■heaven in her arms

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■被覆する閉塞/heaven in her arms


被覆する閉塞被覆する閉塞
(2009/02/11)
heaven in her arms

商品詳細を見る



 heaven in her armsの2009年に発表されたEP。前作「黒斑の侵食」で見せた激情系ハードコアの攻撃的なサウンドは薄くなり、より情緒性と静謐さが際立つ4曲入りのEPである。しかしそれは攻撃性とダークさをより際立たせる物になっている。長尺の曲が殆どで、この頃からHIHAは大作思考に移行し始めてるといえる。基本的なサウンドは前作の延長にあるが、より音は説得力を持ち、深い世界観を表現出来る様になったのではないだろうか?より美しさを増し、より漆黒へと近づいた見事な傑作である。



 第1曲「縫合不全」からバンドの進化は伺える。深遠なるアンビエントさと美しいポストロック的なフレーズにシリアスなポエトリーリーディングが入っていく。不穏さと悲しさは少しずつ濃度を増し、そしてポエトリーと悲痛な叫びが混ざり合い始め、一気にシンフォニックかつ悲しみに溢れた激情パートに移行しバーストしていく、ドラマティックな名曲だ。
 第2曲「錆びた爪痕」も同様に抜け出す事が困難な深い森に迷い込んでしまったかの様な1曲。少しずつ絶望感で埋め尽くされてく楽曲は悲しみとダークさに比例して激しさを増し、全てを焼き尽くす漆黒の炎の様に燃える。ディストーションのギターとクリーンなアルペジオのフレーズが混ざり合い、悲しみの残響音に乗るのは「眼球をつるせ!」という悲しい叫び。そして再び美しいアルペジオが響くパートから絶望を鳴らす轟音が響き渡る。
 そしてハイライトである第4曲「角膜で月は歪む」はHIHA屈指の大名曲であろう。シンフォニックな美しさを持った激しいギターが響き渡る。のっけからクライマックスな壮大な深遠さと、絶望感と、少しばかりの慈悲深さと、それらの感情が一気に駆け巡っていく。



 そしてHIHAは次回作「幻月」で更に深い怨念と悲しみのマグマを表現する世界へと旅立つ。この作品でHIHAは確固たる世界を確立した。他の何処にも属さない孤高の轟音を鳴らすバンドとして、確かな強さを今作でHIHAは手に入れた。
スポンサーサイト

■黒斑の侵蝕/heaven in her arms


黒斑の侵蝕黒斑の侵蝕
(2008/01/09)
heaven in her arms

商品詳細を見る


 激情系若手ハードコアバンドheaven in her arms(バンド名は恐らくCONVERGEの名曲から取ったと思われる。)がその圧倒的な存在感を見せ付けた1stアルバム。1stアルバムでありながらもHIHAは既に他の追随を許さないバンドである事を見事に証明している。



 第2曲「痣で埋まる」からブラックメタル的なトレモロリフで埋め尽くされ、トリプルギターの轟音と、ブラストビートと、ケント氏の狂気と闇に満ちた言葉で埋め尽くされる。自分の中で蹲る負の感情を一気に加速させてしまいそうだ。破壊に向かう狂気ではなく、内で増幅するタチの悪い狂気が素晴らしい。
 第4曲「鉄線とカナリア」ではポストロック的な静謐で美しいアルペジオが重なり合って、リズム隊も音数は少なめでタイトに、じわじわと広がっていく美しいサウンドが徐々に激しさを増していく様は、一瞬envyの名曲「Awaken Eyes」を思い出したが、envyの様に闇の中から光を求めるのではない、闇の中で闇を求めるかの感覚なのだ。
 頭から狂気値を振り切った激情と、目まぐるしい展開が秀逸な第9曲「明度八の偏愛」、昨今のシューゲージングブラックメタルを彷彿とさせる第11曲「赤い夢」は何処までも優しい奈落への子守唄の様だ。



 既存の激情系ハードコアの枠に囚われず、下手したらポストロック・自殺系ブラックメタル等に通じるサウンドは圧倒的な個性だ。そしてHIHAは2ndアルバム「幻月」で更なるダークサイドに足を踏み入れる事になるが、既存のバンドの物真似バンドが筍の様に登場するシーンの中で、先人たちを圧倒する勢いでシーンを更新していくHIHAの一番最初の名作だ。
 黒と鮮血で染められた、深い闇と病みの世界を是非体感して欲しい。

■幻月/heaven in her arms


幻月幻月
(2010/06/23)
heaven in her arms

商品詳細を見る




 激情系ハードコアの若手最高峰バンドであり、過去の二作品がとてつもない大きな評価を得たheaven in her arms(以下HIHA)の2010年発表の現時点での最新作であり二枚目のアルバム。envyのSONZAI RECORDからのリリース。激情系ハードコアの中にブラックメタル的などこまでも纏わりついてくるダークさをブチ込んだのがHIHAの大きな持ち味であるが、今作においては、激情系の流れから大きく脱出していると伺える。BPMは遅くなり、スラッジコア・ドゥーム的な要素を大きく取り入れている。また、アンビエント・ポストロック的なアプローチも大胆に取り入れており、今までの作品とは大きく変化している。



 この作品は、どこまでも抜け出せない闇をテーマにしている様にも聞えるし、壮大な世界観を一枚のアルバムで組曲の様に表現している。だからこそ、このアルバムは賛否両論大きく分かれてしまう作品でもあるだろう。どうしても、冗長にきこえてしまう部分は少なからずあるし、聴き手も大きなエネルギーを消費してしまう作品でもあるからだ。
 僕はこの作品でのHIHAの変化を素晴らしいと思っているが、それと同時に、HIHAが楽曲で表現しようとしてる世界観をまだまだ表現しきれてなく感じる部分も確かにあるし、この作品は脱皮までの過程を表した蛹の様な作品でもある様にも思う。だからこそ僕はこの作品を評価したいが、この先のアプローチが気になって仕方ないのである。この世界観をもっと大きな強さと力で表現出来るようになったらHIHAはどこまでも孤高のバンドになれるという期待を持ってしまう。



 第2曲「臨界の追憶」は、激情系のエッセンスをそのままにスラッジコアの毒素もブチ込んだ良曲であると思うし、第6曲「ハルシオン」と第7曲「螺旋形而蝶」は今までの世界観を持ちつつも更に説得力を持った曲であるし。ラストの第8曲「真理」はバイオリンを取り入れた、静かで真っ暗な深海を漂うようなスロウコアだ。この意欲作を、僕はこれからのHIHAへの期待を込めて評価したい。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。