■さかな

■水/さかな


水
(2009/01/05)
SAKANA

商品詳細を見る




 アコースティックな音楽性で80年代から現在も活動しているさかなの90年発表の3rd。2ndである「マッチを擦る」の続編となる作品でありエンジニアにJAGATARAのエマーソン北村を迎えている。殆どの曲が3分未満の小品的な楽曲が並び、必要最小限のアコースティックサウンドに空間的なサウンドコラージュが施されており、緩やかなポコペンのボーカルが詩的な言葉を紡ぎ、その歌世界は非常に幻惑的である。



 今作はアコースティックギターとパーカッションと音のコラージュとポコペンの歌という本当に最小限のアコースティックな形式の作品であり、音という音を徹底的に削ぎ落としている。今にも止まりそうな緩やかなスピードで楽曲は奏でられ、シンプルでありながらも夢遊病の様な幻想的な歌の世界へと聴き手を導く。第1曲「コカ」の歌と音の湿度が印象的であるし、第2曲「ピアニア」では少し不規則なシンバルの反復とミニマムなギターフレーズが織り成す不穏さと、さかなの水のベールで包み込む様な感覚の音が時に聴き手に一抹の恐怖感も与えてくる。第3曲「あの人」のポコペンの平熱の中での悲壮感の歌唱を前面に押し出し、ポコペンのボーカリストとしてのポテンシャルを感じる。彼女の歌は決して派手な感情を表に出さないボーカリストであるが、その平熱の悟りと諦念の入り乱れる淡々とした歌はさかなの音により明確な世界を与えてくる。その浮遊感は癒しとかそう言った類の物では無く静かな狂気と瘴気がもたらす微かな毒素だ。その中でも第6曲はテンポも速めのパーカッションが今作の中でも異質であるが、それでも反復する音と細切れの歌が性急さに反し気だるさを残す。代表曲である第7曲「レインコート」が今作で最もオーソドックスな構成の楽曲だが、ギターの音色と歌の隙間すら聴かせる楽曲の引力に感服する。基本的にスタイルはオーソドックスなアコースティックである筈なのにどの密度を空白ばかりにし、スタンダードな形の楽曲を少しだけ分解し再構築したかの様な感覚をどうしても覚えてしまう。それこそが今作の幻惑と浮遊感の核になっているのかもしれない。第10曲「目」の拍の概念を放棄したスカスカの混沌から第11曲「ぬれた床」のワンコードの反復と無機質なボーカルのみが消え入る様に終わり。完全に取り残されたまま正体不明の幻惑の歌世界の旅路は終わる。



 今作は音自体は本当にシンプルなアコースティック作品なのに正体不明の靄に頭が包まれたまま作品は独自のタイム感で進行する。サウンドコラージュも非常に効果的な役割を果たしているが、ポコペンの無気力かつ悟りきった歌と鳴らすコード自体はスタンダードでありながら、そのフレーズが分断されたアコギの音のみでここまで摩訶不思議な世界を描いている。催眠術にかかったかの様な感覚を今作を聴くと味わう事になるだろう。透明な純度を持った甘い麻薬の様な作品、引き擦り込まれたらもう抜け出せなくなる。
スポンサーサイト

■夏/さかな


夏
(2009/01/05)
SAKANA

商品詳細を見る




 アコースティックバンドであるさかなの91年発表の4thアルバム。エマーソン北村をプロデューサーに迎え、必要最低限の音しか存在しないアコースティックなサウンドと、豊かで味わいあるサウンドでありながらも、どこか悟っているかの様なドライな感覚も共存している。各曲の尺も短くシンプルな構成をもった楽曲ばかりであるが、それが余計に軽やかな風の様でいて、だけどどこか尖った今作の魅力をより浮き彫りにしている。



 殆どの楽曲がドラムとギターと歌のみで構成されており、音数も少なく、音と音の空白をも聴かせる様な仕上がりだ。ポコペンのブルージーな歌唱を前面に押し出し各楽器は分かりやすい主張はしないが、ひんやりとした緊張感を絶え間なく作り続けている。アコースティックギターのコード進行はお洒落で爽やかさすら感じるが、時折織り交ぜられる不協和音や、どこか儚さを感じる旋律ががただのBGMとして聴かれる事を拒絶し、空間を絶え間なく支配しているのだ。特に林山人のパーカッシブなドラムが今作の軽やかな緊張感を作り出す大きな要因になっているのは間違いない。独特のタイム感を持ち、乾ききっっていながらもどこか有機的なシンプルなドラムがあるからこそ出せる空気だと思うのだ。
 シンプルな言葉が断片的に紡がれるポコペンの歌も今作の世界観を確かな物にしている。楽曲の尺も短いのもあってか、シンプルな構成と、音数の少ない楽器、それに平熱のままでいるポコペンの声が、淡々と上映されてゆく数々のショートムービーの様な風景を聴き手に想起させるのだ。



 今作は夏の昼下がりに聴きたくなる様な清涼感と透明感に満ちた作品でありながら、空間をひんやりと支配する空気や緊張感を極限までシンプルな形で鳴らされている。シンプルでアコースティックな歌物作品は数多く存在するが、ここまで余計な感情の存在しない作品は少ない。今作は俳句の様にシンプルで数少ない音と言葉が紡ぐ短編小説集の様な作品であり、冷たい一筋の風が頬を撫でる様な冷たさを持っている。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター