■Russian Circles

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Empros/Russian Circles


EmprosEmpros
(2011/10/25)
Russian Circles

商品詳細を見る




 シカゴのポストメタルの雄ことRussian Circlesの2011年発表の4th。今までの3枚のアルバムはそれぞれのカラーを持った名盤であったが、今作で今まで培って来た物を最大限に生かす作品となった。ハードコアの強度も、ポストロック的知性も、美しい旋律も、ダークなカラーも、今までに無い位にそれらの要素を盛り込みそこからヘビィでタイトな音を放出したのが今作だ。目まぐるしい展開の中でヘビィな轟音と抒情性溢れる旋律と肉体の神経を刺激する躍動感を物にした作品だ。



 今作では今までに無い位に美しい旋律が際立っている印象を先ず受ける。ドラマティックかつ抒情性溢れる旋律によってRussian Circlesの中でも屈指のキャッチーさを感じさせてくれる楽曲が並ぶ。このバンドは安易に暴発パートにはならず、クライマックス寸前の絶妙な緊張感を維持する構成が売りであるが、今作は今までに無い位に暴発した音が目立つ。しかしそれは静謐さから轟音へと移行するといった作風では無く、ダイナミックなバンドのアンサンブルがより際立ち、それに加え旋律のドラマ性の相乗効果による物だ。第1曲「309」はいきなりクライマックスと言わんばかりに重厚な轟音のアンサンブルが降り注いでいる。しかしそのクライマックスの爆発からその熱量をじわじわ維持したり落としたり、また上げていったりという構成はやはりRussian Circlesならではだ。空間的な音に反し、激重のベースラインのヘビィさとダイナミックといった要素もバンドの変化を強く感じる。特にバンドの大きな成長を感じたのは第2曲「Mladek」だ。反復するアルペジオとダイナミックなリズムセクションからダークさを感じさせる旋律とヘビィさの際立つパートへ移行し、そこから焦らす様なアレペジオとビートの反復、徐々に熱量を上げては落としてを繰り返し、焦らしに焦らすRussian Circles節も炸裂する。今までのRussian Circlesの音を総括する様な名曲に仕上がった。今作は楽曲のバリエーションも本当に豊富で、第3曲「Schiphol」の静謐さを感じさせながらスラッジな音が無慈悲に振り落とされるパートからその闇を引き裂きカオティックな轟音で突き抜けて行くカタルシス、第4曲「Atackla」のポストロック色の強いギターフレーズの反復とは対照的に今作の大きなキモになっているダイナミックなリズム隊の躍動感が生み出すバンドとしての馬力と終盤の三位一体のヘビィネス、第5曲「Batu」の静けさの中から美しい轟音の旋律の抒情性。本当にそれぞれの楽曲のアプローチは今までに無く幅広くなった。だからこそRussian Circlesのバンドとしての核がより強くなり、自らの強靭なアンサンブルがより鉄壁になった今作は彼らがネクストレベルへ進化し、ポストメタル勢の中でも独自の音と方法論を完全に確立した事の証明でもある。



 ポストメタル勢でも異質の存在であったRussian Circlesであるが、今までの自らの音を消化し、バンドとしてのダイナミックさと旋律の美しさとキャッチーさ、独自の構成と展開の方法論を格段に向上させた今作は紛れも無い傑作である。そして何よりも彼らの中のハードコアの血肉を今作ではより強く感じる事が出来たのも大きい。2011年のポストメタルシーンの重要作品であるのは間違いない。彼等にしか出来ないポストメタルは先人達すら喰い殺す勢いだ。
スポンサーサイト

■Enter/Russian Circles


EnterEnter
(2006/05/16)
Russian Circles

商品詳細を見る




 美しい音の濁流とハードコアの強靭さ。Russian Circlesはハードコアからその先の音を鳴らすバンドだ。06年発表の1stである今作はハードコアとしての肉体の強靭さを持ちながら、そこを起点にし、目まぐるしい爆音の洪水を轟かせた作品だ。カオティックハードコアであり、ドラマティックな激情を鳴らす美しきポストメタル。それが今作だ。まるで青黒い炎の様な音と息をつかせぬ展開と構成が生み出すのは途方もないドラマちしか言えない。



 のっけからポストロック・カオティックハードコアをプログレッシブに交錯させた第1曲「carpe」にやられてしまった。静謐な美しさと粗暴な混沌が目まぐるしく入れ替わり、それが一つのストーリーとして確かな形で成立しているのがこいつらの凄い所だ。ヘビィネス的なリフをガンガン楽曲に盛り込みながらも、その音は肉体性だけでなく精神へと訴える物があるし、静と動を見事なセンスで組み合わせているのだ。
 しかし第3曲「death rides a horse」では一気に壮絶なカオティックハードコアへと変貌する。ピロピロしたギターフレーズは脳髄を興奮へと導きながらも、もう片方のリフで轟音のポストメタルを鳴らし、ハードコアとポストロックの理想的なバランスでの配合を見せ付ける。しかしその熱量は暴発しそうでしないギリギリのバランスで保たれていて、その爆発寸前の緊張感こそこのバンドの大きな魅力である。より静謐な音が交錯する第4曲「enter」でも、今作で最もドラマティックかつ複雑に音が絡み合う第5曲「you already did」でも暴発寸前の緊張感は徹底して鳴らされているし、その緊張感こそがこのバンドがハードコアの先に到達する為に手に入れた武器なんだと思える。だから分からやすいヘビィネスなリフが登場しても、静謐なアルペジオが性急さを以って鳴らされていても、その熱量は保たれるし、それこそがこのバンドのドラマ性と激情だ。



 透明さを持ちながらも蒼い炎を燃やし続けるヘビィネス。これがこのバンドが作り上げているハードコアの先の音であるし、こいつらにしか生み出せない感触なんだと思える。ストイックに響くこの音は後の傑作「Station」でより確かな形で描かれているが、この1stのハードコア成分を強く持ちながらも、終わりなく燃える炎は間違いなくこのバンドの核である。

■Station/Russian Circles


StationStation
(2008/05/06)
Russian Circles

商品詳細を見る




 Toolの前座を務めた経験もあるシカゴ出身のポストメタルバンドであるRussian Circlesの08年発表の2ndアルバム。ポストメタルというジャンルはISISの登場によって拡散し、様々な素晴らしいバンドを輩出しているジャンルであるが彼等の音は異様である。決して分かりやすい暴発パートがある訳では無く、しかし絶妙な熱量を持ちながらジワジワと緊迫感の波が迫り来る感覚。揺らぐ炎をじっと眺め続けるかの様な緊迫感をタイトに彼等は鳴らしているのだ。



 前半3曲はダークなヘビィさと静謐さでじっくりと聴き手を絞め殺す楽曲が並ぶ。第1曲「Campaign」は反復するギターフレーズとポリリズムの渦から暴発寸前の緊迫感をずっと鳴らし続けたまま終わり無き無限回廊へと滑り落ちるかの様な楽曲でいきなり汗がジトジト落ちるかの様な感覚に陥らせるし、第3曲「Station」はヘビィな楽曲ではあるが、徹底的に同じ熱量を保ったままなぶり殺す楽曲だ。彼等ならではの揺さぶりのグルーヴは聴き手に安堵など与えたりはしない。
 そしてmonoの様な静謐な美しさと壮大さを持つ第4曲「Verses」の深遠かつドラマチックなプリズムの音の世界に身を任せた後に待つ今作のハイライトである第5曲「Youngblood」だ。今作で最も分かりやすいヘビィネスさを持つ楽曲でありながら、美しき激情が一気に燃え上がる様を見せつけているのだ。前半のプログレッシブな刻みのリフが印象的なヘビィなパートから後半の四次元的立体感を持つサウンドが火種を撒き散らし焼き尽くしていくパートへの移行とドラマチックな展開は圧倒的なカタルシスを生み出しているのだ!



 全6曲の完成度とアプローチの広さは本当に素晴らしいの一言に尽きる。全く展開の読めない構成の作り方と表現の広さ、ヘビィネスの粗暴さを持ちながら、緻密な楽器の音は生命と細胞の躍動を体現しているかの様だ。
 意表を付く展開や持ち球の多さも魅力的だが、それ以上にそれらのアプローチがバンドとして確かな核をしっかりと守りながら拡散しているのが凄い。ただ単にポストロックとヘビィネスを掛け算しただけではこんな音にはならない!
 ここに存在するのは異形の生命と大地の終わり無き躍動だ。ポストメタル史の中でも屈指の作品だ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。