■THE CREATOR OF

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■LIGHT/THE CREATOR OF


LIGHTLIGHT
(2013/11/27)
THE CREATOR OF

商品詳細を見る




 本当に想像を超える作品が生まれた。日本のヘビィロックを代表するバンドであり、孤高の存在であるTCO、07年に編集盤の「Dust To Dust」のリリースこそあったが、長らく活動を休止していた。しかし09年にライブ活動を再開、メンバーを一新して5人編成で再始動したが、そんなTCOの新たな始まりを象徴する、実に11年振りの3rdアルバムが遂に生まれた。闇から怒りと殺意を放っていたTCOの最新作はまさかの「LIGHT」だ。これまでのTCOの音を確実に覆しながら、2ndである「In Reservoir」の流れも確かに受け継ぎながらも、ヘビィネスからポストロック・ポストメタルを想起させる音になり、しかしそれらのバンド達とは確実に違う、ヘビィロックバンドとしての「ポスト」に対する確かな回答だ。この音は2013年の必然であり、そして進化の精神を核とするTCOの新たな進化であり、確かな始まりの幕開けだ。



 2ndでもその傾向は確かにあったが、今作は大半の楽曲がインストの楽曲になっている。そして5人編成となった事による音の色彩の増幅、その音の緊張感こそ不変でありながらも、光とかそういった言葉を想起させる音や旋律が格段に増えた。ヘビィロックバンドのセオリーを嘲笑いながらも、そのグルーブは正にヘビィロックであり、その中で「先を行く」という点に於いて本当に凄まじいレベルに達した作品である。例えるならmogwaiだとかJesuだとかISISだとか、そういったバンド達の流れにありながら、それの模倣ではない。世界レベルの猛者の音を受け継ぎながら、そのどのバンドとも違う音であるし、そしてそれを完全に自らの物として昇華した作品、それが今作「LIGHT」である。
 今作のタイトルトラックでもあり、今作を象徴する楽曲である第1曲「LIGHT」が先ず本当に素晴らしい出来だ。Kuroi Moriとしても活動し、新生TCOの新たな核でもある古谷氏の幽玄なるピアノの調べから、これまでのTCOのイメージは確実に覆されるだろう。そして静謐で繊細でありながら力強いドラムとベースが生み出すグルーブ、武田氏の柔らかでオーガニックなギターの調べ、ダウンテンポのグルーブと、美しくシリアスな調べが絡み合う様、徐々に熱を帯びていくドラマティックなアンサンブル、そしてディストーションのギターが入り込んだ瞬間の高揚のカタルシス、柔らかでありながらシリアスな緊張感を孕んで進行する音が爆発を起こし、そして新たな始まりの光を生み出す。この1曲だけで、今作があまりにも凄い名盤である事を語っているし、そのドラマティックさは凡百のバンドには逆立ちしても生み出せない物だ。
 「LIGHT」の感動的な始まりからそれに連なる形でインストの楽曲が続く。第2曲「Black Star」は多くの音が浮遊し交錯しながら、クリーンさと歪みの対比が見事で、重苦しいグルーブと、ある種の性急さも感じさせるギターフレーズが美しく花咲き、闇と光の交錯するプリズムの結晶の様だ。第3曲「Resonance」の2ndの「Acoustic」の更なる発展系とも言えるトライヴァルなビートとオーガニックさ、ヘビィロックの真髄を持ちながらも、そこに収まらないで音のみで全てを語り、柔らかでありながらも、貫くサウンドの高揚感は本当に鉄壁の一言。第4曲「Out For Three Days Straight」のデジタルな感触で録音されたドラムと、その無機質さに反してサイケデリックといった要素へと侵食し、揺らぎと揺らぎの断層を生み出す情景、第6曲「Pass Away」の今作で一番メロウでストレートなポストロックサウンドを放ちながら、幽玄の音のシャワーから全ての音が純白の洪水へと変貌していく様、第7曲「Settle」のポストロックの中からオーガニックさを極め、そして聴き手の意識をトランスさせ、電子音とヘビィネスと白銀の旋律が生み出す結晶は個人的にJesuのそれに迫るだけの完成度があると思う。
 それぞれの楽曲の存在感が凄まじいインストの楽曲郡を越えた先にある終盤の2曲は、アプローチを変え、歌物の楽曲になっているけど、その2曲では更にヘビィネスの先という物を生み出している。第8曲「Wind Up」では今作の大きな肝になっているダウンテンポの重苦しいグルーブをより前面に押し出し、のっけから雷鳴の如しディストーションサウンドが展開されているけど、そのサウンドの中にある厳かさ、そして闇が渦巻く序盤から、それを切り裂き新たな光が差し込む瞬間のエモーション、シリアスでありながらも絶望的ではなく、闇の底から微かに差し込む光をこの手で掴む様なポジティブな強さ、終盤では轟音が炸裂しながらも、それが軽やかに羽ばたく瞬間が確かに存在し、その音は非常に神々しい。
 個人的に今作のハイライトであるのは第9曲「You Are」だ。引き摺る歪みを生み出すギターのリフの重さ、それに反して浮遊感溢れるボーカルを聴かせる鈴木氏、武田氏の繊細なアルペジオが入り、リズム隊の音も入り込むと、そのアンサンブルは更に強固になり、そして静謐さから今作屈指の強さを誇るギターリフとビートの応酬はTCOというバンドが新たな扉を開く瞬間であり、グランジから始まり、ヘビィロック・ポストロックも飲み込み、そして進化を遂げたTCOの本質は11年前と何一つ変わっていない事に気付く。高揚感とキャッチーすら感じさせ、鈴木重幸というリフ作りの鬼才の才能が炸裂し、そしてもうこれはTCO自身が完全にポストメタルを独自に解釈し、そしてそれを確かな形にした証明であり、先を行く音でありながら、鈴木氏のルーツであるグランジに帰結する。そして最後は最終曲「Requiem」のアンビエントな音像だ。壮絶かつ美しい今作をミニマルな音の反復と共に、眠る様に終わる。



 今作は本質的な意味で「オルタナティブ」であるし、本質的な意味で「ポスト」な作品だと断言する。その方法論は確かにポストロックにかなり接近しているとは思うけど、それはあくまでもTCOが新たな進化を遂げるための手段であったに過ぎないと僕は勝手に思っているし、形骸だけ模倣したポストロックバンドなんかじゃ、この音は絶対に生み出せないのだ。これまで・現在・これから、その全てを繋ぐ音だし、TCOの核である進化の精神が見事に形になっているのだ。だからこそTCOは11年経っても本質は何も変わらないし、そして全てを置き去りにして先へと突き進んでいる。2013年に今作が生まれたのは必然であるし、そして今作は確実に現在のシーンを揺るがす「In Reservoir」に続く金字塔になる筈だ。進化の精神としてのヘビィロック・ハードコア、TCOの絶対正義が正に実を結び、強靭かつ美しい音の結晶となったのだ。先駆者はやはり自らの手で新たな道を切り開く。2013年の国内ロックの最重要作品の一つだ!!



スポンサーサイト

■Dust To Dust/THE CREATOR OF


Dust to DustDust to Dust
(2007/08/22)
THE CREATOR OF

商品詳細を見る




 今作は本来ならTCOの2ndアルバムとしてリリース予定だった物だったが、発売される事の無かった「Dust To Dust」とライブ音源と未発表スタジオ音源をコンパイルした音源の2枚組の作品である。「In Reservoir」以前に録音され、「In Reservoir」にも収録されている楽曲もあるが、アレンジは全く違う物になっており、ハードコアの殺気が極限まで溢れた音源と言って良いだろう。ギターの音は凶悪その物で、重低音が作り上げる音の渦に飲み込まれそうな凶悪なヘビィロック作品となっている。勿論ただヘビィなだけでなく複雑でプログレッシブな要素も大きく、「Lost Summer Daze」をより進化させたと言える。



 まずdisc1である「Dust To Dust」だが、序盤の第2曲「DRUG LOVIN' BUDDHA」、第3曲「DIE」、第5曲「RESET」の殺気が凄まじい。ゴリゴリのギターリフの破壊力とうねるベースとトライヴァルなビートを生み出すドラムといったTCO印のヘビィロックを展開しながらも、そのストレートな破壊力のプログレッシブさと変拍子を多用し、一筋縄じゃいかない音に一気に打ち抜かれるだろう。「In Reservoir」以上に攻撃性に重きをおいた音作りは、当時のTCOが本当に殺気に満ちた邪悪な音を鳴らしていた事であるし、そこから「In Reservoir」の優しい響きとヘビィさが融合した音に変化したのは非常に面白い。第7曲「Dust To Dust」はよりプログレッシブさに重きをおいた曲であり、この螺旋を描く様な精神世界に引きずり込む渦とヘビィネスは間違いなくTCOの武器だ。即効性に満ちた音なのに、そこに止まらずその音をより複雑かつ深淵な音にし、更なる破壊力へと繋がっているのだ。第8曲「2」の狂気と殺気に満ちた音とストイックに鍛え上げたバンドの音は屈強だし、第9曲「AGAIN」から第10曲「NOTHING AHEAD」の流れは、その先の「In Reservoir」へと繋がる深淵な悲しみに満ちた音だと言える。そしてライブ音源と未発表スタジオ音源が収録されたdisc2は、音源以上に殺気に満ちたハードコアサウンドを展開するライブ盤のヘビィさにやられそうになる。爆音の渦の中でもTCOの音の深みは決して揺らがないし、よりハードコアな音を鳴らしながらも、その先の精神世界へと繋がっているのだ。特に「偽神」はその絶望的感情をより狂気塗れの音に仕上げており、紛れも無く絶望と怒りを鳴らすハードコアとしか言えないアクトだ。未発表スタジオ音源の方であるが、第9曲「eye」のベースラインを強調した音と、静謐さを感じさせるギター。そこから広がっていく轟音と歌。感情に直撃するドープな音が非常にダークでありながら心地良い。第11曲「silver moon」もエモーショナルさが際立った歌と旋律が一気に胸を熱くする。最終曲「nothing ahead remix」もハードコアを解体し、ミニマムでトランス色を感じさせるミックスになっており、電子音の中でハードコアとしての音が時折凶悪な顔を見せトリップさせてくれる仕上がりだ。



 さて今作は言い方は悪いかもしれないけど一度お蔵入りになった作品である。しかしそれを感じさせない位の完成度を持っているし、かなりヘビィな作品だと言えるだろう。しかしそこから「In Reservoir」へと変化した事によってTCOの音はもっと繊細で静謐な音になっていったし、一度ハードな作品を作り上げたからこそ、そのような変化を遂げたのかもしれない。静謐で深淵な精神世界とハードコアが最高の形で結びついた「In Reservoir」、そしてその先にある現在製作中であろう新譜。TCOの行く先はまだ分からないが、進化する事を核にしているこのハードコアサウンドはより化け物みたいな音になっていずれ僕達の目の前に現れるだろう。恐らく今作や「In Reservoir」すら飲み込む化け物として。



■Lost Summer Daze/THE CREATOR OF


LOST SUMMER DAZELOST SUMMER DAZE
(1999/06/19)
THE CREATOR OF

商品詳細を見る




 THE CREATOR OF(以下TCO)は紛れも無くハードコアだ、ヘビィロックだ。しかしその文脈だけで語るのは本当に難しいバンドでもある。99年発表の1stアルバムである今作は、ハードコア・ヘビィロックの即効性と破壊力を思うがままに出していながらも、その枠を自ら破壊し進化する音になっているからだ。90年代~00年代にかけての時代は数多くのヘビィロックバンドが台頭したがTCOはその中でも異質だ。



 例えば第2曲「TAKE A GOOD LOOK AT YOURSELF」や第7曲「HEALTH」は単純に日本人離れしたタフさを全面に出したヘビィでシンプルな格好良さが出ている楽曲であるが、その中にも日本人にしか出せないパラノイアな感覚だったりとか哀愁だったりを全面に出しているのだ。シンプルなパワーコードのリフで作られた楽曲に、ポリリズムを駆使し、トライヴァルなドラムが鳴り、それでいてパンク・ハードコアのシンプルな音の暴力をしっかり持っているのだ。しかしながらヘビィロックとしての強さだけでなく、感情豊かな繊細さを持つのがTCOである。第5曲「TAKE THE STAIRS DOWN TO THE BASEMANT」で見せる静謐であり陰鬱な旋律が鳴り響き、力強くも抜け出せ無い悲しい精神世界の渦であったりとか、第10曲「PACIFIC OCEAN」のバンドとしての世界観の深さと静謐さとドラマチックかつ複雑な展開や構成を見せつける壮大で陰鬱な楽曲にこそTCOの本質がある様にも僕は思ったりする。個人的にハイライトは第9曲「偽神」と第11曲「HI ON」だと思う。「偽神」は日本語詞で絶望とパラノイアの螺旋が作り出すヘビィな精神的坩堝を何の装飾も無い真摯なハードコア・ヘビィロックとして鳴らした破壊力に満ちた楽曲であるし、「HI ON」は15分にも及ぶ壮大なプログレッシブヘビィロック絵巻だ。特に「HI ON」は移り変わる風景を想起させ、精神世界の旅をする感覚に聴き手を陥らせるかの様な名曲だ。プログレッシブさとハードコアの強さが見事に結び付き、終わり無き螺旋を描いている。



 TCOは02年に「IN RESERVOIR」という今作で見せた精神としてのハードコアとヘビィロックをより確固たる物にした傑作を発表するが。今作の様なヘビィロックの破壊力を全面に出した作品でも、TCOの一筋縄ではいかないハードコアサウンドはとんでもなく高い純度で鳴らされている。これは日本人にしか鳴らせない陰鬱でありながらも美しく深遠なハードコアだ。そしてTCOは現状に一切満足などせず、現在も活動を続け、自らの音を確実に進化させている。



■IN RESERVOIR/THE CREATOR OF


IN RESERVOIRIN RESERVOIR
(2002/10/23)
THE CREATOR OF

商品詳細を見る




 日本人離れした肉体的強度にヘビィロック・ハードコア・パンクの粗暴さを持ちながらも、深淵からドロドロとしたダークネスを放出するバンド、それがTHE CREATOR OF(以下TCO)である。そして02年に発表された2ndアルバムである今作は、安易にカテゴライズされない複雑かつ練り込まれた様々な要素がどこまでもボーダーレスに鳴っている。ヘビィロック・ハードコアの強さ、人間なら誰しもが抱える闇の部分を揺さぶる漆黒の精神世界、そしてプログレッシブでありかつ複雑でありながらも、それを何処までもストレートに鳴らしているバンドだ。今作には似た様な曲は全く無い。全12曲が全く違う顔を見せており、当時の日本のヘビィロックのシーンの中でも屈指の音楽性の豊かさを今作で展開している。



 第2曲「Reset」では変拍子を多用しながらもパワーコードのリフの力強さでヘビィロックの強さを叩き付け、第4曲「Accidie」はドープでありながらもプログレッシブに音は咲き乱れている。第5曲「2」は聴き手に絡みつくベースラインとヘビィでありながらメロディアスなギターフレーズが聴き手の耳にまとわりつきながらも、日本人らしい感情豊かな歌をしっかりと聴かせる。この時点でそこらのヘビィロックバンドの先を行き、孤高の音を鳴らしている事が明らかだ。だが今作ではヘビィロックでありながらも、ポストロック・サイケ・アンビエントと多方面の要素を飲み込んだ後半の楽曲が本当に素晴らしい。今となってはISISだったりJESUだったりAlcestだったりと、ヘビィロック・ハードコア側から音響系・シューゲイザー・ポストロック等の音を飲み込み、それを何処までもオリジナルな形で鳴らすバンドが登場してるが。TCOはまだポストロックといった言葉が定着してなかった2002年にそれらの音を喰らい、それを孤高のハードコアサウンドとして鳴らしたのだ。ギターの音色はヘビィではあるが空間的なメロウさを放っているし、リズムがプログレッシブに絡み合うのはTCOならではのアプローチと言えるだろう。特に第8曲「Nothing Ahead」から第11曲「AGAIN」までの流れは圧倒的な情報量と、精神的ヘビィさをメロディアスに鳴らしている。分かりやすい展開など全く無く、絶望的感情を壮大に鳴らす第8曲「Nothing Ahead」、立体的かつ複雑に展開される美しきインストナンバーである第9曲「Acoustic」のプログレッシブさは特筆すべき点だと言える。第10曲「ACID?」の深遠で美しいメロディと、断片的な日本語詞の陰鬱な世界観は、何処までも優しく響く。そしてヘビィさもメロウさも深遠さも全てひっくるめた第11曲「AGAIN」と、本当に素晴らしい流れを作っている。そして最終曲「Narcolepsy」の優しいアンビエントなノイズで今作は幕を閉じる。



 今作でTCOはヘビィロック・ハードコアとしてのボーダーを完全に破壊した。当時の日本でこの様なアプローチをしたバンドは全くいないだろうし、今作はあまりにも早かったアルバムになってしまった。しかし様々なジャンルの音楽が多様化した今だからこそ今作で鳴っている音は確かな説得力と孤高さを持っていると僕は感じる。そしてTCOはマニアックかつヘビィなアプローチをしながらも、最終的にはシンプルなリフの格好良さ、歌心、美しいメロディによる深遠な精神世界を鳴らしている。2010年に活動を再開したTCOだが、今こそより多くの人々にこの音は響き渡るだろう。そしていずれ発表されるであろう新譜では今作以上のアプローチを見せ付けてくれるに違い無い。あまりにも早過ぎた名盤に、時代がやっと追いついたのだ。THE CREATOR OFは何処までも孤高であり続けている、TCOの音は確かな強さを持って響いているのだ。だからこそより多くの人々にTCOの音が届いて欲しいと僕は願う。



プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。