■Alcest

■Shelter/Alcest


Shelter (Digisleeve Edition)Shelter (Digisleeve Edition)
(2014/01/21)
Alcest

商品詳細を見る




 最早ポストブラックメタルの代表格とも言えるフランスのAlcestの2014年リリースの最新の4th。前作で郷愁の美しさを見事に鳴らしていたAlcestだけど、今作ではとうとうブラックメタルを完全に捨ててしまったと言える。前作からブラックメタル成分よりも郷愁のシューゲイザーサウンドが前に出始めていた印象を受けるけど、今作はブラックメタル成分は皆無、そのジャケット通り、完全に光を描く作品になった。



 今作でブラックメタルを切り捨てた事に戸惑いを覚える人は多いとは思うけど、僕は今作を聴いて、これは純粋なまでにAlcestの作品だと思った。最初期の本当にシューゲイジングブラックメタルだった頃の影はもう無いけど、でもAlcestが鳴らして来たのは一貫して幻想的な光だと思うし、これまではそのサウンドの核にブラックメタル成分を盛り込んだ手法だったけど、今作はそれを捨て去り、シューゲイザー要素がかなり前に出た。同時にドリームポップな浮遊感を加えた印象。導入の第1曲「Wings」から今作のリードトラックになっている第2曲「Opale」の流れだけで完全に聴き手は美しく懐かしい夢の世界へと誘われてしまうだろう。そのメロディ自体は前作と実はそこまで変わってないし、相変わらず卓越したメロディセンスを誇り、見事な美しさを感じるけど、これまでと違うのは、そのメロディからより光を感じる様になった事。前作の最終曲なんてとんでもなくあ爽やかで驚いたりもしたけど、今作はその流れを引き継ぎ、それをより明確な形に具現化している。正に一つの高揚と恍惚を感じさせる冒頭の名曲だけで完全に持っていかれてしまったよ。
 第3曲「La Nuit Marche Avec Moi」も完全にシューゲイザーサウンドだけど、こちらは少しばかりメロディに憂いを感じさせてくれて、ポップネスの中で絶妙な湿り気が良いアクセントになっていると思う。それでいてドラマティックなシューゲイジングする旋律とneigeの歌が優しく包み込んでくる。第4曲「Voix Sereine」なんてドリームポップな要素を更に押し出し、珠玉の旋律を生かした煌きのサウンドはまるでここ最近のANATHEMAとも繋がっているとも僕は思ったし、その包む音から轟音へと変貌する様は一つの物語としてあざとい位にドラマティックだし、それが良い。その中でも第5曲「L'aveit Des Muses」はポジティブな光を生み出す今作の楽曲の中でも少し異質で、湿り気の部分が色濃く出たメランコリックさはこれまでのAlcestやLes Discretsの流れにある楽曲で今作の中ではかなり異質な楽曲。眩い光だけじゃなくて、作品の中で確かな闇の部分を中盤に持ってくる事によって、作品全体のストーリー性やアクセントをしっかり出しているし、そんな楽曲でもAlcestの旋律の魅力は全然揺らがない。そしてその流れと確かにシンクロしながら第6曲「Shelter」というまた眩い光を描くシューゲイザーへと繋がっていくから凄い。
 終盤の第7曲「Away」はドリームポップなアレンジを施しながらも、アコースティックな郷愁と物悲しさが同居する名曲で、作品がクライマックスを迎えるのを予告しながらも、根本の部分でのAlcestの魅力を十分に伝えてくれる。そして最終曲「Délivrance」は実に10分にも及ぶクライマックスを飾るに相応しい大曲。轟音系ポストロック的な要素を盛り込んだ意欲的な楽曲であるとも思うし、そんなアプローチはより一層今作のサウンドを明確にし、郷愁とメランコリックが大きな波となって押し寄せる感動的過ぎる幻想の物語のクライマックスに相応しいし、これまでとこれからのAlcestを確かに繋いだ屈指の名曲だろう。



 アプローチとしては完全にシューゲイザー方面に振り切った作品だし、今作を大きな変化の作品だと捉える人は多いとは思う。でも僕は今作はアプローチが変わっただけで、Alcestというバンドの核は何も変化していないと思ったし、郷愁とメランコリックさと光を描く夢の様な轟音体験をより明確な形で表現したからこそのアプローチの変化だと思う。Alcestが持っている魅力は何も変わらないし、それはシューゲイザー・ドリームポップに振り切っても揺るがない。個人的にはここ最近のANATHEMAに匹敵するレベルの天上の音が今作にはあると思うし、それを支持したい。来日公演も決まっているし、また日本でALcestに会えるのを楽しみにしつつも、今作の夢の様な体験をまた噛み締めたい。絶対支持。



スポンサーサイト

■Les Voyages De L'Âme/Alcest


LES VOYAGES DE L'ÂME (魂魄の旅路) (直輸入盤・帯・ライナー付き)LES VOYAGES DE L'ÂME (魂魄の旅路) (直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2012/01/18)
ALCEST、アルセ 他

商品詳細を見る




 最早日本でも人気バンドと言っても良いんじゃないかって位の知名度を誇るNeige率いるAlcestの2012年発表の3rd。基本的には前作の延長線上の作風でありながらもより緩やかな時間の流れの中で揺らめく天へと上る至高の音色はより洗練された印象を受けるが、それ以前の作品が持っていた要素も今作では明確に継承していたりもする。相変わらずブラックメタル色はあまり存在しないけれども、Neigeは時折金切声のシャウトなんかも見せ付ける。しかしそれでも揺らがない純白の音色は今作でも極まっている。



 先ず第1曲「Autre Temps」にて寓話の世界へと誘う様な耽美で深遠なアルペジオでもうAlcestの天上の音色が響き渡る。ブラックメタル要素はほぼ皆無とも言えるけれども、それでも純粋さを守り続けるかの様なノスタルジックな旋律だけで真っ向勝負し、センチメンタリズムを静かに加速させる辺りは本当にAlcest節としか言えないし、光が煌く蒼く美しい郷愁の世界へと導いていく。シューゲージングするギターフレーズが胸を熱くさせてくれるし、不変のAlcestの美しさは今作でも健在と言える。第2曲「Là Où Naissent Les Couleurs Nouvelles」では天上のサウンドを相変わらず展開しながらも、中盤からはトレモロリフにブラストビートにNeigeの絶叫とブラックメタル色のある展開を見せるが、それでも破壊的な狂気は微塵も感じさせないし、寧ろAlcestの持っている耽美な世界をより明確にしているし、光も影も鳴らすAlcestのスケール感に満ちた名曲と言えるだろう。今作では郷愁の旋律が今までの作品以上に強くなった印象を受けるし第3曲「Les Voyages De L'Âme」でもノスタルジックでおぼろげな感傷が胸に焼き付いてくる。1stの頃を彷彿とさせながらもより蒼い旋律が轟音とともに押し寄せ女性のコーラスと轟音が瑠璃色の雨を降らせる情景豊かな1曲になっている第4曲「Nous Sommes L'Emeraude」と中盤の目蘭子リックな2曲の流れは鳥肌物だ。しかし第5曲「Beings Of Light」では最初期のAlcestを彷彿とさせる正にシューゲイジングブラックメタルが展開されていたのには驚いた。でも決してダークにはなっていないし、霧で覆われた深い森を走り抜け、その先にある眩いばかりの光を全力で掴み取ろうとしている様な妙に人間味溢れる青臭さと精霊達の優しい至高の歌声が全てを祝福かの様な世界がその先には広がっている。そして再びNeigeの絶唱が響き渡る今作で最もハードな第6曲「Faiseurs De Mondes」へと繋がるが、それも痛みの先にある救いの光を描いている様に見えるし、胸を締め付ける感傷その物だ。そしてAlcest史上最も爽やかで陽性の旋律が際立つ朝焼けの眩しさの様な第8曲「Summer's Glory」で今作は幕を閉じる。



 今作は今までの作品に比べたら決して派手な作品とは言えないかもしれない。しかし今までNeigeが培った物をフルに生かし、Alcest史上最も情景豊かで多方面に広がった作品に仕上がったと僕は思う。「Summer's Glory」は間違い無くAlcestの新境地だと言えるし、最初期のシューゲイジングブラック要素の強い音でも現在進行形のAlcestをしっかりと体現出来ているし、何よりもAlcest史上最も郷愁の香りに満ちた今作が生み出す感傷はやはり聴き手の胸を焦がすのは確かだ。より確かな光を描く様になったAlcestに僕はブラックメタル的な物はぶっちゃけ求めていなかったりするんだけれども、それでも純粋無垢な旋律の美しさと優しさは際立っているし、だからこそAlcestの音に惚れ込んでいるのだ。2012年最初の重要作だと言える。



■Le Secret/Alcest


LE SECRET 直輸入盤・帯・ライナー付きLE SECRET 直輸入盤・帯・ライナー付き
(2011/06/15)
ALCEST、アルセ 他

商品詳細を見る




 05年にDrakkar Productionsからリリースされた2曲入りEPにしてAlcestの原点とも言うべき音源。2011年に新たにレコーディングとリアレンジが施されたVerを追加収録し全4曲の作品として再発されたのも記憶に新しい。僕は2曲入りのオリジナル盤の方しか音源を所持していないので今回はそちらのオリジナル盤の2曲についてのレビューになるが、今作はポストブラックメタルとしての重要作品でもあり、正にシューゲイジングブラックそのものと言っても過言では無い作品だ。



 今作以降のAlcestの妖精達が祝福する様な音では無く、完全にブラックメタルの音になっている。ブラックメタルらしいトレモロリフと疾走するブラストビートが炸裂していたりするのは今作以降のAlcestしか知らない人からしたら驚きであるだろうし、ヒステリックなシャウトまで飛び出す完全なるブラックメタルの音だ。だが今作はやはりAlcestらしい美しい旋律と幻想の世界は健在である。第1曲「Le Secret」ではトラッド色の強いギターのアルペジオから始まり、その旋律の反復が少しずつ郷愁の香りを感じさせてくれている。その空気を打ち破る轟音のトレモロリフが吹き荒れた瞬間にその音は完全にAlcestが描く精霊達の音の世界へと導かれていく。そのシューゲイジングする轟音はブラックメタルらしく決して音質は良くないのだけれども、それでも郷愁と轟音の向こう側で揺らめく様に紡がれるネージュの歌声は聴き手の胸を掻き毟っていく。その熱量を高めて光を描く音はメランコリックさを高めて天へと昇っていく様な情景を感じさせてくれる。第2曲「Elevation」では上述の様にトレモロリフとブラストビートとシャウトが渦巻く音が展開されているが、そのトレモロリフの音色と旋律は歪んだ先にに見える美しさによってその神秘性を高めているし、時に美しく静謐なアルペジオが顔を出し厳かな空気を生み出し、その中で空間的に広がっていくシューゲイジングなトレモロリフは以降のAlcestへと繋がっていく物だ。後半からは前半の殺気立った音とは裏腹にトレモロリフが描く闇を切り裂き光が差し込む様な情景、その光の先にある福音の様な旋律はドラマティックかつ神々しい響きを持っているのだ。10分近くにも及ぶ醜さから美しさへと孵化していく様な様は震えが止まらなくなる。



 今作はブラックメタル色も強い作品であるが、その旋律とドラマティックな構成は正にAlcestの音であるし、決して良くない音質で録音されていても、そのトレモロリフが描く轟音の向こう側の光輝く優しい音色は絶対に揺るがない物になっている。そして今作の音こそ正にシューゲイジングブラックメタルの名に相応しい物になっているし、ブラックメタルとシューゲイザーが奇跡的なバランスで融合し、その音は確かな光を描き、聴き手の琴線を刺激し感動を覚えさせるのだ。



■Ecailles De Lune/Alcest


ECAILLES DE LUNE(月鱗悲散)(直輸入盤・帯・ライナー付き)ECAILLES DE LUNE(月鱗悲散)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2010/04/17)
ALCEST(アルセ)

商品詳細を見る




 ポストブラックメタルの第一人者であるNeige率いるAlcestの2010年発表の2nd。ブラックメタルから精霊が飛び交う純白の旋律の奏でていた前作であるが、今作ではより漆黒の耽美な音色も登場し、優しさだけではなく、鋭く尖った音も登場している。Neigeのもう一つのバンドであるAmesoeursのカラーも取り入れ、オーガニックさだけで無く、精神的な陰鬱さも見せている。しかしAlcestの持つ神秘的で幻想的な音は全く消えていない。深い森の中を歩き続けているかの様な世界と音はやはり美しくあるのだ。



 組曲になっている第1曲と第2曲で新たなAlcestの世界を見事に提示、ゴシックなカラーも感じさせ、前作までのシューゲイジングな轟音だけでなく、トレモロリフのブラックメタル色を感じさせる轟音が登場しているのだ。耽美な旋律がメランコリーで少し儚い旋律を優しく奏でたと思えば、ブラストとトレモロリフがどこまでも神々しい世界へと導いていく。前作にあるのが祝福の音なら、今作にあるのは間違いなく悲壮であり、よりシリアスで切迫感ある音が印象的だ。その自らの音の攻撃性を解禁した事でよりAlcestの音の幅は広がり、初期Ulverが鳴らしていた様な神話的世界としてのブラックメタルの音をNeigeの方法論で表現しているのだ。ここにあるのは紛れも無い破滅の美学が炸裂する美しい断末魔だ。そしてその激情をより明確にしたのだ第3曲「Percees De Lumiere」。悲痛な叫びが木霊し、陰鬱な音が空間を埋め尽くす楽曲であるが、それは本当にドラマティックな物になっていて、胸をダイレクトに打ち抜く。郷愁に満ち、切迫感と轟音の雨の中で、ただ幽かな光に手を伸ばすかの様な感情が本当に痛々しいし、だからこそ胸を打ち抜いてくるのだ。そこから前作の様な祝福に満ちた純白の轟音を鳴らす第5曲「Solar Song」への眩い光が入り込んでくる瞬間への流れが本当に堪らなくなるのだ。光と闇を飲み込んだこの轟音の底知れぬ祝福と畏怖の念こそ今作でのAlcestだと思う。



 癒しの音を鳴らすAlcestから今作では更に一歩踏み込み、光と闇が織り成す色彩を描いたAlcest。感情と幻想が織り成す寓話の世界が今作では繰り広げられ、より感情に訴える音になったのだ。耽美さとおぞましさを取り入れながらも、それをより美しい旋律へと変貌させたAlcestに全くブレは無い。今作も前作に負けず劣らず素晴らしい作品である。本当にカテゴライズとか枠組みが必要ないのだ。この神秘の世界には。



■Souvenirs D'un Autre Monde/Alcest


SOUVENIRS D'UN AUTRE MONDE (別世界への追慕)(直輸入盤・帯・ライナー付き)SOUVENIRS D'UN AUTRE MONDE (別世界への追慕)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2010/04/17)
ALCEST(アルセ)

商品詳細を見る




 様々なバンドで活躍するフランスのNeige率いるバンドがAlcestである。そのAlcestの2007年発表の1stアルバム。ブラックメタルを基調にしているが、ブラックメタル特有の殺伐とした狂気や極悪さは全く無く、ブラックメタルの美しい部分だけを抽出してどこまでも神秘的で美しい轟音を奏でている。今となっては地味に定着しているシューゲージングブラックメタルもこのAlcestがなければここまで音楽ファンの間で定着しなかったのかもしれない。21世紀型のポストブラックメタルの確かな礎になっている金字塔的大名盤だ。



 第1曲「Printemps Emeraude」が始まった瞬間に鐘の音の様な美しいシンバルの音から、一気に全ての景色を塗り替えてしまう美しい轟音が響き渡っている。センチメンタルな哀愁と、癒しの福音のメロディが鳴り響き、聴き手はこの世の物とは思えない幻想の世界へと旅立っていく。下手したらGODSPEED YOU! BLACK EMPEROR辺りに通じる重厚でクラシカルな音の世界。ブラックメタルの持つヘビィさの流れを180℃真逆のベクトルに変えた結果、ブラックメタルの壮大な世界観やクラシカルさを、地獄の憎悪ではなく、天界への祝福になってしまっている。
 特に第2曲「Souvenirs D'un Autre Monde」と第5曲「Sur L'autre Rive Je T'attendrai」が素晴らしい。前者はアコースティックギターの美しい音色から轟音が曇りなき光の様に視界に飛び込んでくる錯覚を覚えてしまいそうだ。シンシンと振り注ぐ雪や、切なさとメランコリーを刺激する雨模様の景色の先にある優しい温もりが安易に想像できてしまう。ここまで聴き手に一つのストーリーを想像させてしまう音は少ないと思う。後者は印象的な轟音のギターフレーズがどこまでも耳に残る今作のハイライトといっても過言では無い楽曲だ。トレモロリフはどこまでも美しく幻想的で、ヘビィな音はどこまでも壮大さを表現し、そして何処までも優しい音になっている。



 ヘビィさと美しい福音の融合という点ではベクトルは全く違うがJesuにも通じる部分はあるしAlcestの音はブラックメタルの重厚で壮大な世界観を愛する人間にも、シューゲーザーの緩やかで優しい轟音を愛する人間にも有効な音になっている。Alcestの音楽はどこまでも聴き手を選ばない唯一無二の神秘性を持っている。この世界観の虜になってしまったら二度と抜け出せなくなるであろう。21世紀の音としてここまでカテゴライズが不要な音は本当に少ない、もっと多くの人の耳に届いて欲しい限りだ。揺ぎ無い金字塔。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター