■ISIS

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Oceanic/ISIS


オーシャニックオーシャニック
(2010/01/22)
アイシス、ISIS 他

商品詳細を見る




 00年代に幅広く拡散したヘビィロック。その中でもポストメタルというジャンルはISISの手によって確立されたジャンルと言っても過言では無い。02年発表の2ndアルバムである今作はポストメタルというジャンルを確立した大きな意味のある作品であり、前作までNeurosisとGodfleshの流れを受け継ぐ邪炎のハードコアを鳴らしていたISISは一気に覚醒し、幽玄で美しい蒼白の炎の様なヘビィで殺気に満ちながらも、壮大で美しいヘビィロックを確立した。



 第1曲「The Beginning And The End」からいきなり今作はクライマックスを迎える。大地の躍動を感じる重低音の効いたヘビィなリフから、反復し暗闇の中で僅かな光を反射するかの様な静謐なアルペジオが鳴り響き。それでいて神話の様な神々しさを持つ、自然界の神に近付いたかの様な美しさなのだ。前作の様なスラッジサウンドを聴かせる第3曲「False Light」でも、ハードコアの粗暴さを感じさせながらも、より広がりのある深海の様な不穏さを体現しているし、第4曲「Carry」の緊張感に満ちた音の交錯から大津波の様な轟音に雪崩れ込む様など恐怖すら覚えてしまう。
 今作ではドラムのアーロン・ハリスの覚醒具合が凄まじい。寸分の狂いも無いビートを刻みながら、繊細でありタイトなドラムを聴かせてくれている。彼のドラムはISISのサウンドをとんでも無いレベルまで持ち上げていると僕は思う。そして第8曲「From Shinking」のスラッジコアの黒き波動がドラマチックに鳴り響く様と、第9曲「Hym」の美しき崩壊を描く様は間違いなくISISだからこそ描く事が出来る描写だ。



 ISISは今作以降も進化を続け傑作を生み出しているが、今作は間違い無く00年代のヘビィロックの中でも最重要作品だ。偉大なる先人達の意志を受け継ぎながらも、それを進化させたISIS。ポストメタルというジャンルは現在も数多くのバンドを生み出しているが、ISISは今作でその礎を作り上げたのだ。
 音の粒子が見えると言われるISIS。その音は激流であり、大地の躍動でもあり、天からの啓示の様ですらある。
スポンサーサイト

■The Mosquito Control/ISIS


Mosquito ControlMosquito Control
(2001/03/27)
Isis

商品詳細を見る




 世界屈指の轟音ポストメタルバンドであるISISの初期のEP作品が今作である。ここに存在するのはポストメタルバンドとして唯一無二の美しき轟音を鳴らすISISでは無い。スラッジコアを地で行く様な激重ヘビィネスサウンドだ。歪みまくったギターリフの刻み、狂った様に叫ぶアーロン・ターナー、インダストリアルなリズムと初期衝動と殺意が剥き出しのまま暴れ狂っている。



 この頃のISISの音楽性はNeurosisやGodfleshの影響を色濃く感じるが、決して先人達の真似事では無く、徐々に高揚していく楽曲の構成の作り方なんかは後のISISに通じる部分はあったりする。全編通して存在するのはバンドとしての強さとタフさだ。
 ミドルテンポでインダストリアルなビートと、激重激歪のスラッジハンマーをブン回しまくる鬼のリフと今作は極悪なスラッジコアの悪意に満ちている。そして初期サバスを思わせるフレーズが登場したりとアーロン・ターナーの豊富な音楽知識を確かに血肉にした上でのサウンドなのは間違い無いだろう。特に第2曲「LifeUnder The Swatter」の極悪スラッジサウンドを基調にしながらも緩急をつけながらジワジワ四肢を叩き潰すかの拷問サウンドと、第4曲「Swarm Relocation」のノイズで塗り潰された時空を歪ます悪夢の様な音塊は正に圧巻。Godfleshのカバーである第5曲「Streetcleaner」も悪の軍隊の行進の様なリフと、人力でありながら無慈悲で無機質なビートが見事な名カバーとなっているのも見逃せ無い。



 ISISは傑作2nd「Oceanic」にて音の粒子すら感じる神々しいポストメタルサウンドを完成させるが、矢張りISISの核はハードコアであり、今作からはそれを強く感じるのだ。そしてバンドとしての肉体的強靭さはこの頃から存在しており、スラッジサウンドでその肉体を鍛え上げたからこそバンドとしての音の重みが形になっているのだ!ISISのルーツを強く感じる作品でありながら、結成初期でここまで強靭な作品を作り上げている事を考えると恐ろしくなる。
 ISISは紛れも無くハードコアである、そして常に進化し続けた化け物だ。そのISISの解散まで貫き通した信念は、この初期EPの頃から全く変わっていない。

■Panopticon/ISIS


PanopticonPanopticon
(2004/10/19)
Isis

商品詳細を見る




 孤高のポストメタルバンド、ISISの2004年発表の3rdアルバム。前作「Oceanic」にて、音響的なポストメタルのアプローチを見せ付けているが、今作でよりバンドとして洗練されたサウンドへと進化している。スラッジコア・カオティックハードコア・ポストメタルといった言葉を無力にしてしまう程の圧倒的なカタルシスが渦巻く今作、円形刑務所と題された深いテーマを孕んだ音は、全てを揺るがす躍動と美しさのコラージュがこれでもかと施されている。

 第1曲「So Did We」から圧倒的な洪水の様な抗えない轟音の嵐が吹き荒れ、そこから一音一音が説得力と緊張感を持った音へと変化し、地の底のマグマが吹き出そうになる位のエネルギーと、降り注ぐスコールの様な美しさを見事に体現した圧倒的なスケールを持つ音に飲み込まれそうになる。第2曲「Backlit」では逆に音の粒子が光り輝き、静謐な美しさと壮大さをもって鳴らされており、それは轟音サウンドに移行しても変わらず、人間如きが抗えない世界へと連れて行かれそうになる位だ。静謐なパートとバーストするパートの対比も見事でありドラマティックに展開しながらラストで一気にクライマックスを迎える、アーロン・ターナーのシャウトにも胸を焼け焦がされてしまいそうだ。
 第3曲「In Fiction」はポストロック的ISISの真骨頂と言える名曲。ループするフレーズがとんでもない緊張感をもって鳴らされており、天から降り注ぐ光の様である。アーロン・ハリスのドラムが一音一音正確無比であり、ハイハットの振動一つにさえ何かを宿らせてしまっている。
 そして第7曲「Grinning Mouths」で見せる壮大なクライマックスに涙が流れそうになる。オーガニックで優しいラストでこの世界にやっと救いの光が差し込んでくる。

 人間如きが抗えない様な、地球レベルでの壮大な音の洪水。ISISの音を粒子に例える人は多いが、スケールの大きさだけでなく、一つ一つの音の繊細な響きがISISの世界をより浮き彫りにしている様にも思う。全ての空間を支配する圧倒的な音の前に僕はただ呆然と身を任せる事しか出来ない。とんでもない大傑作だ。

■Wavering Radiant/ISIS


ウェイヴァリング・レイディアントウェイヴァリング・レイディアント
(2009/05/05)
アイシス

商品詳細を見る




 惜しまれながらも2010年に解散してしまったISISの実質ラストアルバムになってしまった5枚目のアルバム。
ISISは元々はNEUROSIS等のダークなスラッジコアのエッセンスを前面に押し出しているバンドであったが、徐々にポストメタル・ポストロックのエッセンスを取り入れる様になっていたが、このアルバムでは美しいISISと強いISISが見事に共存している、まさに今までのISISを総括する様な作品に仕上がっている。



 第1曲「Hall Of The Dead」において屈強な刻みのリフと美しいキーボードのフレーズが見事なまでの対比を描き出している。アーロン・ターナーもどこまでも狂ったシャウトと情緒性溢れる歌声を見事に使い分けている。
 またアーロン・ハリスのドラムも大きな成長を見せている。今まではどこまでも正確無比でなをかつ冷徹なビートがハリスの持ち味であったが、このアルバムにおいては更に一音一音がどこまでもダイナミックかつ感情豊かなリズムを作り出している。
 ポストメタル等の文脈で語られることの多かったISISであるが、このアルバムではどこまでも原始的な強さを手に入れた。深遠で壮大な世界観はそのままに、どこまでも聴き手に直接的に訴える強さを。それは第2曲「Ghost Key」のような情緒性を前面に押し出した曲にも現れている。
 ハイライトは間違いなく第6曲「20 Minutes/40 Years」から第7曲「Thereshold Of Transformation」であろう。どこまでも静と動を自由に行き来し、最早オーガニックな世界を見せつけろ第6曲から、今まで鍛え上げてきた世界観をそのままに、雪崩の如く襲い来る変拍子と轟音と必殺のギターリフで攻め立てる第7曲。ここにISISの到達点はあったのかもしれない。



 2010年3月の来日公演は最早言葉では言い表せない程の名演だったし、これだけ素晴らしいアルバムを残したISSIの先の僕は見たかったが、メンバーが全てをやり尽くしたというのも納得が出来てしまう。
 ISISがシーンに残した功績はどこまでも大きく。彼らは凡百のバンドを蹴散らす圧倒的な力を持っていた。これはまさしく先駆者としてどこまでも孤高であり続け、成長し続けたからこそである。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。