■Chapter Ahead Being Fake/TORCHE×Boris


チャプター・アヘッド・ビーイング・フェイクチャプター・アヘッド・ビーイング・フェイク
(2009/08/19)
ボリス トーチ

商品詳細を見る




 アメリカのストーナーロックバンドであるTORCHEと日本が誇る全方位拡散ヘビィロックバンドであるBorisのスプリット作品。アメリカにて共にツアーを回った両者は意気投合し今作に繋がった訳なのたが、それぞれ僅か1曲しか提供していない計2曲の作品でありながらも、その中に濃密なヘビィロックの現在と未来がパッケージされた作品に仕上がっている。



 第1曲はTORCHE側から「King Beef」。メンバー脱退のピンチを迎えていたTORCHEだったが、今作ではヘビィさと音圧をビルドアップさせた事によってメンバー脱退によって生まれた穴を埋めるだけではなく、ストーナーロックのヘビィな部分を抽出したサウンドになった。2ndアルバム「Meanderthal」ではストーナーポップな疾走感溢れるサウンドを見せたが、今作ではタイトなリズムとヘビィなリフに歌心を加えた事によって、大地を揺るがすヘビィさと煙たさを持ちながらも、TORCHE節なキャッチーさは健在なヘビィロックを見せつけてくれた。
 迎え打つBorisは第2曲「Luna」でBORISとborisが結合した、ヘビィでありながら壮大な空間的奥行きを持つ美しさを見せてくれている。Borisの大名盤「feedbacker」をよりキャッチーにしたかの様な楽曲なのだが、何重にも重なるヘビィでシューゲイジングなフィードバックノイズと静謐なアルペジオ、それに反して性急過ぎるAtsuo氏のブラストビートが不思議と化学反応を起こし、全方位に拡散するヘビィアンビエント絵巻だ!Takeshi氏の歌はどこか気の抜けた感じだが、バンドの強烈なノイズと音圧に反して鳴らされる優しい旋律と重なり合い、宇宙へと突き抜ける様な光と闇が交錯する名曲に仕上がった!



 TORCHEとBorisというヘビィさと煙たさという確かな共通項を持つ2バンドは全く別の方向を向きながらも軸足は同じ場所にいる。僅か2曲のスプリットでありながらもそれぞれが既存のヘビィロックを破壊し構築し進化するバンドである事を証明た作品となった。
 決して現状に満足する事無く、ストイックに自らを鍛えるTORCHE。ヘビィロックの枠を破壊し、あらゆる音を鳴らし変化と進化を続けるBoris。この両者が結び付いた事は必然なのだ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター