから西東京のエクストリームミュージックシーンを少しでも盛り上げていきたいという点、主に若手のバンドを中心に様々なサウンドスタイルの期待のホープの熱量溢れるライブを多くの人々に届けたいという点が共同開催者の小野との共通の意志として開催する運びです。
サウンドスタイルがバラバラでありながら、強烈なオリジナリティを持つという点では確かな共通項を持つ若手5バンドに対し、長年の確かなキャリアを持ちながら現在進行形で激烈なる尖りを放つベテランバンドがどう迎え撃つのか!?
活動のフィールドもサウンドスタイルも全く違う6バンドが集結したからこそ、予測不可能なグルーブが生まれると僕は信じています。
国分寺というと少し遠い印象を持つ人が多いと思いますが、新宿から特快で約20分、快速で約30分と中央線で一本でアクセス可能なので、このタイミングで新たなる西東京の可能性を発掘して頂きたい限りです。
Moirganaの向かいの「居酒屋ほくと」は個人的にオススメです。16時から開店しているので、一杯引っ掛けてからMorganaに立ち寄って下さい。
それでは沢山のご来場を心よりお待ちしております。



【出演バンド紹介】

■MiDDLE

ex.LOVEMEN、ex.LONGBALL TO NO ONE、ex.international jet set、ex.LIFE INDIGATORのメンバーが集結し結成された鶯谷WHAT'S UPを根城にするハードコア番長。
メンバー3人がそれぞれ日本のパンク・ハードコアシーンを引っ張ってきたベテランであるが、そのポジションに甘んじず、これまでのキャリアのどのバンドよりも爆裂で尖りきったサウンドを爆散させる。
ディスコダントでジャンクでありながら、ストレートなポストハードコアを炸裂させ、休む暇の無い爆音のビートと一刀両断のギターリフの応酬が観る物を容赦無く突き刺していく!!
全身全霊で叫び爆音を放つ漢三人衆は彼方の果てまで爆走を続けるだけだ!!





■pale

東京を拠点に活動する若手ポストブラックメタルバンド。Twolowのギタリストであるワタナベ氏が在籍している事で名前を知った人も少なくない筈だ。
ポストブラックメタルも既に細分化を繰り返し一概にこれと言う音が無い概念的なサブジャンルになったが、paleが鳴らす音はもっと根本的なメタルへの愛憎を感じる物となっている。
芸術的でドラマティックな楽曲展開も魅力的であるが、ブラックメタルが持つ寒々しさを最大限に生かした泣きのメロディがpaleの一番の魅力だろう。その音は暗黒よりも寧ろ光の先へと突き抜けていく様だ。
まだまだ未知数なバンドだが、その全貌は是非とも「Youngblood」にて目撃して欲しい。





■WonderLand

元々はグランジバンドとしてスタートしたが、徐々にそのサウンドスタイルを崩壊させ、現在は一曲30分近くに渡る超長尺の楽曲をプレイするまでになった未知へと挑む前人未到の楽団。
グランジをルーツにしながら、ポストロック・ポストメタル・プログレ等のサウンドを飲み込んだ結果、不穏で美しく重厚なる音像を描くバンドに進化を遂げている。
WonderLandという人を食ったバンド名を冠しているが、彼らが描くWonderLandは人間の無意識の先にある幻想に満ちた世界だ。美旋律も不協和音も共存する天国とも地獄とも違う形容不可能な世界を彼らは音だけで描き続ける。
WonderLandが描く未曾有の情景を前に何を見出すから目撃者次第だ。無数に広がるパラレルワールドの果てには感動的な世界が待っている。





■アジアの純真

自ら「ポリティカル・ハード・アート・チーム」を名乗り、「革命と闘争のロマン」をテーマに掲げ、数多くの思想や事件が持つエネルギーを考察し、それを音楽だけで無く、ライブパフォーマンスやアートワーク等でも体現していく演劇的音楽集団。
ハードコア・レゲエ・パンク・オリエンタル・レトロといった雑多な要素を持ちながら統率された楽曲、ポエトリーとラップによるボーカルスタイル、それぞれの楽曲が持つ情報量の多さ、どれも異質であり、異様なエネルギーを持っている。
何処にも属せない異質さ、そのバンドとしてのスタイルは劇団的でもありながら、そのエネルギーを考察し、体現する事によるシリアスなリアリズム。そこから生まれる激情のエネルギーは紛れもなく本物だ。
彼らは多くの賛否両論すら巻き起こし、全てを引っ掻き回すだけのポテンシャルを持つ。そんな彼らのライブを目撃し、何を感じるかは貴方次第だ。





■アハト・アハト

今回の「Youngblood」の主催の片割れである小野が在籍する4ピースエモーショナルロックバンド。
キウイロールを始めとした北海道エモの影響を受けながら、それらを自らの物にし、アハト・アハト節溢れるサウンドへと昇華している。
静寂や音の隙間すら聴かせる拘り抜いたアンサンブル、歌を基調にしながら、各楽器が細部まで異常な迄に研ぎ澄ませた音を鳴らし、蒼く切ない熱情を生み出していく。
エモーショナルロックを鳴らすバンドは数多く存在するが、アハト・アハト程の境地に達した若手バンドは実の所ほぼ皆無だと言える。この先その名を多くの人に広めていく筈だ。





■冬蟲夏草

現在では随分と手垢に塗れた言葉となってしまったカオティックハードコア。湾曲と誤解を繰り返し、その言葉の意味通りの「混沌」を鳴らすバンドは大分少なくなってしまったのかもしれないが、冬蟲夏草はカオティックハードコアの本質をガッツリ掴んだバンドだと言える。
多展開とリズムチェンジを繰り返し、常時不協和音の乱打が繰り返されるサウンドスタイル。不気味なコード感による不敵で猟奇的な世界は不条理に満ち溢れている。
気なんてとっくに狂ってしまったと言わんばかりのライブパフォーマンスを含め、カオティックハードコアの本質だけを追求する若手ホープがどんな惨劇を生み出すか要注目だ!!





チケット取り置きはparadaise.k@gmail.comに氏名・チケット枚数を明記してメールして下さい。
各出演バンドへの取り置きも大歓迎です。
僕のtwitter(@paradaiseK)へのリプやDMでの取り置きも受け付けています。
またFacebookのイベントページの方もチェックして頂けましたら幸いです。
改めて当日は沢山のご来場を心よりお待ちしてます!!
スポンサーサイト

■Guilty Forest&MOCHI presents Under the Surface vol.1開催!!

-CdPHVRe.jpg



Guilty Forest&MOCHI presents Under the Surface vol.1
12/20(日)@東高円寺二万電圧

BB
bilo'u
Su19b
ZOTHIQUE

open17:30
start18:00
adv:2000円+1drink
door:2500円+1drink


東高円寺二万電圧:20000@den-atsu.com
All Info:paradaise.k@gmail.com


日本のアンダーグラウンド・シーンのバンドたちは、世界でもトップレベルであると、僕たちは確信している。しかし世に情報が氾濫しているせいで、素晴らしいバンドであっても、一部のフリークスのみが知る存在に留まり、過小評価されているのが現状だ。
有象無象が渦巻く今こそ、スタイルや世代を超え、循環とクロスオーヴァーを起こすべく、立ち上がることにした。
ここに集結したのは、安易なカテゴライズに押し込めることができないバンドばかりだ。しかし「観る者を完全に圧倒する」「極限のヘヴィネス」という2点においては共通している。ライヴという場で、目撃した者に爪痕と足跡を残す猛者たちであることは間違いない。
「Under the Surface」は、単純なアンダーグラウンドの交流会では絶対に終わらせない。「表層の下」という企画名を付けたのは、過密した情報ばかりが先行し、屈折と停滞と閉塞で埋め尽くされたシーンに対する挑戦であり、未知なる本質をつかみ取るためだ。
この企画に足を運ぶ人々全てに、新たなる出会いと覚醒を与えるべく、その第一歩をここに刻む。



【出演バンド紹介】

・Su19b

神奈川発世紀末行きブラッケンドパワーヴァイオレンス。生み出すはジード軍団すら死滅した救世主無き虚無と化した世紀末的暗黒世界。
 激遅・激速・激重をパワーヴァイオレンスを基軸にブラッケンド・デスメタル・フューネラルドゥーム・スラッジ要素を加えドス黒く世界を染め上げる絶望すら無くした奈落の音。
 極限まで研ぎ澄まし、観る物をドン底へと叩き落とすライブアクトも好評で、一部では東のCorruptedとまで評されている。
 結成17年に及び、これまで数多くのスプリットやEPをリリースしたが、2015年待望の1stフルアルバム「World Is Doomed To Violence」とシカゴの陰鬱ドゥームDisrottedとのスプリットもリリース。Under the Surfaceをいきなり全生物が死滅した荒廃世界へと変えるだろう。





・bilo'u

 テクデス?プログレメタル?カオティック?全然違う。bilo'uの生み出す音をカテゴライズする事は最早不可能に近いと思っている。
 メンバーそれぞれの演奏技術はズバ抜けているが、単なる技術先行型の既存の音をコピペしただけの音とは全く違う。和音も不協和音も遠心分離させた末に完璧な音の配列でそれを並べてしまったが故に生まれる異物感。頭が完全にイカれてしまった猟奇的科学者は重低音と変拍子だらけの音の混沌の中で未曾有の情景をストイックに描き続けるだけだ。
 bilo'uはこれまでの2枚のフルアルバムをリリース。BETWEEN THE BURIED AND MEとの共演も果たし、そのライブは音源完全再現どころか更に奇怪さが加わっている。
 フリーキーかつアナーキーに繰り出される暴力的な音の乱数は数学的でありながら、新たなる方程式を生み出し続ける。





・ZOTHIQUE

2011年に結成されたサイケデリックドゥームカルテット。
 ハードコアからドゥーム・スラッジ・サイケ・アンビエント等の要素を飲み込み、前人未到の領域を目指し続けている。
 作品リリースにも積極的でこれまでに3枚のアルバムをリリース。2015年リリースの最新作「Faith, Hope And Charity」ではこれまでの這い寄るドゥーミーなグルーブはそのままによりハードコアに、よりアンビエントに変幻自在なサウンドへと進化。より得体の知れない怪物と化す。
 肉体にも脳髄にもガツンと来るビートとリフの濁流、所構わず飛び交うキーボードの音色、地底から金星までゼロ距離で体感可能なライブアクトは観る者の未知なる感性を覚醒させる事間違いなし。
 今回のUnder the surfaceではは45分に及ぶロングセットで太陽系の先からマントルまで飛び交う音を全身全霊で放つ!!
 更には12月の東名阪ツアーで限定無料配布され、2016年からは商品として流通予定の1曲20分の新作プレスCD音源「Limbo」を今回特別に無料配布!!





・BB

 COCOBAT、BACK BONE、 DESERT、WRENCH、MINOR LEAGUEとメンバーのそれぞれのキャリアを挙げただけでも目眩がする程だけど、BBはそれらのキャリアすら帳消しにしてしまう新感覚の激音を生み出す大妖怪である。
 モダンヘビィネス・カオティックハードコアが地盤にはなってはいるけど、BBの音はそれらのバンド全てを過去の遺物に変えてしまう物であり、極限までヘビィであり、ノイジーであり、メロディアスであり、ダークであり、退廃的である。誤解を恐れずに言えば日本でTOOLの領域まで達してしまったバンドがBBだ。
 更に常にオリジナリティある物だけを創造し続けるというスタンスから来る毎回進化のみを提示するライブは誰も寄せ付けない孤高の存在としてのBBを惜しみなく見せつける。
 BBも今回は45分セットでこの世の全てを置き去りにする極限世界を描くだろう。表現のスペシャリスト4人が生み出す音塊に震えろ!!
 またBBはまだ正式な音源はリリースしてないが、こちらからデモ音源2曲をフリーダウンロードで公開中。今回のイベント前にBBに触れて殺されて欲しい。





【タイムテーブル】

17:30 OPEN
18:00~18:30 Su19b(30分)
18:45~19:15 bilo'u(30分)
19:30~20:15 ZOTHIQUE(45分)
20:30~21:15 BB(45分)




チケット取り置きはparadaise.k@gmail.comに氏名・チケット枚数を明記してメールして下さい。
各出演バンドへの取り置きも大丈夫です。
僕のtwitter(@paradaiseK)へのリプやDMでの取り置きも受け付けています。
初の自主企画ですが、最高の夜を作り出せるように全力で努力していく所存です!!
またFACEBOOKのイベントページの方でも随時情報を公開中。
12/20は沢山のご来場お待ちしております!!

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。