■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Through Silver In Blood/NEUROSIS


Through Silver in BloodThrough Silver in Blood
(1996/04/30)
Neurosis

商品詳細を見る




 漆黒という言葉がここまで似合う作品もないであろう。NEUROSISの96年発表の5枚目のアルバムである今作はNEUROSISの絶望とダークさを極限まで突き詰めた拷問の様な作品である。今作に充満しているのは終わり無き痛みと、破滅を描く漆黒の音だ。NEUROSISは毎回自らの音を更新し進化するバンドである事は言うに及ばないけど、恐らくここまでダークで憎悪と殺意が渦巻く作品はもう作る事は無いだろうし、狂気と殺意のNEUROSISは今作が最も強く現れていると思う。



 まず第1曲「Through Silver In Blood」から終わり無き殺意が渦巻く12分にも及ぶ破滅への賛美歌が超絶ヘビィに鳴り響く。ドラムのビートが重くタイトに鳴らす大地を揺るがすビート、暴発する事無く引き摺ったまま狂っていく推進力を放棄したスロウなギターリフが終わり無くループし、極限の苦痛を描く様な音になっている。ここにハードコアのカタルシスなんて存在しておらず、ただ痛みだけを撒き散らす破滅の音に脳髄がやられてしまうだろう。そして第3曲「Eye」は今作ではかなり聴きやすい楽曲であるが、転調によって歪みまくった時空を埋め尽くす重圧殺スラッジリフ。しかしハードコアのカタルシスを持ちながらもその音は徹底した美意識の下に鳴らされており。美しく醜い破滅をオブラートなんかに包まずありのまま曝け出す重過ぎる音、どこまでも無慈悲に聴き手を殺しにかかってるとしか思えない。
 そして今作屈指の名曲は間違いなく第5曲「Locust Star」であろう。トライヴァルなビートと静謐で不穏の螺旋を奏でる旋律から一気に激情と悲しみの轟音へと移行していく様は本当に美しい。病みに病みきった痛みが完全な形で芸術的な音として君臨している。本当に一個一個の音の説得力と重みが半端じゃない。スラッジ・ハードコアを出発点にしながらも、その音をここまで美しく深淵な物にこいつらは仕立て上げている。そして悲しくも美しいピアノの旋律が響き渡り、壮大なスケールで空虚な感情を鳴らし、そこから全てを無に還す煉獄の炎が何もかもを焼き尽くす殺意だけが暴走し、それが神々しい轟音として展開していく第8曲「Aeon」と、スケールの大きさ、ヘビィさ、殺気、絶望、陰鬱さ、全てがNEUROSISという破壊と破滅の魔物として今作には存在しているのだ。ただ漆黒の闇へと落ちていくだけの音が渦巻いている。



 メンバー自身も今作製作時は精神的に病んでいたらしく、それが極限の形でアウトプットされた作品と言えるだろう。そして今作でNEUROSISの大作志向は形になり、その後の作品に大きく生かされている事も考えると今作はNEUROSISを語る上では絶対に外す事の出来ない作品だと思える。混沌と重圧的殺人サウンドと陰鬱さを極めた音が今作にはとんでもない純度で刻まれている。それを美しさすら感じさせるレベルで鳴らしているNEUROSISはやはり唯一無二の存在だ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。