■2016年07月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Less Than TV presents another channel #52(2016年7月16日)@秋葉原CLUB GOODMAN

 秋葉原の名門ライブハウスであるグッドマンの20周年を祝すイベントの一環で開催された日本が誇る国宝レーベルLess Than TVのイベント。今回は先日復活を果たした山形のハードコアバンドShiftの7年振りの都内ライブ!!
 かつてLess Than TVからリリースされた名盤3wayスプリット「MORE HUGE TINY」にShiftと共に参加した柏のDeepslauterと小岩のTialaに加え、YOLZ IN THE SKYとニーハオ!とmilkcowという強力ラインナップ。転換はLess Than TV主宰者であり、U.G. MANをはじめ数多くのバンドに参加した歴戦の猛者である谷口順氏のアコースティックソロFUCKERと磐石のラインナップとなった。
 個人的な話にはなってしまうが、8年前の20歳の頃はレスザンのイベントに数多く足を運んでいて、Shiftをはじめとする今回のイベントの出演バンドはその当時何回もライブを観させて頂いた。8年の歳月を経た今、僕自身はどこか20歳の頃のワクワクとドキドキと共にグッドマンへと足を運んだ。



・Tiala

 スタート前からFUCKER谷口氏の弾き語りならぬ弾き叫びによる人間賛歌フォークパンクで既に湧き上がっているフロア。そして谷口氏の「Tiala!!!!!」という叫びから小岩のハードコア番長Tialaのライブがスタート。
 「MORE HUGE TINY」に収録されている「less talk more xxxx」からキックオフし、柿沼氏は早々にフロアへと降りて叫び倒す。Tialaは変則的ハードコアではあるが、フロアの空気さえTialaに染めてしまえば完全勝利なバンドだ。
 ダーティヒーローの風格を撒き散らしながらフロアを闊歩する柿沼氏、何度もモッシャーに飛び込み、気づいたら床に大量のフライヤーまで散乱している始末。今日という日が単なるお祭りで終わらない事を象徴しているかの様な光景である。
 セットは新旧のTialaの名曲を網羅したセットで盟友Shiftの復活を祝う物となっていたが、かつての楽曲も現在のTialaのキレまくりでグルーヴィーな演奏でよりパワーアップされており、小岩のハードコアヒーローの意地を見せつけるライブとなった。



・milkcow

 ツル氏の「 LET'S GRIND!!!」という高らかな宣誓から始まった出禁上等のイベント荒らしグラインドmilkcow。この日は全体的にツル氏は大人しくしているかなと思いながらライブを観ていたけど、気づいたらサーフされながら二階ののPA席まで運ばれていたり、フロアの客にどこからか登場したキャビを運ばせていたりとやっぱりやりたい放題。
 ブラストビートに合わせてフロアと一体になりながら手を振るいつものアレも飛び出したり、脚立やタムに座り込んだりと、いつものmilkcowだけど、普通じゃ無い事が普通になってしまっているのがmilkcowの凄さであり、このバンドが最強のパーティバンドとして賛辞を浴びる確かな理由だ。
 グラインドコアとか云々を抜きにして、徹底的にフロアを楽しませるエンターテイメントとしてのハードコアがmilkcowであり、最後の最後にツル氏がお家芸の火吹きをブチかました時のテンションは最高潮。反則技すらスタンダードにしてしまうのは無敵だ。



・ニーハオ!

 お久しぶりにライブを拝見するニーハオ!は4人編成となっており、ギターとベースと、他の二人でタムとスネアとハイハットを叩くという超変則スタイルのバンドに変貌。
 そんな変態的編成でありながら、楽曲は超キャッチー&超キュート。YUKARIさんのハイトーンボイスのボーカルと共にフレーズの複雑な繰り返しが生み出す快楽が最早一種のダンスミュージックとして機能している。
 途中でmilkcowツル氏も飛び入りしたりなんかもして自由なカオスが生み出され、最後は楽器すらもフロアの客に弾かせたり叩かせたりとドンチャン騒ぎに、自分もフロアに運ばれたタムを叩かせて貰ったりしたが、最後の最後はYUKARIさんがサーフされて大盛り上がりで終了。自由翻弄でありながらガッツリ掴んでいくライブであった。



・DEEPSLAUTER

 このバンドが登場したら誰もが無敵のパーティピーポー!!柏シティハードコアの一角DEEPSLAUTER!!!!!
 ShiftもTialaもそうだけど、「MORE HUGE TINY」に参加した活動拠点もサウンドスタイルも全然違う3バンドに共通しているのは強烈なオリジナリティと強靭な瞬発力。特にDEEPSLAUTERに瞬発力で勝てるバンドは他に存在しないと断言出来る。
 ショートカットチューンにこれでもかとフックとキラーフレーズを盛り込み、その音をトップギアでブッ放す。無尽蔵のエネルギーを躊躇せずに出し切るからこそDEEPSLAUTERはライブバンドとして長年に渡り名を馳せている。
 ツル氏の「おめぇよウソ付いてんじゃねえぞ?」の振りから始まった「ウソ」も大盛り上がりを見せ(この日はmilkcow以外でもツルさんは大活躍でした)、終始激烈なままで全てを貫くハードコアの真髄を発揮していた。DEEPSLAUTERには嘘偽りのないピュアネスがある。だからこそ毎回全力で格好良いライブをするんだろう。



・YOLZ IN THE SKY

 かつては何度もライブを観ていたが、本当に久々にライブを観るヨルズ。僕が知らない間に二人組となっており、ギター&ラップトップとボーカルによる編成へと変わっていた。
 バンドサウンドで変態的ジャンクロックを密造していた頃しか知らなかった僕だけど、現在のヨルズを観てまたド肝を抜かれた。ラップトップにより超ミニマルなビートとクラウトロックなどの実験的サウンドに接近したギター、以前とは変わらないのはゆらゆら踊りながら吐き出すハイトーンのボーカル位だろうか。
 徹底してミニマルに拘り、最小限のフレーズとビートのみをループさせるサウンド。しかし単なる垂れ流しにならずに緊張感を保ったまま緩やかに踊る独自のダンス理論。踊れなさそうで踊れるシュールさ、何よりも徹底して温度を感じさせない無機質なサウンドと掴み所が全くないままライブが続いた。
 観る側の時間感覚を捻じ曲げながら、自らの世界へと吸い寄せるヨルズのライブは以前とはまた違う形にはなっていたが、更なる変態バンドになっていた。僕個人としては、今のサウンドで再びバンド編成に戻ったらより無敵のバンドになる気がする。



・Shift

 トリは待ちに待った復活を果たしたShift。かつて何度もライブを観ていたバンドだけに今回の復活は本当に嬉しく思っていたが、再始動を果たしたShiftを観て感じたのは、このバンドが活動休止する前から何も変わらずに帰ってきてくれた喜びだ。
 Shiftというジャンクで切れ味しかない音と言葉を放つハードコアバンドはかつてライブでも狂騒感のみで突き抜けるバンドではあったが、当時から何一つ衰えを感じさせないライブを展開し、「本当に活動休止していたの?」と真面目に思ってしまう程度に復活したShiftには何一つ淀みも迷いも見当たらなかった。
 個人的に大好きな一曲である「新世界」が飛び出してくれたのも嬉しかったが、それぞれの楽曲がこれまでとアレンジが少し変わっていたりしたのも過去の焼き直しではなく、現在進行形のバンドとしてこれからも歩んでいくという覚悟の現れだったのかもしれない。
 最後はShiftのかつてからのキラーチューンである「I Was Robot」で締め括られた。アンコールこそは無かったが、怒りと衝動をそのままにShiftは帰ってくてくれた!!今後の新曲や展開などにも期待しているけど、僕の青春時代を象徴するバンドのライブがまた観れた事が何よりも格別だ!!



 最後はbossston cruizing maniaのボーカルであり、グッドマンスタッフのカシマ氏をステージに上げ、DEATHRO氏、谷口氏、YUKARIさん、milkcowビリー氏による「BE MY SELF」の演奏でグッドマンの二十周年を祝い大団円のラストを迎えた今回のイベントだったが、心は青春時代にタイムスリップしながらも、その当時ライブを観ていたバンドが未だに現役で格好良い音楽をプレイし続けている事が何よりも嬉しかった。
 Less Than TVのイベントにも本当に久々に足を運んだが、老若男女が自由に自分のスタイルで遊び尽くせるスタンスは何も変わっておらずそこもブラボーの一言に尽きるだろう。
 グッドマン20周年&Shift復活本当におめでとうございますという意味と出演バンド・Less Than TV・グッドマンの皆さんへのリスペクトを込め、今回のレポは締めさせて頂く。
スポンサーサイト

■Noise Slaughter vol.9(2016年7月10日)@新大久保EARTHDOM

 早くも第9回目を迎えたBB主催の鉄板企画「Noise Slaughter」。今回はよりコンセプチュアルアートな世界を構築し始めたアートコアバンドwombscape、新機軸のHEAVINESS常に提示するBOMBORIを迎えての3マンとなった。
 wombscapeもBOMBORIも今年から新体制となり、これまでのサウンドを変化させながら新たなる独自性を模索しているが、そんな2バンドに対しキャリアや時代性を超え、進化する激音を叩きつけるBBはどう迎え撃つのか? 三つ巴の決戦が始まった。



・wombscape

 新ギタリストHirokiを迎え新体制で活動を開始したwombscape。これまでも持ち込み照明やキャビに絵を施す等アート的な方面でもアプローチを繰り出していたが、現編成になってからマイクスタンドやアンプに蔦をモチーフにした小道具を装飾し、以前にも増して明確なコンセプトが伝わりやすくなった。
 現編成になってからの新曲の方はハードコア要素を完全に削ぎ落としたダークアンビエントな楽曲や、ブラストビートも取り入れ以前にも増して攻撃的なアプローチを取り入れながら、楽曲のストーリー性が際立つ新たなる看板曲「枯れた蔦の這う頃に」とアートコアバンドとしてより深みを目指している印象を受ける。
 現体制になってからプレイしていなかった「新世界標本」、「正しい愛が正しい絶望に変わるまで」もこの日はプレイし、バンドが持つ視覚的な音の世界も存分にアピール。約35分程のライブで色彩が溶け合う現象を体現していた。
 ライブ自体は個々の持つポテンシャルの高さこそあれど、現体制になってからの音がまだ固まりきっていない部分もあったりした。今後、バンドが持つ世界観をより多次元な物へと進化させながらも、バンドその物の音が確固たる一枚岩になったら更なる次元に到達出来るだろう。wombscapeはもっと高いステージへと立てるバンドなのだから。



・BB

 過去最長の約一時間に渡るロングセットで挑んだ主催のBBは常に最高記録を更新し続ける実力の高さを見せつけるライブを今回も展開していた。
 カオティックハードコア・ヘヴィネス・ジャンクロックとBBを形容する言葉はどれも不十分になってしまうのは、BBがダークな歪みを表現するバンドだからだ。ミドルテンポ主体の楽器隊の音は曲を重ねる毎に音域の重さからグルーブの重さへと変わり、最終的には精神的な重さへと繋がる。
 バッキバッキに歪んだベースと変拍子とリズムチェンジを繰り返しながらも殴りつけるドラムのグルーブ、ジャキジャキにジャンクなリフを吐き出すギター、怒号その物でありながら色香と痛みを体現するボーカル。黄金カルテットによるドス黒いマグマはより粘度も熱を高めた物へと変わり続けていく。
 恐らく現時点での持ち曲は全てプレイしたセットになったが、ストレートにヘヴィさを吐き出す楽曲も不気味な蠢きで青黒い濃霧の様な空気感を生み出す楽曲もそれぞれの楽曲がリンクし続けながら細胞分裂を繰り返す。単なる演奏発表会で絶対に終わらず、ライブという場で呼吸も血流も感じさせるのがBBの真の魅力。
 照明が後光だけ、MCゼロ、ほぼノンストップで一時間に渡って繰り出されたライブはRyuji氏がマイクを床に捨て去り終了。圧し潰される緊迫感の中で観る人の内面世界を暴いていく痛快さすら感じた。そして何度も書くが、本当に単独音源のリリースが待ち遠しい。これだけ凄まじいライブをするバンドが、未だに正式リリース音源が無いという事態はおかしいのだ。



・BOMBORI

 トリのBOMBORIは先日、前作「PRAYGROUND」から僅か半年というスパンで現編成での新作アルバム「we are cured, fuck you.」を突如bandcampでフリーダウンロード配信という暴挙に出て話題になった。新作「we are cured, fuck you.」は「PRAYGROUND」とは全く違うサウンドへと変わっており戸惑った人も多かった筈。
 そんな中で約一時間に渡るセットで挑んだ今回のライブだが、現在のBOMBORIがただ4人になってサウンドチェンジしただけじゃ無いと証明されるライブとなっただろう。表面的な音は現在進行形のパワーヴァイオレンス方面へと接近したが、それはあくまで表層であり、これまでのBOMBORIの中にあったストーナーやドゥームといったキーワードの音がより明確なHEAVINESSとして体現されただけだ。
 一曲一曲ただヘヴィさを垂れ流すのではなく、明確なフックを用意した上で吐き出す。更なる新曲も飛び出す中で一番驚いたのは現編成で全く別の魔改造アレンジが施された「Prayground」だ。よりソリッドで贅肉を削ぎ落としたサウンドフォルムへと変貌しながらも、元々「Prayground」という楽曲が持っていた核の部分を剥き出しで表現していた。
 続く「dear pap」からラストまでは怒涛の勢いで駆け抜けてライブは終了。TPOGalaxyは常にステージの真ん前で叫び尽くしフロアを大きな盛り上がりへと誘い、楽器隊3人もフルバーストの熱量で自らのHEAVINESSを爆散。
 現編成になってからのサウンドチェンジは人によって賛否両論かなり別れるだろうし、僕個人としてはリズム隊の二人にはパワーヴァイオレンス的アプローチから更に踏み込んだ表現を是非とも目指して欲しいと願っていたりする。だが、人々の期待や困惑へと唾を吐いて自らの信念を貫くBOMBORIというバンドは確かな正義だ。




 毎回間違いの無い本物のバンドのみが出演するNoise Slaughterだが、今回もカテゴライズに唾を吐く3バンドにより邂逅のドキュメントとなったに違いない。目指す先は全く違えど、それぞれが他が到達出来ない場所を目指している。それだけで十分であり、wombscape、BB、BOMBORIの3バンドが本物である事実は揺らがない。
 記念すべき第10回目となるNoise Slaughterは10/15にアースダムでCoffinsとNEPENTHESを迎えての3マン。世界レベルのヘヴィロックを放つ2バンドはBBにどう立ち向かうのか、今から楽しみで仕方ない。

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。