■Envy

■Atheist's Cornea/Envy





 やはりEnvyというバンドは凄い!!前作から5年の歳月を経て届けられた今作だけど、これまでのEnvyの集大成とも言える作品を遂にドロップしてくれた。前作「Recitation」はハードコア要素こそあったけど、それはもっとキャッチーだったりポップであったりポストメタル的であったりもしたけど、今作はここ最近のEnvyの音も存在しているけど、それこそ名盤「君の靴と未来」の頃の痛々しい熾烈な音も存在しているし、長いキャリアの中で自らの核を貫きながらも変化を続けてきたEnvyの歴史の集大成がここに存在している。



 今作は「君靴は大好きだけど、ここ最近のポストロック化したEnvyはちょっと…」って人にこそ是非とも聴いて欲しい作品であるし、同時にここ最近のEnvyの音が好きな人にも聴いて欲しい作品だ。確かにここ最近の数枚のアルバムはポストロック・ポストメタル化したサウンドだったし、激烈な音よりも美旋律を壮大に奏でていたとも思うし、そこを絶賛する人もいれば、そこに物足りなさを感じた人も多かっただろう。僕自身はそんなEnvyも凄く大好きなんだけど、でもやっぱりこれぞ激情系ハードコア!!なEnvyの音もやっぱり欲しくなったりもしていた。国内激情系ハードコアでは不動の帝王であり、海外でも絶大なる支持を集めている事は周知ではあるとは思うけど、でもそんなキャリア20年を迎えたEnvyは何もブレていないし、何も揺らいではいない。第1曲「Blue Moonlight」はイントロこそここ最近のEnvyらしいクリーンのギターで始まるけど、瞬く間にこれぞEnvyという激烈すぎるサウンドが炸裂!初期のEnvyの名曲群と並ぶだけの痛みを吐き散らすサウンドと言葉、会心の一撃をいきなり食らわして来るこの一曲だけで目から涙が出そうになる位に嬉しくなったのは僕だけじゃないだろう。第2曲「Ignorant Rain and the End of the World」もそんなEnvy節全開なハードコアが炸裂!フックが効いたソリッドなツインギターのフレーズの攻撃的でありながらも感情を貫く音はキャリアを積み上げて再び原点を見つめ直したからこその貫禄に溢れているし、世界で戦い続けているからこその圧倒的貫禄は流石だ。
 かといって単純にハードコアに回帰するだけじゃないのはやっぱりEnvyらしくもある。第3曲「Shining Finger」はその曲名に「シャイニングガンダムかよ!!」って突っ込みそうになったのは僕だけじゃ無いけど、「Seane」を彷彿とさせるポストロックなEnvyの名曲となっており、美旋律とポエトリーによって進行し、キーボードの音色の暖かさと轟音によって至福の瞬間を生み出し、希望の煌きが広がる神々しさ、ここ最近の路線の楽曲も以前以上に説得力が増しているのもやはり進化だ。第4曲「Ticking Time and String」はsgt.成井嬢がヴァイオリンで参加し、ポストメタルな激烈なサウンドを繰り出しながらも、その壮絶なる激音激情から最後はヴァイオリンの音色に酔う至福に包まれる。第5曲「Footsteps in the Distance」ではキャッチーさとスケール感溢れる叙情的メロディとポジティブなエネルギー溢れるサウンドとtetsu氏のポエトリーは否応無しに「今日を精一杯駆け抜ける君に、鼓動を刻む明日は来る!!」って感じだし、そこから光り溢れるハードコアである第6曲「An Insignificant Poem」へ続くのは何かもうズルいなあってなる。
 そして決定打でありハイライトはライブでもいち早くプレイされていたし「NERO 光」とのタイアップでいち早く公開されていた第7曲「Two Isolated Souls」だろう。一転して再び歪みまくったギターが鳴り響き、すり減らすリフから今作一番の爆発を魅せるカタルシス!!この曲は正にEnvyのハードコアが究極の理想形として完成された証明であり、ポストロック化していないサウンドでありながら、スケールが凄いし、ソリッドでストレートな激情サウンドにメロディセンスとスケール感をぶち込み、Envyにしか生み出せなかった音を繰り出し、中盤でポストロックな静謐なパートを挟みながらも終盤ではその流れを受け継ぎクライマックスへと爆走していく正に「Envyスタイル」としか形容出来ない音に完全にノックアウトされた。そしてエピローグとなる最終曲「Your Heart and My Hand」の陽性のメロディが炸裂し、眩いばかりの光を激しくも優しく描くラストで感動的に締めくくられる。



 全8曲とコンパクトな作品ではあるが、20年に及ぶEnvyのキャリアで培った全てを惜しみなく出し切っている作品だと思うし、どこを切ってもEnvyな作品だと思う。痛烈なハードコアもあれば柔らかな光差し込む楽曲もあり、光と闇と激情から世界を描くEnvyの総決算とも言える逸品だろう。昔のハードコアなEnvyが好きな人も今のポストロックなEnvyが好きな人も納得の完成度だし、大ベテランであるからこそそんな作品を生み出せたのだろう。日本が世界に誇る激情の生きる伝説は現在進行形であるし、今作もそんなEnvyの新たな1ページとして狂い記されていく。



スポンサーサイト

■Recitation/Envy


RecitationRecitation
(2010/09/22)
envy

商品詳細を見る




 激情系ハードコアのその先へ。激情系の礎を作り上げながらも、常にその音を更新させ続けているEnvyの2010年発表の6枚目にあたるアルバム。「Insomniac doze」以降、その音楽性を大きく変え、静謐な美しさすら鳴らす様になったEnvyであるが、今作ではそれを更に突き詰め、それでいてハードコアとしての形を崩すことなく突き進んでいくかの様な作品だ。今作にあるのは溢れんばかりの眩い光に満ち溢れた、美しくも力強い轟音の嵐だ。Envyはまた自らの音を進化させたのだ。



 まずSE的な役割を果たしている第1曲「Guidance」からその美しい物語の幕開けを彩っている。女優の奥貫薫のポエトリーリーディングと美しいアルペジオの旋律の優しい温もりに心がキュッと締め付けられそうになる。そこから静謐で美しいアルペジオから一気にドラマティックに轟音ハードコアへと変貌を遂げる第2曲「Last Hours Of Eternity」で一気に体中が熱くなり、力強い激情の世界へと飛び立つ様は本当に美しいといか言えない。音こそとんでもない音圧で、壮大なスケールを持っているが、ダークさは全く無く、ただ光に手を伸ばすかの様なエモーショナルな世界が展開され序盤から一気にクライマックスへと飛び立つかの様な穢れ無き純度の音が優しく聴き手を包み込んでいくのだ。第3曲「Rain Clouds Running In A Holy Night」の激情ハードコア絵巻でそのドラマティックな世界は美しくヘビィでありながら、止まることの知らない希望と光に満ち溢れた賛美歌の様な音塊へと雪崩込み、Envyが近年追い続けた光と力強さと美しさの激情が最高の形で完成した事を見事に証明している。また今作はハードコアを基調としながらも、その音楽的な広がりも見せ付ける物になっている。ポストロック色の強く、オーガニックさと温もりに溢れた旋律が印象的な第5曲「Light And Solitude」はそのエモーショナルさに満ちた終盤のハードコアパートで一気に音の粒子が爆発するかの様な美しさを感じるし、ここ最近のライブでは必殺の1曲となっている第6曲「Dreams Coming To An End」の疾走感とポジティブなエネルギーは自らを鍛え上げたからこその揺ぎ無い強さを感じさせてくれる。特に素晴らしいと思ったのは第8曲「Worn Heels And The Hands We Hold」だ。恐らく今作で最も力強い希望を感じさせてくれる必殺の激情が暴発するこの曲はハードコアとしてのスタイルを貫いたまま壮大なスケールを持った光と闇が交錯する1曲。長い夜を超え、昇り上がる朝日を見つめているかの様な情景すら浮かんでしまう。「今日を精一杯駆け抜ける君に、鼓動を刻む明日は来る。」なんてフレーズはかつてのEnvyじゃ絶対に言わなかったフレーズだろうし、痛みすら乗り越えた先の世界を鳴らすバンドにEnvyは進化したのだ。第11曲「0 And 1」なんて今作で最も異質なスラッジナンバーなのだが、そこにダークさや殺気は一切存在せず、ただ光を追い求める叫びが力強くヘビィに鳴り響いている。そして第12曲「Your Hand」で再び奥貫薫のポエトリーリーディングによってこの壮大でドラマティックな激情ハードコア物語は終わりを告げる。



 今作には「君の靴と未来」の頃の様な痛みを鳴らす激情ハードコアとしてのEvnyは存在しない。下手したらポップな要素すら感じさせながらも、闇の中から眩いばかりの優しく美しい光を誰よりも強く鳴らすハードコアとしてのEnvyがここには存在しているのだ。レーベルメイトであり後輩格のheaven in her armsが抜け出す事の出来ない痛みと闇をヘビィかつ壮大に鳴らしているのに対して、Envyはシリアスでありながらも、確かな力と叫びを光差す方へ歌うバンドに進化したのだ!シーンを作り上げた先人は進化を止める事は無い。Envyもまた全てを置き去りにし、美しい光を描くハードコアバンドとして、見果てぬ彼方へと走り続けているのだ。



■君の靴と未来/Envy


君の靴と未来 - all the footprints you've ever left and the fear expecting ahead君の靴と未来 - all the footprints you've ever left and the fear expecting ahead
(2001/09/20)
ENVY

商品詳細を見る




 激情系ハードコアの礎を作り上げ、未だにシーンの最前線でその音を進化させ続けているEnvyの01年発表の作品。今作は激情系ハードコアのシーンの中でも屈指の大名盤であり、激情のシーンを一気に決定付けてしまって程の大きな存在意義のある作品だ。漆黒の絶望感と美しい轟音の嵐、ありとあらゆる感情が今作には渦巻いており、それをどこまでもドラマティックに鳴らしているのだ。そしてEnvyが作り出す漆黒の世界の先には僅かな希望と一筋の光が視界に入り込んでくる。



 SEである第1曲「Zero」から第2曲「Farewell To Words」の流れで今作は一気にクライマックスと言って良い位の圧倒的なドラマティックさと激情の嵐が吹き荒れている。ヘビィなリフは止む事無く降り注ぎ、殺意と慈悲深さが入り乱れる感情剥き出しのカオティックハードコア。楽曲の展開もまたその感情を加速させているし、この時点で他の激情バンドに圧倒的な差をつけていると言って良いだろう。第4曲「Left Hand」なんて今作屈指のキラーチューンであるし、ハードコアの暴力性と、激情の精神的世界の螺旋がとてつもないカタルシスを生み出しているのだから!!また今作はただ激情をぶつけるだけでなく、静謐な旋律の美しさを前面に出しながらも、その中で一気に激情のカタルシスに到達していく楽曲も多い。第5曲「A Cradle Of Arguments And Anxiousness」や第9曲「A Cage It Falls Into」はそんな楽曲であるし、ハードコア色を前面に押し出した楽曲でも静謐な展開を見せる楽曲も多く、それがより深みと感情の起伏を体現しているし、Envyはあくまでもハードコアのままその壮大な感情世界の螺旋と坩堝を描いているのだ。特に最終曲である第11曲「Your Shoes And The World To Come」は今作のハイライトであり、Envyが未だに激情のシーンの中で孤高であり続け、誰にも真似出来ない領域にいるかが分かる曲だと思う。不穏なまま進行していく前半から熱量を高めてゆき、そこから今作屈指の激情が咲き乱れる美しい轟音が展開されていく!!どこまでもシリアスに聴き手を追い詰めてゆき、その終わり無き悲しみを徹底的に鳴らす。そしてラストのアコースティックギターの音色がこの世界に光の雨を降らせるかの様な救いを与える様には涙が流れてしまいそうだ。



 Envyは今作以降、より自らの音を進化させる為により静謐に、より感情豊かな音を求めていく様になるが、今作で展開されている音は間違いなく後続の数多くの激情系ハードコアのバンドに大きな影響を与えている。今でこそ大きな市民権を得ようとしている激情のシーンであるが、やはり今作の存在意義はあまりにも大きいし、今作にある痛々しい感情を剥き出しのまま叫ぶ精神と轟音の雨は間違いなくEnvyだからこそ鳴らす事が出来た物だ。



■The eyes of single eared prophet/Envy


The eyes of single eared prophetThe eyes of single eared prophet
(2000/07/18)
envy

商品詳細を見る




 7EPである「最後の証明の瞳」に未発表曲2曲を収録してCD化されたのが今作である。しかしながら単なる企画盤的なEPでは全く無い。僅か5曲の収録曲でありながら、激情系のシーンを作り上げてきたEvnyというバンドが最も激しく、最も痛々しく、最もブチ切れてると言っても過言では無い傑作だ。Envyが生み出した大名盤「君の靴と未来」同様にEnvyを語る上では絶対に外せない作品だと思う。それほどまでにこの作品に収録されている5曲は大きな存在感を持っている。



 第1曲「Echo regenerates」メロディアスでありながらも、ダークな緊張感を持ったハードコアで攻めまくっている。僅か3分にも満たない尺でありながらも、とんでもなく痛々しい感情をドラマティックに鳴らしている。第3曲「Awaken eyes」なんかは静謐なアルペジオから一気に轟音バーストの悲痛な音に変貌を遂げ、終盤で一気に加速していき、悲しみと美しさが交差していく様なんか神秘的ですらある。第4曲「Testimony to the existence」は現在のEnvyにも通じるであろう、光すら見えてくる神々しい1曲だ。1分半の尺であそこまでドラマティックで美しい曲を鳴らす事が出来るのはEnvyが形だけでは無い、本当の意味での激情を奏でているバンドだからだと思う。



 Envy史上最も激情系ハードコアの部分が出ている作品であり、とんでもない濃度で痛々しい悲しみを激情として鳴らした作品でもある。後のEnvyの作品にも通じる箇所も幾つもあり、かなり重要な作品だと僕は思ってる。それ以上に単純にEnvyの激情系ハードコアとしての力の強さを思い知らせるには十分過ぎる作品だ。EPでありながら重要作品、爆音で聴いて感情のまま叫べ!



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター