FC2ブログ
■百姓一揆

■IKKI 2/百姓一揆

202001222149322fd.jpeg




静岡県三島市発焦燥衝動型オルタナティブロックバンド百姓一揆。
今作は自主制作デモ音源の3曲に新曲を加えた全4曲の2nd EPとなっている。
フォーマットはCD100枚とカセット100本でのリリースだ。
百姓一揆は1st EP「皮と肉、骨」リリース後にギタリストとしてJamie(And Protector)が加入。今作は4人体制になって初の音源でもあり、デモ音源の楽曲も4人編成で再録となっている。



百姓一揆というバンドは現代の主流となっているSNS映えやパワーワード頼りの作為的偽音楽に対してフラストレーション全開でノーを突きつけるバンドだと勝手に思っている。
歳を取っても、いや歳を取ってしまったからこそこびり付いて消えない絶望や後悔を無作為に爆音に乗せて叫ぶ衝動を鳴らす。
彼らのサウンドはJamieが加わった事によって更に解像度と奥行きが増した。
持ち前の蒼いメロディセンスを最大限に活かすツインギターの掛け合い、更にはファズを全力で踏んだ瞬間のバーストする衝動も倍プッシュで炸裂。
ベーシスト小橋の中尾憲太郎直系のコシの強いルート弾き、ドラマー鶴野のドカドカと叩きつけるドラム。ギターボーカル和田の全開の叫び。
デモ音源の再録曲はどれもポストロック色が強いアプローチを繰り出しているが、そこには気取ったお洒落さは皆無。
クリーントーンの儚いアンサンブルとサビでバーストするカタルシスの対比がより鮮明になっている。

特筆すべきは新曲の「精神焦燥衰弱」だろう。
前作EPのキラーチューン「福沢諭吉」を超える最強の一曲に仕上がったと言える。
今作の中でも特に轟音バースト型のサウンドアプローチを繰り出し、彼らのルーツであるbloodthisty butchers、COWPERS、eastern youthと言ったバンドの音を2020年代へと更新し、その上で現代感皆無な百姓一揆節に仕上げている。
さもわかっているかの様にそれらのバンドの上積みだけをコピーアンドペーストしたバンドはこれまでも腐るほど登場したが、百姓一揆がそれらのバンドの流れにありながら全く別物になっているセンスの高さにも驚く。
それはギターボーカル和田が自らが愛する音楽を血に変え、更に嘆きと怒りをありったけで叫ぶからこそだろう。
メンバー4人のアンサンブルの臨場感は音源でもフレッシュな状態でパッケージされており、その辺りも彼らの大きな武器だ。



初期衝動を音楽にするのがロックであることなんて実際問題とうの昔に誰しもがわかっている筈の事実だ。
しかし現実はそんな衝動を純粋なまま放つだけの力量を持つバンドはほぼ皆無と言って良いかもしれない。
様々な思惑、打算、承認欲求、それらは純粋な衝動を腐らせ、そしてその瞬間だけで消費されてあっという間に賞味期限切れになる商品へと堕ちていく。

百姓一揆は90年代00年代国産オルタナティブロック感という意味では懐かしさを感じる人も多いと思う。
同時に百姓一揆は2020年という作為に満ちたものばかり溢れる時代に生まれたからこそ、年齢を重ねても消えることがなかった衝動を子供の様な純粋さで鳴らす。
だから百姓一揆の音楽は決して腐ることがない。
SNSに切り取られることのなかった日々の裏側の嘆きや後悔だけを百姓一揆は鳴らす。
綱渡りの生活の中で衰弱しても手放せない感情を鳴らしているからこそ、僕は彼らを全力で支持する。




スポンサーサイト



■皮と肉、骨/百姓一揆

20191222025322696.jpeg




年を取っていくと失うものばかりだと思うことが最近増えた。
人生なんて失う事の連続だなんてどっかの偉人か安くて最低で最高なもつ焼き屋でお互いベロベロに酔っ払った時に飲んでる友達が言った言葉かはもう忘れてしまったけど。それは間違いなく事実だ。
思春期に周囲になじめなくて、そんな時に音楽・サブカルチャーは間違いなく救いだった。
だけど歳をとってそれすらもファンタジーでしか無いと気付いてしまう。
当たり前の幸せすら上手く掴めなくて生き辛くて、それでも生きる為になんとか世の中に上手く合わせて生きなければいけなくてすり減ってく。
そんな日々を嘘だと思いたくて、ライヴハウスで爆音を浴びながら酒を飲んだりしてて、その瞬間は確かに幸せだけど、気付いた時には絶望が真後ろで口をでかく空けて自分自身を食い散らかそうとしてる。人生なんてそんな事ばかりだ。



The Restaurantのフロントマン和田侑也を中心に東静岡にて結成された百姓一揆はそんな歳を取って生き辛さが加速する人たちが今一番聴くべきバンドだと僕は個人的に思ってる。
bloodthirsty butchers、eastern youth、COWPERS、NUMBER GIRLといった彼らが影響を受けたバンドで音を語るのは簡単かもしれないけど、彼らの本質はそんな所では無いと思ったりもする。
further platonicからリリースされた百姓一揆の初の正式音源である今作は絶望的なまでに生き辛さばかりを叫ぶ作品だ。
リードトラックである「福沢諭吉」というタイトルの時点でそのバンド名以上のインパクトがあるが、僕たちは紛れもなく福沢諭吉の奴隷であり、奴がいないと生きていけない苦しみの中で日々を生きることを強制されている。



あまりにもザラついた音、分離なんてクソ食らえとばかりに各楽器の音が塊の様に聴き手の胸を殴りつける。
楽曲によってはポストロック的なアプローチもあるが、それでも粗削りなざらつきが一番印象に残る。
メロディはこれでもかと青臭い焦燥感に満ちているが、そこにあるのは郷愁のエモーショナルでは無い。失ってしまった青さや未熟さに対しての鎮魂歌にすら聴こえてしまう。
メンバーがそれぞれキャリアがあって、決して若いバンドでは無いのかもしれないけど、大人になんか解ってたまるものか!って初期衝動が渦巻く。
その初期衝動はソリッドなサウンドにも現れていて、無垢さが粉々にされて破片の様に散らばる美しさと残酷さすらある。
そこには打算なんて何一つない。あるのは「そんなんじゃねえだろ!!」と聴き手や自分自身の喉元に刃を突きつける様なカテゴライズされることを拒んだ衝動だけだ。



3曲入りのEPとコンパクトな作品ではあるが、百姓一揆の持つ本当の青さは十分過ぎるほどに伝わる作品だ。
百姓一揆の音楽は感情に名前やラベルを付けられる事を全力で拒む。だからこそ本当に孤独な音楽なのかもしれない。
でも彼らが心の一番底から叫ぶ衝動に少しでも勝手に共感出来たりするなら、その生き辛さもまだマシになるのかもしれない。その感性はまだ青く純粋なままなのかもしれない。
焦燥と絶望の狭間で綱渡りを強いられ、その先にあるものが見えなくなった時、僕は百姓一揆を聴く。
そこには明確な解答なんて何一つ無いかもしれないけど、だからこそ自分の物差しで答えを見つけたくなる。
信者が気持ちよくなるお言葉を与えて正義の味方(笑)を気取ってるクソみたいなアルファツイッタラーになんて答えを求める必要は何もない。
誰かを啓蒙したくて仕方なくて、ロックスター気取りのクソサブカルバンドのCDなんて叩き割ればいいし、なんなら明日の仕事帰りにディスクユニオンに売り飛ばして、その金で淡麗グリーンラベルを買った方がずっと人生はマシになる。
衆愚主義も集団意識も全部クソ食らえって思い続けて生きていたい。何者にもなれなくても自分だけは肯定してやりたい。
そんな人間の感性を持ってる、牙を隠し持ちながら日々を生きる人に僕は百姓一揆を是非とも聴いて欲しい。
真っ暗闇を目の前にして、それでも道なき道を切り開こうとする人の為のテーマソングを百姓一揆は叫んでいる。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター