■THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■IE/THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT

IE.jpg



 共同生活、アンチドラッグ、左翼思想、完全なるDIYな活動形式。SWIPEのメンバーだった根本兄弟と魚頭圭に森暁夫を加えた4人組であるゼアイズはハードコアバンドとして完全理想主義を掲げたバンドだ。国内激情系のカリスマとして君臨した彼等の00年発表の唯一のアルバムである今作は沸点なんざとうにオーバーした激情に満ちている。二本のギターが生み出す不協和音と変則的リズムを基調にしながら決して長尺にはせずに、その瞬間のカタルシスを鳴らすバンドとしてゼアイズは最強であった事の証明とも言える作品であり、国内激情の最重要音源の一つだ。



 先ず魚頭氏の不協和音のディストーションギターをメインにした作曲形式による混沌なレベルが半端じゃない。あくまでもハードコアの範疇の音を鳴らしながらも、静と動を使い分け、静謐なパートでも不穏のアルペジオが不安を煽り、動のパートでは全てを焼き尽くす歪んだ音色のギターが燃え盛る。名刺代わりにしてはとんでもない破壊力を持つ第1曲「SURU」だけでもゼアイズの音楽性は十分に伝わる筈だ。根本兄は歌詞等解読不能のハイトーンボーカルをかまし、個人的妄想と制御不能の狂気をぶつけてくる。楽曲構成やキメも緻密に構成し、性急さを持ちながらも普遍的なビート等皆無なドラムなんかもその混沌を加速させている。当時の国外エモ・ポストハードコア・激情のシーンと完全にリンクしていながら、和の魂をブチ込みゼアイズにしか鳴らせないハードコアを体現している。第2曲「This Flavor」はゼアイズの中でもエモーショナルさと感傷的旋律と歌心を感じさせてくれる楽曲だが、楽曲その物はキャッチーなコード進行等皆無、不協和音の組み合わせと根本兄の歌のみでここまでグッと心に入り込む感情と温もりも感じさせてくれる所もこいつらの恐ろしい所だ。リフの輪郭の崩壊した歪みまくった轟音と不協和音のアルペジオの対比も、巧みな構成の美学のゼアイズの大きな魅力であり、1stの頃のkularaと共振する部分も感じさせてくれるけど、ゼアイズはもっと素直な音でもあるのだ。ハードコアとしか言えないバンドサウンドの中で出来る事をやり尽くし、それを超濃密な激情と殺し合いの様な各楽器のアンサンブルによって純度をMAXにしたからこそ生まれた音であるのだ。鉄槌の様なリフとダウナーとアッパーが入り乱れる曲構成が脳髄をズタズタにした挙句、終盤でドラマティックなメロウさも見え隠れする第5曲「Parallel」、Slintの独自解釈とも言える第6曲「MOERO」、どの楽曲も濃密だ。そして第7曲「Ichiban-Shita」でタッピング多用のギターフレーズと這いずる音と今作で最もブチ壊れた根本兄の激情が言葉通りカオティックハードコアとしか言えない音塊をぶつける。終盤でブレイクダウンしディスコードの不穏さで終わっていく。



 数多くの猛者を生み出した90年代末期~00年代初頭の国内激情のシーン。その中でもゼアイズは誰よりもピュアな音を鳴らしている。その独自の活動形態も注目される事が多かったらしいが、やはり不協和音と無慈悲なディストーションサウンドに乗る激情のカタルシスこそゼアイズの武器であったし、暴発型個人感情表現楽団という名前に全く偽りは無いのだ。オルタナティブであるという事。ゼアイズはそれに対して誰よりも真摯だったし、それはゼアイズ解散後のZにも音楽性は変われど精神的な面で受け継がれている。魂を震わすネガティブもポジティブも喰らった末のハードコア、ゼアイズは最強の激情バンドだったのだ。また今作は現在ディスコグラフィー盤としてリリースされている「SHOUTou」に全曲収録されている。
スポンサーサイト

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。