■bloodthirsty butchers

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■youth(青春)/bloodthirsty butchers


youth(青春)youth(青春)
(2013/11/14)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る




 本当に皆、このバンドの背中を追いかけ続けていたんだと思う。今年の5月にフロントマンである吉村秀樹が逝去、本当に伝説の存在になってしまった日本のオルタナティブロック・エモを語る上で絶対に外せない伝説であったブッチャーズ。吉村氏の死はブッチャーズと共に青春を送った僕にとっても本当に大きな衝撃と悲しみがあったし、僕は実際に未だに吉村秀樹と言うジャイアンが死んだのを全然実感出来ていない。そして届けられた吉村氏が亡くなる直前に完成したのが今作だ。吉村秀樹と言う男が最後に残した最高のアルバム。ブッチャーズは本当に永遠の存在であり、俺達のブッチャーズであり続ける。今作を聴いて僕はそう思った。



 アルバムタイトルは「youth(青春)」25年以上も活動を続けたバンドが還った場所であり、きっと僕達の中ではもう失ってしまったかもしれない瞬間。だが今作に存在する音は間違いなく青春の時間のそれであり、そして吉村秀樹が苦悩を重ねた末に見つけた答えだったのだと思う。今を生き続ける、その瞬間こそが青春だと。
 力強い小松氏のドラムから始まる第1曲「レクイエム」から本当に這ってでも生きる意志が漲っている。田渕ひさ子が加入し4人になってからの編成での最高傑作であった前作「無題 NO ALBUM」と方向性こそは大きく変わらないかもしれない。しかし本当にその旋律は瑞々しい青を生み出し、爆音バーストのサウンドではなく、クリアで透明度に満ちた2本のギターが紡ぐメロディと力強いドラムと、射守矢氏ならではの、うねりながらメロディの核を司るベースライン。それらが確かに手を取り合い、そして新たな光を本当に真直ぐポジティブに描く。それはブッチャーズというバンドが何度も苦しみを重ねながら血を吐きながら、それでも歩みを進めたからこそだし、その説得力は本当に凄い。第2曲「コリないメンメン」なんて歌詞からもう絶望の先を力強く歩むアンサンブル、決して鋭利に突き刺しながらも、本当に優しく無く吉村氏特有のファズギター、力強く叫ぶ「イエー!!」、決して凡百のバンドには生み出せない鉄壁であり、繊細で複雑なアンサンブルで描かれる心に入り込む優しい旋律。本当に堪らない。もうこれぞブッチャーズな疾走感と蠢くディストーションギターから始まる第3曲「デストロイヤー」の渋さとポップネス。今作はこれまで以上に作品全体の風通しの良さがあるし、ベテランバンドとは思えない瑞々しい青さを、数多くの死線をくぐり抜けたバンドでしか生み出せないアンサンブルと、一つの絶望すら越えた先のがむしゃらさ、新たなる衝動。それを楽曲と歌詞で出し切っているのだ。第4曲「ディストーション」も第5曲「サイダー」もそんなサウンドが溢れているし、胸を焦がすセンチメンタルさ、本当に前を向き続けるサウンド。多くの人が引用しまくっていると思うけど、生前に吉村氏が残した「次のアルバムはね俺の最高傑作な音像なのよ、つまり説明つかないの、早く早く人の気づく間より早く早く、情熱。まだまだアルヨハードコア!」という言葉通り、ハードコアパンクから始まったブッチャーズが多くの変化と進化を遂げて歩んだ道は、全くブレてなんかいないし、今作にあるのは間違いなく吉村氏のハードコアな衝動だ。それを攻撃的なサウンドでも、分かりやすい爆音のバーストでも無く、広大なる大河の流れであり、照りつける太陽の様でもあり、静かに吹き抜ける風の様でもあり、そしてこの身を燃やすエモーショナルさ。本当にそれが純度1000%で存在している。
 アルバムの後半になると、その郷愁は更に天井知らずになり、もう帰れない場所への想いを歌う、ミドルテンポで緩やかでありながら切なく進行し、中盤のギターが本当に身を切る切なさで溢れる第7曲「Goth」、再び躍動を見せるアンサンブルと共に、吉村氏とひさ子の歌が胸を抉りまくり、2本のギターが泣きに泣きまくる、これぞ4人になってからのブッチャーズの真骨頂と言える第8曲「ハレルヤ」、そして新たな始まりを告げる第9曲「youth パラレルなユニゾン」で僕の涙腺は本当に崩壊してしまった。そして最終曲「アンニュイ」は冒頭ではインプロ的で複雑なアンサンブルを見せながらも、最後は結局ブッチャーズへと還っていく。そしてそれがまた第1曲「レクイエム」へと繋がっていく気が僕はするんだ。本当に終わりすら越えた先にある始まりの作品だと思う。



 今作を聴いて、本当に吉村秀樹の決して枯れる事の無い衝動が溢れに溢れていて、吉村秀樹は本当にこの世の人で無くなった事が益々信じられなくなってしまった。確かに俺達のジャイアンはもうこの世の人間じゃねえし、あの世に逝ってしまったんだと思う。でも、でもそれでも、俺の中では吉村秀樹は死んでなんかいなくて、この浮世だろうと、涅槃だろうと、吉村は絶対に爆音でギターを弾きながら歌っているんだ。こんな事を思ってしまった。これまでのブッチャーズの作品達がどれも聴く人にとって「俺達のブッチャーズ」であったのと同じで、今作も聴く人の数だけの「俺達のブッチャーズ」、そして「青春」が確かに存在するのだと思う。僕は心からこの作品に出会えて良かったと思う。俺はずっとbloodthirsty butchersというバンドを聴き続けていくだろう。この音がある限り、俺の魂はずっと生きていける気すらするんだ。



スポンサーサイト
タグ : 日本 エモ

■NO ALBUM 無題/bloodthirsty butchers


NO ALBUM 無題NO ALBUM 無題
(2010/03/10)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る




 孤高のまま突き進んでいくジャパニーズエモのカリスマであるブッチャーズの2010年発表の目下最新作。03年に田渕ひさ子が加入して4ピースになったブッチャーズはついに一つの形になり、決して揺らぐことの無い不動のカルテットとしてのブッチャーズがついに完成したと言っても間違いないであろう。現在進行形で自らの音と感情を進化させ続けるブッチャーズにしか鳴らせない音。それのみが存在する大傑作だ。



 今作の楽曲は王道のブッチャーズそのものな楽曲ばかりが並ぶ。大河の流れの様に揺ぎ無い優しい旋律と歌に満ちた楽曲の数々は確かな強さを持っている。尖った感覚は決してないし、ブッチャーズらしい爆音はどうしようもない優しさと旋律が鳴り響き、本当にただ単純に心に刺さる旋律と感情を嘘偽り無く鳴らした純粋な感情としてのロックがここに存在しているのだ!第1曲「フランジングサン」の感情を揺さぶるアルペジオが鳴り響いた瞬間に心がじわじわと燃え上がる様な感覚に襲われてしまう。透明度の高い楽曲は一歩一歩歩みを進めるような強さを確かに感じるし、間違いなくブッチャーズそのものの音だ。第2曲「散文とブルース」も滴り落ちる汗の感覚すら生々しく感じる透明度と確かな感情と優しい旋律が一気に胸を締め付ける名曲だ。第7曲「ノイズ」の伸びやかな音と哀愁を皮切りに今作は一気に感情の高まりを高めていく。特に第9曲「ocean」からその音は一気に加速していく。冒頭のストロークの一音目が鳴った瞬間に世界が一気に優しい青に染まり、透明度の高いアルペジオは一気に豊かな色彩感覚と景色と匂いが五感を刺激していく。この楽曲はブッチャーズの大傑作「kocorono」に収録されている「7月」に匹敵する感情の洪水が存在するのだ!しかも「七月」で鳴らされていたのは立ち尽くしたままの悲しみであったが、ここにあるのは少しずつ不器用でみっともなくても歩き続ける確かな強さだ!この瞬間にブッチャーズはカルテットとして完全な音を手に入れたと言っても間違いが無い。揺ぎ無き強さと進化だ!そして第10曲「curve」の美しさで心が涙を流してしまう。どうしようもない位に美しいのだ!



 ブッチャーズには「kocorono」という自ら作り上げてしまった大傑作が十字架の様に存在していた部分が少なからずある。しかし今作でブッチャーズはその十字架を完全に壊し、新たな次元にある透明で純粋な強さを持つバンドに完全な形で進化を遂げた。ここまで優しい音に満ちた作品は存在しないとすら思ってしまう位だ。ひさ子が加入してから試行錯誤を繰り返していたブッチャーズであったが結局行き着いたのは真っ直ぐに自らの音を鳴らすというスタンスであったし、だからこそ最強のブッチャーズが新たに幕開けたのだ!この壮大で力強い音が存在する限り、僕はブッチャーズを追いかけ続けるだろう。そんな2010年の大傑作だ!!



タグ : 日本 エモ

■kocorono/bloodthirsty butchers


kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)
(2010/03/10)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る




 間違いなく日本のエモーショナルロックを語る上では絶対に外す事の出来ない歴史的名盤であるし、間違い無く多くの人々の心のマスターピースになった作品といえる今作。ブッチャーズというバンドは孤高のバンドであり、代わりなんて絶対に存在しないバンドであるのは僕が今更言う事では無いのは分かってはいるんだけれど、だが96年に発表された今作の作品全体に漂うあまりにも悲しい空気であったり感情であったりはブッチャーズにしか鳴らすことの出来ない物だ。1月~12月までの物語、全曲完全なる名曲であると同時に全曲洗練なんか全然されていない、本当に僅かな感情ですらギターの一音の振動から伝わってくる作品。こんな作品はこれから先の日本のロックで生まれない可能性すら感じてしまう。それだけの作品だ。



 第1曲「2月/february 親愛なるアレックスさんへ」からいきなりkocoronoの景色を一気に想起させてしまうかの様な楽曲で今作は幕を開ける。爆音ではあるが決して吉村氏は叫ばないで淡々と歌うし、その代わりにブッチャーズの3人が鳴らすそれぞれの音が感情のままに叫び歌う。BIG MUFFの轟音ですらとんでもなく悲しいし、泣いてる様にすら聞こえてしまう、もうこの時点で魂が揺さぶられるのだ!!第3曲「3月/march 青空」の性急な疾走感を持ちながらも、ただ立ち尽くし視界に映る景色を歌う様な楽曲も、第3曲「4月/april 大人になんか解ってたまるものか!」のどうしようも無い葛藤を抱えたまま歩き続ける悲しみであったりとか、否応なしに聴き手に何かを突き刺す様な感情が今作を支配している。決して分かりやすい爆音バーストなんか全然無いのだけれども、一つの大きな波として確かに存在する感情をブッチャーズは表現しているのだ。クリーントーンの不器用でメロウな旋律であったりとか、歌う様なベースラインであったりとか、確かな激情を鳴らすドラムが、全てが何の打算も無しに鳴っている!この純度の高い音がkocoronoの核であると言えるだろう。そして第6曲「7月/july 心」は間違いなく日本、いや世界のエモーショナルロック屈指の大名曲である。日本人にしか鳴らせない繊細な感情の機微を体現し、うなだれる様な夏の暑さと風景を安易に想起させ、身を切り裂く様な悲しみを淡々と歌う吉村氏の声、アルペジオを弾き物語を紡ぐベースライン。全てが完全だ。中盤からBIG MUFFを炸裂させ一気に悲しみは大きな波になり終盤は楽器の音のみでとんでもない音圧の轟音を繰り出し、止めることの出来ない涙の様な音を響かせる。全感情の壁を破壊し、心が剥き出しになっていく感覚すら覚える曲だ。それ以降は躍動感とソリッドさが際立つ楽曲が続く。今作の核にもなっている第8曲「8月/august」の躍動感溢れる楽曲とそれに反する物語を紡いでいく様であったりとか、第9曲「10月/october 黄昏」や第11曲「12月/december トウキョウ」のソリッドに攻めていく轟音の塊であったりと、後半は全く違う顔を見せる。しかしソリッドさを前面に出しても今作の核は全くブレてなんかいない。kocoronoは一貫してkocoronoでしかないのだ。そして2010年の再発盤に収録されたkocoronoの最後の1ピースが第12曲「1月/January」だ。それがまた今作屈指の名曲であるのだ。鐘の音の様なギターのストロークで幕を開け、爆音の波の中で全てが暴発していく様はあまりにも悲しく、身を切られる様な思いになってしまうが、自然と第1曲に繋がっている様な楽曲であるし、12曲全てが揃った事によってkocoronoで描かれる四季や感情は繰り返す物だと僕は思い知らされてしまった。



 恐らく今作は多くの人々の心と人生にとんでもない衝撃を与えた作品だ。しかしブッチャーズは誰かの為に歌うバンドではない。今作で何かを感じたら、それは聴き手の数だけあるし、人々の無数の感情を揺さぶり、無数の感情とシンクロする様な作品なのだ。kocoronoを聴いて感じた物は全て正解であるし、結局kocoronoは聴き手の数だけ無数に存在する作品なのだ。「俺とkocorono」が「俺達のkocorono」になったのはそれらの理由があるからだと僕は勝手ながらに思っている。kocoronoは完全であり不完全だと僕が思うのは、今作は間違いなく吉村秀樹という男の感情を偽りなく鳴らした作品であるし、どこまでも純度1000%の人間としての音が鳴っているからだ。完全なんてものは無くても良い、kocoronoは不器用でも人生を歩む人々の確かな支えになっているのだから。だから今作をまだ聴いて無い人は今すぐにでも今作を聴いて欲しい。感受性が少しでも呼吸していたら、今作から絶対に何かを感じる事が出来る筈だ!!



タグ : 日本 エモ

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。