■The Mosquito Control/ISIS


Mosquito ControlMosquito Control
(2001/03/27)
Isis

商品詳細を見る




 世界屈指の轟音ポストメタルバンドであるISISの初期のEP作品が今作である。ここに存在するのはポストメタルバンドとして唯一無二の美しき轟音を鳴らすISISでは無い。スラッジコアを地で行く様な激重ヘビィネスサウンドだ。歪みまくったギターリフの刻み、狂った様に叫ぶアーロン・ターナー、インダストリアルなリズムと初期衝動と殺意が剥き出しのまま暴れ狂っている。



 この頃のISISの音楽性はNeurosisやGodfleshの影響を色濃く感じるが、決して先人達の真似事では無く、徐々に高揚していく楽曲の構成の作り方なんかは後のISISに通じる部分はあったりする。全編通して存在するのはバンドとしての強さとタフさだ。
 ミドルテンポでインダストリアルなビートと、激重激歪のスラッジハンマーをブン回しまくる鬼のリフと今作は極悪なスラッジコアの悪意に満ちている。そして初期サバスを思わせるフレーズが登場したりとアーロン・ターナーの豊富な音楽知識を確かに血肉にした上でのサウンドなのは間違い無いだろう。特に第2曲「LifeUnder The Swatter」の極悪スラッジサウンドを基調にしながらも緩急をつけながらジワジワ四肢を叩き潰すかの拷問サウンドと、第4曲「Swarm Relocation」のノイズで塗り潰された時空を歪ます悪夢の様な音塊は正に圧巻。Godfleshのカバーである第5曲「Streetcleaner」も悪の軍隊の行進の様なリフと、人力でありながら無慈悲で無機質なビートが見事な名カバーとなっているのも見逃せ無い。



 ISISは傑作2nd「Oceanic」にて音の粒子すら感じる神々しいポストメタルサウンドを完成させるが、矢張りISISの核はハードコアであり、今作からはそれを強く感じるのだ。そしてバンドとしての肉体的強靭さはこの頃から存在しており、スラッジサウンドでその肉体を鍛え上げたからこそバンドとしての音の重みが形になっているのだ!ISISのルーツを強く感じる作品でありながら、結成初期でここまで強靭な作品を作り上げている事を考えると恐ろしくなる。
 ISISは紛れも無くハードコアである、そして常に進化し続けた化け物だ。そのISISの解散まで貫き通した信念は、この初期EPの頃から全く変わっていない。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター