FC2ブログ

■Adrenaline/Deftones


AdrenalineAdrenaline
(1999/04/30)
Deftones

商品詳細を見る




 90年代末期から00年代前半にかけて世界中で大きなムーブメントを起こしたモダンへビィネス。数多くのバンドが登場したが、その中でもDeftonesはやはり別格であると僕は思っている。へビィなサウンドは勿論であるが、その中でも陰鬱な精神世界の螺旋を描けていたバンドは本当に少ないし、へビィネスであると同時にオルタナティブでもあったのだ。それでいてポストロックに近いものを感じる音の響きだったり浮遊感だったりもDeftonesは体現している。95年に発表された1stアルバムである今作は、1stアルバムらしい荒削りな部分は多々あったりするのだけれども、この当時からDeftonesにしか出せない陰鬱で美しくへビィな音を確立していると言っても過言ではない。



 第1曲「Bored」からへビィな刻みのリフのイントロから始まる楽曲であるのだが、そのストレートなへビィロックの音に宿るのは精神的トラウマで頭を抱えてのたうち回るかの様な重苦しいグルーブだ。静と動を巧みに使い分け、暴力的なへビィロックの音と、ダークな音の鳴りが同居する事によって、ただ単に馬鹿の一つ覚えみたいにチューニングを下げているだけのバンドを一瞬で皆殺しに出来る殺気と狂気に満ちた音に仕上がっているのだ。その中でも第7曲「7words」みたいにフロアでヘッドバンギングが咲き乱れる様なアンセムもしっかりと作っているのも流石といった所。へビィネスの原始的な即効性や格好良さを前面に押し出していながらも、精神的陰鬱さから発せられる怒りに満ちたシリアスさは第9曲「Engine No. 9」にも現れており、チノのボーカリストとしてのカリスマ性をどこまでも味わえる楽曲になっているのではないだろうか。そこにヘビィであり、なおかつ陰鬱で美しい旋律を鳴らすギターと、タイトであり躍動感溢れるドラムが咲き乱れ、低域を蠢くベースラインがズッシリと鳴らされる事によって生まれる殺意と狂気のヘビィロックは今作から現在に至るまで変わることの無いDeftonesの核になっているのだ。



 今作以降は今作で鳴らしていた陰鬱なヘビィネスの世界観をより進化させた作品を発表し、Deftonesはモダンヘビィネスのシーンに於いて圧倒的カリスマ的存在になるのだが、原始的な怒りとヘビィさが最も表れているのはやはり今作じゃないかと僕は思う。怒りと殺意と暗黒のヘビィネスサウンドは今作で既に確立されており、その核は決して変わることの無い物だと僕は思っている。



スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター