FC2ブログ
■Unearthly Trance

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Season Of Seance, Science Of Silence/Unearthly Trance


Season of Seance ScienceSeason of Seance Science
(2003/10/21)
Unearthly Trance

商品詳細を見る




 2000年代に入り様々な形でドゥームメタルは広がりを見せたが、Unearthly Tranceの03年発表の1stである今作は00年代のドゥームメタルを代表する作品だ。プロデューサーはSUNN O)))のStephen O'Malleyを迎えている。
 今作はドゥームメタルの空間の揺らぎと音圧の凄まじさを見事に体現しとおり、原始的な音の暴力が基盤になっているが、その中で広がりのあるアプローチもしており、バンドの暴力的音圧の凄まじさと引き出しの多さを見事に見せている。



 作品全体を通して音数は極端に少ない。しかしながら、音割れ上等な殺人的音圧のギターとベースの残響音が歪な揺らぎを作り出し、隙間だらけの音でありながら、空間に静寂は全く無い。例えばElectric Wizardは音と音の間に黒い煙の様な酩酊感を撒き散らしているが、このバンドは音と音の間にあるのはもっと荒涼とした、何もかもが焼き尽くされた後の風景を眺めているかの様な無慈悲な世界なのだ。第2曲「Mass of the Phoenix」ではその世界がより表れている。
 だが第3曲「When Anti-Humanity Flourishes」では隙間を少なく音数多めに楽曲が作られていて、そこにブルータルさと、EWに近い物を感じる麻薬的な危険さを全面に出し、そこに少しばかりの物悲しさをスパイスにしていてバンドの引き出しの多さもアピールしている。
 だが作品全体にあるのはやはり乾ききった音の殺人的な音圧なのだ。全てを無に還してしまうかの様な残酷なギターリフの音と、終末を告げる鐘の音の様なドラムと、ひたすら残響音ばかりを撒き散らしまくるベースの煙たさがこのバンドの無慈悲さを体現している。



 Unearthly Tranceは後の作品でより音楽性の幅を広げるが、やはりドゥームメタルとしての純度の高い狂気は今作が一番強くでている。EW以降に拡散したドゥームメタル、数々の素晴らしい後続バンドが登場しているが、原始的な暴力性と無慈悲な残酷さはやはり今作が抜きん出ていると思う。無に還った後に鳴り響いているのは何処までも乾ききった無慈悲さだ。しかしその音はあまりに悲しく胸に突きささる。
スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック ハードコア シューゲイザー グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク ポストブラックメタル インタビュー デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。