■Ascension/Jesu


AscensionAscension
(2011/05/10)
Jesu

商品詳細を見る




 今までのJesuを総括するかの様な作品であった「Dethroned」。そこからのジャスティンがどのようなアクションに出るかは個人的にかなり気になっていたが、今作では見事なまでの静謐で幻想的でヘビィで、それでいて天からの祝福と言っても過言ではないジャスティンの手によって生み出されたJesu印のサウンドを堂々と展開しており、その世界観をより洗礼させ確固たる物に仕上げている。



 ここ最近のJesuの作品はジャスティンがJesuというプロジェクトの可能性を探るかのような実験的な作品が多かった印象を受けるが、その実験と構築を繰り返した末にあったのは「Conqueror」で見せてくれた様な、シューゲイザーとヘビィロックを融合させ、あらゆる音を粉々に破壊し、構築し直した末にに生まれた、大音量で鳴らされる福音と至福の音楽をさらに突き詰めたJesuらしい音であった。第3曲「Sedatives」の豪雨の中で徐々に差し込んでくるかの様な日差しを感じさせるオーガニックな美しさはJesuだからこそ鳴らせる物だし、ヘビィでありながらも陽性の明るさを持つ楽曲であると思うし、第1曲「Fools」や第4曲「Broken Home」の様なとんでもなく重たい音を持った楽曲でも、そのヘビィさに反する純度の高い透明度を持つ旋律の優しさが、この世の穢れを洗い流すかの如き轟音の濁流としてのヘビィさは紛れ間無くジャスティンが確立した音だ。
 タイトなビートと爆発した破片がそこいらに散らばり光を生み出すかの様なギターリフは厳かであり、そこが今作の神秘性と壮大さを高めているのは間違い無いであろう。ジャスティンの声も緩やかに今作の語り部を務めているし、甘美であり極上の美しさを持ちながらも、どこか残酷さすら孕んでいる寓話は終わる事無く鳴り響いている。



 今作で鳴らされているのは世界樹の様な聳え立つ壮大さと終わり無く繰り返されているこの大地の始まりと終わりを繰り返しているかの様な躍動だ。ビートもベースも決して音数は多くないし、BPMも遅い。しかし少しずつではあるが確実に変化していく有機的な風景と生命の躍動が今作には存在する。空間を埋め尽くす天から降り注ぐ轟音は確かな一筋の光を生み出しているのだ。
 真摯に音の神と向き合っているからこそ、ジャスティンは地球レベルでの躍動や祝福を今作に残すことが出来たのだろう。そしてJesuの音は終わる事無く成長を続けていくのだ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター