■ADK/あぶらだこ


ADK(紙ジャケット仕様)ADK(紙ジャケット仕様)
(2008/06/06)
あぶらだこ

商品詳細を見る




 孤高のハードコアパンクバンドであるあぶらだこのADK在籍時の最初期の音源をコンパイルした編集盤である今作は、あぶらだこがまだ髪を立て、真っ当なハードコアパンクをやっていた頃の音が聴ける作品なのだが、一般的な奇怪なあぶらだことは違ってストレートなパンクサウンドが今作には詰まっている。しかし、そこはあぶらだこ。ストレートなパンクをやっても何処か奇妙な感覚はあるし、この頃からあぶらだこは異質な存在であった事が今作を聴けば分かると思う。



 まずこの頃からヒロトモにしか出せない独自の奇妙なボーカルは確かに存在している。第1曲「ランニングハイ」はストレートなパンクナンバーであるが、それとヒロトモのボーカルは奇跡的にマッチし、どことない奇妙な歪みを感じることが出来るだろう。また今作はあぶらだこ云々を抜きにして純粋にハードコアパンクとして必殺の楽曲ばかりが揃っているので、ジャパニーズパンクの格好良さも十分に楽しむことも出来るのは間違いない。キャッチー極まりない第3曲「エルサレムの屈辱」なんて単純に格好良いパンクナンバーだし、第7曲「米ニスト」と第8曲「クリスタル・ナハト」なんてパンクらしい初期衝動と瞬発力とキャッチーさに満ちているのに、あぶらだこにしかない独自の不穏さもしっかりと出ているのがまた素晴らしいのだ!
 しかしそのパンクの範疇から外れた曲もやはり存在しているのもまた事実だ。不穏さ極まりないダークなポジパン曲である第6曲「原爆」はあぶらだこの狂気に満ちているし、第12曲「童愚」なんてくぐもったインプロ風のサウンドにヒロトモの呻き声の狂気しか無い奇声のみが乗るという謎の1曲だ。最初期からこんな狂った楽曲とストレートなパンクナンバーの両方を鳴らしていたあぶらだこはやはり異端だったのではないか。そして第14曲「OUT OF THE BODY」はこれ以降のあぶらだこに通じる悲しみに満ちたダークさを持った楽曲。そして以降のあぶらだこは前人未到の孤高の世界に旅立ち、誰も追いつけない歪みまくったハードコアパンクを展開するのも頷ける。



 まだ覚醒する前のあぶらだこの音源集であるが、普通にジャパニーズパンクの名盤だと僕は思うし、この頃からあぶらだこにしかない奇妙な歪みと不穏さは確実に存在していたのだ。そして以降のあぶらだこは完全なる孤高。日本が生み出した誰にも真似出来ない世界を作り上げた最強のハードコアパンクの初期衝動が今作にはある。そしてやはりあぶらだこはあぶらだこでしかないし、誰もあぶらだこの代わりになんてなれやしないのだ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ロック グラインドコア ハードコア プログレ マスロック インタビュー ポストブラックメタル ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ スラッシュメタル ブラックメタル モダンへビィネス エクスペリメンタル ギターポップ ジャンクロック イタリア エレクトロニカ インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ アコースティック スペイン ノルウェー パワーヴァイオレンス オーストラリア 年間BEST ジェント ポップス ミニマル フォーク モダンヘビィネス ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ニューウェイブ ラーメン ニュースクールハードコア ノイズ ゴシックメタル ハードロック ロシア メタルコア ファストコア フィンランド ヒップホップ 自殺系ブラックメタル トリップホップ アブストラクト 駄盤珍盤紹介 ゴシックドゥーム オランダ ノイズコア クラウトロック ダブ ヘビィロック シンガポール ゴシック パンク ダブステップ ノーウェイブ ラトビア ミクスチャー ブルデス スイス アシッドフォーク ヴィジュアル系 インディーロック オルタナティブ ウィッチハウス ヘビィネス ジャズ ポーランド デンマーク アイルランド メキシコ ドラムンベース チェコ メタル ポジパン メロディックパンク テクノ シンフォニックブラック ガレージ トルコ アイスランド プリミティブブラック 韓国 スクリーモ ソフトロック クラストコア USハードコア スコットランド イラン モダンクラシカル 声優 カントリー トラッドフォーク ボイスCD ファンク ポルトガル フリージャズ 台湾 年間ベスト ギリシャ ドリームポップ ハンガリー 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター