■Split/Off Minor×killie


OFF MINOR/KILLIEOFF MINOR/KILLIE
(2008/05/03)
オフ・マイナー/killie

商品詳細を見る




 アメリカの激情系トリオOff Minorと日本の男尊女卑激情系ハードコアバンドであるkillieのスプリット作品が今作だ。Off Minorが3曲、killieが2曲の全5曲。それぞれにOff Minorサイドとkillieサイドの楽曲を収録した2枚組仕様にボール箱のスリープケースとパッケージにも並々ならぬ拘りを感じるが、既製の激情系ハードコアの枠からははみ出した独自の音を鳴らすバンドが対峙する事により、一癖も二癖もある作品になっている。



 先ずはOff Minorサイドであるが、激情系ハードコアが基盤にありながらも、ジャズやマスロックの要素をかなり強く感じ、多様な要素を感じる音になっている。変拍子を駆使するリズムセクションはマス要素を強めて予測不能の根底へと雪崩込んでいるし、その中でのフリーキーであるギターは楽曲に緊張感を与え続けている。分かりやすい轟音パートに頼り過ぎずタイトなストイックさを全面に出し、その中で感情を暴発させるOff Minorは素晴らしい激情をフリーキーさと変態性を武器に鳴らしている。
 一方のkillieサイド、第1曲「体脂肪と戦う」ではkillieらしい変拍子と転調を駆使した激情系×マスロックなカオティックかつプログレッシブなキラーチューンだ。ミドルテンポで鳴らされる情緒的旋律を持ちながらも目まぐるしく変わる展開と轟音の海の中で響き渡る伊藤氏のボーカルが素晴らしい。第2曲「脳死が俺の側に」は伊藤氏と語りとプログレッシブな楽曲がシンクロし、轟音と裏腹にローテンションのドープさが支配する前半から一気に激情サウンドへと移行し壮大なスケールとシリアスさて激情絵巻を展開する楽曲だ。ラストの耳を貫くパルス音の様なノイズは楽曲と見事にシンクロしてる。killieは持ち前の変態的激情を展開しながらも、更に壮大さを増している。



お互いがシーンに迎合する事無く、孤高のまま闘うバンド同士が対峙したからこそ、今作全体にある異形の音は必然的な物だと思う。目まぐるしく混沌の先にあるのは血の匂いのする殺気に満ちた音であり、それをOff Minorとkillieがそれぞれの形で鳴らした名スプリット作品と断言出来る。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル マスロック デスメタル カナダ スウェーデン スラッシュメタル モダンへビィネス ブラックメタル エクスペリメンタル ギターポップ エレクトロニカ イタリア ジャンクロック インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー ジェント オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン ポップス ミニマル フォーク ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ニューウェイブ ラーメン プログレッシブメタル ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル メタルコア ロシア フィンランド ハードロック ファストコア アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ポジパン ノイズコア シンガポール ダブ ヘビィロック パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー ゴシック メキシコ スイス ジャズ メタル ポーランド オルタナティブ ブルデス アシッドフォーク アイルランド インディーロック ウィッチハウス ヴィジュアル系 メロディックパンク ヘビィネス チェコ テクノ ドラムンベース デンマーク スクリーモ プリミティブブラック 年間ベスト クラストコア スコットランド USハードコア シンフォニックブラック アイスランド 声優 ハンガリー ボイスCD ソフトロック ニューウェイヴ 台湾 トルコ モダンクラシカル 韓国 ギリシャ ポルトガル カントリー フリージャズ トラッドフォーク イラン ファンク ガレージ ドリームポップ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター