■あぶらだこ5th(月盤)/あぶらだこ


あぶらだこあぶらだこ
(2000/10/25)
あぶらだこ

商品詳細を見る




 日本が誇る唯一無二のカオティクハードコアバンドあぶらだこの00年発表の5th。ギターの大國氏が加入後初のアルバムである。イズミ氏脱退のピンチを極東最前線に収録の「横隔膜節」で高らかに乗り越えた後の作品だが、一曲一曲が2分3分の短い尺の楽曲の中で圧倒的情報量と転調しまくる構成と展開が繰り広げられるプログレッシブハードコア絵巻な全10曲である。



 第2曲「やまびこ」からヘビィなギターリフと歪んだベースラインが空間を支配しながらも、変拍子と転調を駆使した怒涛のカオティクなサウンドを展開する。明確な旋律をしっかり持ちながらもそれはズタズタに解体され、強烈な音圧で鳴らされている。第4曲「肴核」でも和の旋律を持つイントロから一気に性急なパンクサウンドミーツポリリズムな変態ハードコアを展開。今作の楽曲は尺の短いコンパクトな楽曲の中で何曲分にも及ぶ旋律の変化とアイデアをこれでもかと詰め込んだ事によって、分かりやすいアバンギャルドさを持つ作品になっている。ヒロトモ氏のボーカルも矢張りキレまくっている。拍とかそういった概念を自由に乗りこなしながら、奇声を駆使した叫びを聞かせる。
 第8曲「律動」から第9曲「冬枯れ花火」の流れは今作で蠢いている混沌が今作で最もいる箇所だと思う。ヘビィでやたら軽快なベースから祭囃子のビートと、ヒロトモの哀愁ある歌と、ポリリズムと少しばかりのキャッチーさとノイズが目まぐるしく展開される「律動」から、今作で最も分かりやすい旋律を持ちながらもそれをズタズタにし、僅か3分で見事に起承転結を体現し、ラストは演歌調の旋律で幕を閉じる「冬枯れ花火」と計算された混沌が一気に暴発する、あぶらだこにしか出せない混沌の音塊を見せているのだ。そしてノイズ塗れのプログレ絵巻「過去過去去来」で今作は幕を閉じる。



 あぶらだこの持つ計算され尽くした正気を保ちながら狂気を放つカオティクハードコアサウンドをよりハードコアとしての攻撃力を高め、コンパクトな楽曲の中に無駄無く詰め込まれたアイデアと混沌が今作ではジェットコースターの様に止まる事無く繰り広げられている。 あぶらだこ史上、変態性を全面に押し出した今作、全てを置き去りにし孤高のバンドとして闘うあぶらだこの破壊的混沌が圧縮されパッケージングされている。彼等は奇天烈でありながらも、僕達をいつも嘲笑うぬらりひょんの様だ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル マスロック デスメタル カナダ スウェーデン スラッシュメタル モダンへビィネス ブラックメタル エクスペリメンタル ギターポップ エレクトロニカ イタリア ジャンクロック インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー ジェント オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン ポップス ミニマル フォーク ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ニューウェイブ ラーメン プログレッシブメタル ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル メタルコア ロシア フィンランド ハードロック ファストコア アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ポジパン ノイズコア シンガポール ダブ ヘビィロック パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー ゴシック メキシコ スイス ジャズ メタル ポーランド オルタナティブ ブルデス アシッドフォーク アイルランド インディーロック ウィッチハウス ヴィジュアル系 メロディックパンク ヘビィネス チェコ テクノ ドラムンベース デンマーク スクリーモ プリミティブブラック 年間ベスト クラストコア スコットランド USハードコア シンフォニックブラック アイスランド 声優 ハンガリー ボイスCD ソフトロック ニューウェイヴ 台湾 トルコ モダンクラシカル 韓国 ギリシャ ポルトガル カントリー フリージャズ トラッドフォーク イラン ファンク ガレージ ドリームポップ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター