■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Anthropocentric/The Ocean


AnthropocentricAnthropocentric
(2010/12/01)
Ocean

商品詳細を見る




 ドイツの超芸術的ポストメタル集団であるThe Oceanの2010年発表の5枚目の作品。同じく2010年に発表された「Heliocentric」の続編であり、今作は後編的な立ち位置となっている。人間中心主義をテーマにした今作は、静謐さと激情の対比が素晴らしかった前編と違い、より粗暴で美しいポストメタルを展開している。そして今作でThe OceanはISIS以降のポストメタルを完全に新しい次元にまで進化させてしまったと言っても良いだろう。圧巻の轟音の濁流は本当に美しいし、芸術的ポストメタルは前人未到の領域に達してしまった!間違いなく歴史的名盤であり、2010年代のヘビィロックを担う重要な作品になった。



 まず第1曲「Anthropocentric」からThe Oceanは完全に自らの音を更新している。鬼気迫るスラッジサウンドから一気に宇宙を感じさせ、この世界の始まりと終わりを描くかの様な幻想的世界へと僕達を誘う。この哲学的でありながら本能的なサウンドこそThe Oceanが他のバンドと圧倒的に違う点であり、徹底した美意識が、漆黒の世界に光が差し込むかの様な柔らかさを生み出しながらも、そこから一気にドス黒い激情の嵐が吹き荒れる。本質の意味でプログレッシブであり、正に圧巻のサウンドスケープを描いているのだ。
 今作はスラッジ色の強い粗暴なポストメタルサウンドが基盤になっているが、その肉体に訴えてくる圧倒的な音の波の向こうにあるのは、脳細胞の細かい神経にまで到達するかの様な人間の内面に潜む何かを全てフル稼働させるかの様な音であり、一気に聴き手の五感を刺激し、この現実世界の崩壊を描くかの様な景色が見えてくる。終わりのない音の洪水は正に人間なんかでは抗う事の不可能な世界の怒りを表現してりる。大地を粉砕するかの様なスラッジリフの破壊力はおぞましく、それらの音に重なる美しいフレーズは破壊と創造の美しさであるのだ!!
 スラッジコアからポストメタルからカオティックハードコアまで全て飲み込んだその音の破壊力が今作は本当に際立っており、徹底した美意識も決して説教臭い物にはなっていないし、全ての音のハードコアな破壊力が聴き手の体温を一気に上げていく。歌メロも前作以上に際立っており、それが感情を刺激する激情になり、旋律の一つ一つが美しく、それをプログレッシブなフレーズで鳴らす事によってドラマティックになっていくのだ。第5曲「The Grand Inquisitor II: Roots & Locusts」のエモーショナルさなんて涙すら流れる美しさだ。第7曲「Sewers of the Soul」のBaroness辺りにも通じるプログレッシブであり粗暴な楽曲も、第8曲「Wille zum untergang」の今作屈指の柔らかな美しさも、全てが一つの宇宙へと繋がっているのだ。そしてその宇宙の果てにある第9曲「Heaven TV」のヘビィネスとハードコアが正面衝突したかの様な壮絶なヘビィロックサウンドで聴き手は完全昇天間違い無しとなるであろう。そして全ての始まりを厳格に歌う第10曲「The Almightiness Contradiction」でThe Oceanが描く人間と宇宙の物語は幕を閉じる。



 2枚に渡って繰り広げられたThe Oceanの壮大な組曲であるが、全てを飲み込むブラックホールの様でもあり、全てを破壊するビッグバンの様な完全に宇宙レベルの何かを描いてしまった今作、ヘビィロックから前人未到の領域にThe Oceanは飛び立ってしまったが、そのアンサンブルと世界はヘビィロックを次の次元へと間違いなく引き上げていったのは間違いないであろう。
 2010年はISISの終わりという、ヘビィロックにおいて大きな損失があった。しかしその損失を埋めてしまうレベルでThe Oceanは壮絶な作品を作り上げたのだ。THe Oceanは間違いなく前人未到の孤高の領域にいるし、このバンドの更なる進化によってヘビィロック・ポストメタルは更に高い次元へと突入する事を期待したい。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。