■Syrup16g

■Kranke/Syrup16g

Kranke



 奇跡の生還ライブから再結成、そして昨年のアルバムリリースとシロップは完全に表舞台に帰ってきたけど、意外と間を空けないであっさりとリリースされた5曲入EPである今作。昨年リリースされた「Hurt」では荒さが結構出ていたし、一先ずはシロップ復活記念作品でありながらも、新たなシロップの始まりを告げる作品となったが、今作は非常に優しい歌物の楽曲が並び、五十嵐がソングライターとしてまだまだ枯れてなんかいないって強く確信させてくれる傑作になっている。



 と書いてはみたけど、今作を先ず一周聴いてみて抱いた感想は言い方が悪いけど「地味」の一言だった。いやシロップ自体が元々優れたメロディセンスを持つバンドでありながら、アレンジ等が非常に地味だったりするバンドだし、それは今作もそうなんだけど、一言で言えば解散前の作品達にあった毒素だったり切迫感だったり絶望感がほぼ無くなっている。今作で歌われている事は言ってしまえば諦めの悪さと、思春期的な拗らせた感情とこれ以上に無い位にシロップではあるけど、本当に優しいのだ。シロップはその完膚無きまでの虚無感と絶望感を甘いコードに乗せて突き刺すバンドではあったけど、今作は言ってしまえば救いの作品であり、シロップの奥底にあった諦めの悪さという感情を曲にした物ばかり。そして個人的な空想の域を脱してはいないけど、今作を聴いて思ったのは五十嵐はバンド名の意味の一つであった「ぬるいままで好きな音楽を好きなだけやろう」というスタンスになっているんだと思う。楽曲はここ最近の流行りの音の要素なんて勿論無いし、五十嵐のルーツである80年代UKロックだったりとかの影響がやっぱり強い。でもそれで良いんだと思う。今のシロップのモードは完全に気ままに好きな音だけ奏でたいってモードであるがこそ、今作は純粋な作品であり、そして聴き込む程にゆるやかに浸透していく。結局は根底としては何も変わっていないって安心感があるし、「Hurt」と違って肩の力が抜けているからこそ五十嵐の伝家の宝刀である甘く美しいメロディセンスが見事に光っている。
 今作のリードトラックである第1曲「冷たい掌」も転調こそあったりはするけど、コードワークはシンプル極まりないし、切なさ溢れるラブソングになっている。北田氏のベースラインのセンスはやっぱり天才的であったり、大樹ちゃんのドラムは荒々しく猛る訳では無いにしても、シンプルであるからこそ強くもある。何よりも五十嵐の歌が本当に優しい。今作の中では異質でロック的で刺々しいギターワークが光る第2曲「vampire's store」もそんな優しさがあるし、攻撃的なサウンドではあるけど、禍々しくは無いし、自然体のシロップのロックだ。
 「オーオーアアエー」なんてボーカルで思わず笑みが溢れてしまったインタールードである第3曲「songline」を挟んでの後半の2曲は特に素晴らしい。第4曲「Thank you」なんてタイトルがもうらしく無いんだけど、歌詞も曲も完全にシロップ。やっぱり地味だなーって思いつつも、風通しの良い疾走感だったりは再結成後のシロップの中で大きなファクターなんじゃないかなって思ったりもする。爽やかではあるけど、でもちょっとだけドロっとしていたりって言うのが、シロップの諦めの悪さそのままなんだ。そして第5曲「To be honor」はシロップの解散前と再結成後という区切りを作った上で、完全に再結成後を象徴する屈指の名曲になっているだろう。諦めを言葉で羅列していると思わせといて、でも先にゆっくりと歩いていくという意思を歌っている様にも思えたし、解散前の楽曲で言えば「イマジン」とかに近いサウンドでありながらも、ドロドロはしていないし、五十嵐の歌はやっぱ不安定でもありつつ、でも話しかけるようでもある。気が付けばこの曲が頭の中でずっとリフレインしているし、壮大でも無いしダークでも無いけど、これが再結成後のシロップの新たなるスタンダードなんだと思う。



 何となくだけど、今作は五十嵐が再結成以降のシロップを新たに作っている段階の作品であると感じたし、解散前とは色々と状況も違うからこそ、現在進行形でのシロップを新たに構築している最中だと思うのだ。だからこそその再構築が完了した時にシロップはまた凄まじい作品を生み出すと思うし、どうしても解散前のシロップが神格化されてしまっているからこそ、色々と思うことがある人は多いのかもしれないけど、でも今作の楽曲たちは間違いなくシロップ以外には作れない曲ばかりだし、静かにゆるやかに、でも確実にシロップは歩み続けている。だからこそ地味ではあるが、不変的な名曲ばかりの作品だ。



スポンサーサイト

■Hurt/Syrup16g


HurtHurt
(2014/08/27)
syrup16g

商品詳細を見る




 2013年の五月に五十嵐隆生還ライブと言う名の実質Syrup16gの再結成ライブ。そしてその一年後の2014年の6月にに正式に再結成がアナウンスされ、そして突如としてアナウンスされた再結成後の完全なる最新作。この作品をどれだけの人が心待ちにしていて、どれだけの人が本当にリリースされるかビクビクしていただろうか。今作は2014年リリースの実に6年半振りのシロップの最新作であり、シロップが一度解散してからポストシロップなんて売り文句で色々なバンドが登場したりしたけど、その穴は誰も埋められなくて、日々の絶望や怠惰や諦めや嘆きや、それでも希望とか少しばかりの意地や愛とか、どこまでも人間臭い事を歌い続け、それは鬱ロックなんてゴミみてえな括りに括られたりもしたけど、五十嵐隆という天才であり、ゴミクズなギターロック界の冨樫みてえな立ち位置にいた天才メロディメイカーの最新作だ。先ずはこのアルバムがリリースされただけで、中学生の頃からずっとこのバンドを追いかけ続けた僕としては本当に心から嬉しい。



 ここからは本当に個人的感情ばかり入り混じってまともな紹介にはならないんだろうけど、今作で感じた事は本当に沢山ある。五十嵐隆という男は本当に素晴らしいソングライターである事、同時に五十嵐・中畑・北田の鉄壁の三人によるシロップというバンドはまだまだ未完成であるという事。これまで数多くリリースされたシロップの作品はどれも余計な装飾の無い、剥き出しの作品ばかりであったけど、どれもがとんでもない完成度の作品ばかりであった。解散前にリリースされた「Syrup16g」という作品の延長線上にある作品であるけど、今作を何度も聴いて感じたのは、シロップというバンドはまだ未完成であるし、何も完全じゃ無かったという事だ。正直に言ってしまうと今作はシロップのリリースしたこれまでの作品の中でそれぞれの楽曲の完成度のバラつきが出ている作品でもあるし、それはシロップと言うバンドが劣化したと感じる人も多いのかもしれない。でも僕個人としては、完成度自体はやっぱりどの曲も高いし、ただ新たに再結成してバンドを新たな地平に持っていくまでの試行錯誤と探り探りな感じがどうしても出ている。これは再結成後の完全で完璧な作品では無くて、
再結成から新たな一歩を踏み出す為の「経過」としての作品なのだろう。今作は解散前の延長にありながら、同時に五十嵐が再び原点に戻った作品でもある。そりゃ洗練なんて全く無い。
 ソリッドなギターリフとやたらとオリエンタルなギターフレーズの反復と、ニューウェイブ的なビートの構築理論、これまで以上に目立ち、テクニカルさを発揮し、よりメロディを司るベース、これまでのシロップらしさがありながらも、これまでにないシロップを感じさせる第1曲「Share the light」はよりダイナミックになった音の連続に驚くし、五十嵐が何も日和って難解ねえ事を証明する見事なまでにシロップらしい復帰宣言の一曲だろう。ギターロックの甘さとソリッドさを音と言葉に詰めて、相変わらずなどうしようもねえ感じも健在。第2曲「イカれた HOLIDAYS」はこれ以上に無い位にメロディメイカー五十嵐の才能が発揮された名曲で、諦めややるせなさを相変わらず歌っているどうしようもなさ、シンプルな構成と音、そして余計な装飾の無さ。ああ、これこそがシロップであるし、こんなシンプルなのに誰も真似出来ない事をこのバンドはやっていたんだなって改めて実感させられた。メロディアスでありながら動きまくるベースワークと、コーラス基調のギターワークでありながら、よりバンドとしての生々しさを手にし、同時にThe Cureモロな音がまたどうしようもなく愛おしくなる第3曲「Stop brain」、メロディアスな疾走感とソリッドな音とシンプルなコード進行による第4曲「ゆびきりをしたのは」。ここまでどの曲も良いけど、どの曲も解散前のシロップを越えたかと言われるとそれはNOだし、言うならば良くも悪くも解散前と変わっていない。よりプリミティブなバンドサウンドとしての生々しさを手にしているという点や、これまでに無かったアプローチも若干あったりもするけど、どうしようもなく危ういまんまだ。
 中盤のダウナーさとメロディアスさの融和した「(You will) never dance tonight」、こちらも80年代のニューウェイブ感を出している「哀しき Shoegaze」、ダンサブルなビートをとギターワークを機軸にしたダンサブルな「メビウスゲート」。ここらへんの曲は五十嵐のルーツにかなり接近した楽曲ばかりだけど、これまでのシロップの楽曲たちに迫る完成度があるかというと、それはNOだし、五十嵐自身が自らのルーツを再認識してまたシロップに昇華する為の楽曲なのかもしれない。だけど今作のリードトラックになっている第8曲「生きているよりマシさ」はこれ以上に無いシロップらしいネガティブさで突き落としながら、同時に無垢な愛を歌っていたりするし、余計なアプローチが無いからこそ、この曲のシンプルな輝きと、五十嵐の言葉の数々はどうしようもなく嵌るし、「死んでる方がマシさ」なんて一見諦めで全てを突き落としている様にも思える言葉だけど、でも結局は諦める事なんて出来ないちっぽけな意地やプライド、このもどかしくてクズな感じ、ネガティブな癖に、でもまだ希望捨てられねえ感じ、この感覚をシロップの他に表現できたバンドはいないし、「君といれたのが嬉しい」なんて言葉が素直に出てきてしまうのがもうずるい。そして驚くべきは終盤の2曲だ。「宇宙遊泳」なんて甘いメロディが疾走感と共に、彼方へと連れ去るロマンティックな曲だし、シロップのドロドロしたあの音では無くて、まるでSportsの様な浮遊感と疾走感と甘さと躍動感が未知へと導く名曲で、見事にシロップらしくないのに、なんでシロップにしか出せない音なんだろうか。そして最終曲「旅立ちの歌」なんて本当にらしくない。こんなやけぱっちだけど結局前向きな事を歌っちゃう五十嵐はらしくない!!なのに、本当にらしいからムカつく。五十嵐なんてウダウダしててバンド解散させて、新しくバンド組んだけど直ぐに解散して、結局中畑と北田いないと何も出来ないクズ野郎の癖にって思ったし、でもそんなゴミクズ野郎だからこの曲歌えるんだし、開き直りじゃなくて、やっと決めた覚悟を歌っているし、だからこそこの曲を聴いて俺はシロップは本当に戻って来たと確信した。



 このアルバムはこれまでシロップを聴いていた人からしたら、それぞれの想いがあるし、絶賛する人もいればdisる人もいるだろうし、僕を含めた元々シロップ好きだった人間の今作に対する感想なんて、シロップ知らない人からしたら本当にアテになんてならないから耳を貸す必要なんて無いけど、でもなんで五十嵐隆とかいうゴミクズニートの癖にメンヘラのカリスマになっちまって、武道館ライブまでやってしまったんだっていう男が率いるSyrup16gというバンドが、他に代えのいないバンドなのかは、今作を聴けば分かるだろう。結局絶望にも希望にも振り切れないゴミクズっぷり、その癖シンプルなアプローチをすればする程に際立つ天才的メロディーセンス、聴き手を突き放しもしないし、抱きしめもしない所。ああ、これこそがシロップなんだって思う。今作は始まりの作品だ。だからこそ歪だし、全曲名曲とは言えないけど、でも最高にシロップらしいシロップにしか生み出せなかった作品だ。結局僕にとってシロップは一生好きなバンドなんだと思う。



■coup d'Etat/Syrup16g


coup d'Etat【reissue】coup d'Etat【reissue】
(2010/10/27)
syrup16g

商品詳細を見る




 気が付いたら00年代の日本のギターロックを代表する存在と言える様になってしまったシロップの02年発表の2ndにしてメジャーデビュー作品である今作は、シロップで最も尖った殺傷力と甘さが濃縮された非常に中毒性の高い作品である、諦めが一周回って開き直りの希望みたいになっている歌の世界と、ディレイとコーラスを多用した音作りと、シャープな轟音が作品に充満しており、本当の聴き手の無視してしまいたい感情との対峙を促すような、ダークさだけに逃げる事じゃなく、諦めの向こう側から聴き手に刃を突き付ける様な、陶酔の果てにあるドロドロとした醜い感情を暴いていく、そんな作品だと思う。



 ぶっちゃけるとシロップの歌詞に関しては色々な所で語り尽くされているので僕の方からは何も言う事は無いに等しいと思うのだけど、シロップはそのダークな歌詞が表層ばかり取り立たされている印象が僕の中でどうしてもあるのだ。シロップの核になっているのはその歌詞ではなく、初期U2直系の甘さとエッジの調和が見事に取れたサウンドであると僕は思っているし、今作はシロップの作品の中で最もそのエッジの部分が鋭い作品であるし、そのサウンドに乗るからこそ五十嵐の言葉の鋭さも増すのだと僕は思っている。甘く中毒性のある旋律と、エッジの利いたギターサウンド。これが存在するだけでロックとしての攻撃力は十分だし、その音が作品の中で見事に統一されているのだ。特に第7曲「天才」と第12曲「空をなくす」はシロップの切れ味の鋭さが前面に出た必殺の楽曲だと思う。
 そのエッジの利いた楽曲郡に混ざって静謐でメロウな甘さを持つ楽曲も収録されている。第5曲「遊体離脱」なんかはシンプルなコード進行でありながら精神世界の後悔と諦めに満ちた内に向かう陰鬱さを持つロックの名曲であるし、第10曲「ハピネス」のアコースティックなサウンドが生み出すモノクロの風景なんかもシロップも持ち味であるし、今作はそれらの楽曲が本当に魅力的な甘さを持っているのだ。そして最終曲である第13曲「汚れたいだけ」のボリュームペダルを駆使した浮遊する音と、儚い轟音と懺悔の様に紡がれる言葉。荒涼として空っぽな虚無感に満ちた楽曲なのに、血液の流れと僅かな光を感じさせてくれる名曲であるし、僕はシロップの一つの到達点と言っても良い楽曲だと勝手に思っている。



 シロップは決して安易な絶望を歌ってるバンドなんかじゃないし、聴き手をそれに陶酔させるだけのバンドなんかじゃないと僕は思う。今作に収録されている楽曲の鋭さと甘さは確かに中毒性があるが、それに言葉が乗った瞬間に聴き手に生きることと死ぬことを同時に突き付け、それらの感情を一気に暴いていくのだ。今作は外側に向かう殺意に満ちたサウンドと、内側に向かう自問自答と諦めと開き直りが同時に存在し、それらがシロップをロックバンドとしてより魅力的にしているのだ。
 最近、安易に鬱や絶望を歌うバンドが増えた気がするけど、殆どのバンドが独りよがりな構ってちゃんバンドであるし、そのインスタントな絶望ばかり求め、ダークサイドをファッションとしてしか捉えてない甘ったれたリスナーが凄く増えたなと勝手に思っているし、シロップもそうゆう聴き方をかなりされているバンドだとも思う。でも都合悪い事も目を覆いたくなることも含めて暴いていくのがロックであるし、シロップはそのサウンドの説得力と、開き直りながらもただ精一杯人間臭い感情を鳴らしたバンドだ。今作で鳴っている音は楽曲自体のクオリティこそは高いが全然洗練されてないし、アレンジも派手ではない、でもシロップは解散まで洗練される事は無かった。だからこそ僕は未だに今作を再生する。
 シロップは決してロックバンドである事からは逃げなかった。だからこそ今作は初期U2の様な美しさを持っているのだ。

■HELL-SEE/Syrup16g


HELL-SEE【reissue】HELL-SEE【reissue】
(2010/10/27)
syrup16g

商品詳細を見る




 甘いメロディと、陰鬱でありながらも生きる渇望や絶望を鳴らしたロックバンドであるSyrup16g。そのシロップの03年発表の4thアルバム。全体的に音質は悪く、殆どの曲がAメロ→サビといった余計な装飾を剥いだ構成になっておりアレンジは全く派手じゃない。歪みのかかったギターの音は登場するが全てが同じ温度で録音され、不穏な甘さと乾いた感触が特徴的な作品になっていると言える。



 全15曲にあるのは乾ききった独白の様なダウナーさであり、それが逆に生々しい感情を生み出している作品だといえる。ギターの音色は基本的にコーラスとディレイを多用し、楽曲を構成するコードなんて2つとかザラな骨だけの楽曲たち。しかし装飾が無いからこその裸の美しさをシロップは確かに慣らしている。第3曲「HELL-SEE」なんてアルバムのタイトルを飾っている楽曲なのに虚無感に満ちたダウナーな楽曲であるし、第5曲「ローラーメット」はThe Policeへのオマージュであるイントロとやたら陽性の旋律を持った楽曲の癖に皮肉に満ちているし、ソングライターである五十嵐のある種のやっつけ具合が妙に生々しかったりするのも今作の特徴だ。
 だが第2曲「不眠症」や第8曲「月になって」の本当にシンプルな構成とコード進行でありながらも、裸の美しさと、甘く物悲しい旋律が前面に出ている楽曲の中毒性は本当に異常であり、優しくも残酷な音の世界はシロップならではだと僕は思っている。
 ハイライトは今作屈指の重さを持つ第10曲「正常」と第11曲「もったいない」だと思う。2曲とも本当に全てを削いだ美しき旋律を持ちながら、精神世界で蹲っている様な虚無感を見事に鳴らした楽曲であり、絶望すら肯定するシロップの特色が出ている楽曲だ。しかし、その終わり無き陰鬱な世界の独白の果てにある開き直りの様な希望を僕は個人的に感じたりもする。シロップの様に陰鬱な歌詞を売りにするバンドはシロップの登場以降アホみたいに出てきているけど、シロップにはそれらのバンドが逆立ちしても出せない生々しい血液の匂いや、生きる事に対する絶望も肯定も全てが混ざり合っているかの様な音を鳴らしているのだ。特に「もったいない」は奈落の底に沈んだままでいる事をある意味優しく肯定してくれるかの様な残酷さがある。そして最終曲である第15曲「パレード」のエンディングは奈落を越えた先の、日々を生きることをただ肯定する優しさを確かに鳴らしているのだから。



 全曲に渡り、初期U2やThe Policeの様な甘く中毒性のある旋律が楽曲を構成し、単純に五十嵐のソングライターとしてのセンスを強く感じる作品だと言える。全然派手な作品じゃ無いのだけれど、血管を静かに流れていく血液の感覚だったり、頭の中で静かにパラノっていく感覚を鳴らした作品だ。この様な作品が日本のリスナーに大きく受け入れられた事の意味は大きい。
 僕はシロップを「鬱ロック」なんてふざけた呼び方をしたくない。シロップはどんなに陰鬱であっても、開き直っていたとしても、確かな「生」を鳴らすバンドだと思っている。そして今作の様にシロップの核が曝け出された作品を聴くとなおさらそれを感じるのだ。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター