■Totem Skin

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Weltschmerz/Totem Skin

0005849702_10.jpg



 スウェーデン・ダーラナのダークハードコアバンドTotem Skinの2ndアルバム。1720年から1870年にかけて彼らの出身地ダーラナ地方で隆盛を極めた、スウェーデンの伝統的なシンボルデザイン「カービッツ」を捩り、「Kurbits Crust」と自ら名乗ることもあるとリリース元である俺たちのTokyo Jupiterのインフォにはある。
 そんな彼らの音楽性は正に理想的なダークハードコアであり、2010年代以降のハードコアの流れにありながら、一線を画すパワーとセンスを感じさせるクロスオーバーサウンドだ。
 またアルバムタイトルの「Weltschmerz」は、あるべき理想的な状況と世界の現状とを比較することによって引き起こされる、精神的なうつ病や無関心、または感傷的な悲しみのムード、世界苦を意味するドイツ語らしい。




 今作で初めてTotem Skinに触れたが、日に日にクロスオーバーを繰り返す現行のハードコアの美味しい所を全部かっさらった上でそれらをダークハードコアの一点に帰結させるキメラサウンドを展開。
 音楽性で言うならば激情ハードコア、ブラッケンド、クラスト、スラッジと多岐に渡っているが、それらをとっ散らかしたクロスオーバーにするのでは無く、ダークなメタルクラストを現在進行形のハードコアのエッセンスで消化している。
 音はとにかく黒い!!音自体は汚らしい訳では無く非常に洗練されたサウンドプロダクトになっているが、Dビートで爆走するサウンドを重心に、ツインボーカルで畳み掛け、寒々しいリフからメタルコア的なフレーズやカオティックハードコアな曲展開までを同時に乱射しまくる。更にはネオクラストな泣きのメロディまで飛び出してくるから一体どうなっているんだ!?
 だけど大雑把なサウンドには決してなっていないのが彼らの凄い所。一本筋の通ったズ太い音はハードコアとしての強度やヘビィさに満ち溢れており、今作を再生した瞬間にその音の破壊力に脳味噌がブチ砕けそうになってしまった。
 こうして書くとマッチョイズムに溢れたハードコアを想起させてしまうだろう。勿論それらのタフネスはサウンドから溢れているが、同時にアトモスフェリックな要素も取り入れている事も忘れてはいけない。アートワーク(ちょっとBaronessっぽさを感じたのは僕だけじゃ無い筈)からも感じるだろうけど、彼らの精神性は非常にコンセプチュアルな物でもあり、熾烈なサウンドの随所随所に散りばめられた静謐な引きの瞬間の美しさは北欧ハードコア特有の美意識とメロディセンスに溢れており、そちらもナイス!!
 けれどもアトモスフェリックさをあざとく冗長に展開させるなんて手段を彼らは取らない。それは激と美が複合を繰り返して「強く美しい」サウンドフォルムを手にした第5曲「Pretend」を聴けば明らかだろう。一見ポストメタル要素を全開にしていると思わせておいて、スラッジの煉獄へ、そして最後はノイズに吹き消される第7曲「I De Blindas Rike Är Den Enögde Kung」も屈指の名曲。



 アルバム全編を通して隙無し捨て曲無しとサウンドのクオリティの高さに驚かされる作品であるが、今作の凄まじさは時折静謐なる音をスパイスとしてふりかけつつも常に激昂の音が吹き乱れている事だ。徹底した芸術的センスも素晴らしいが、何よりもハードコアとして単純に強くあり続けている。滅茶苦茶痺れるよ!これ!!



スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。