fc2ブログ

■Wars Of The Roses/Ulver


War of the RosesWar of the Roses
(2011/05/03)
Ulver

商品詳細を見る




 Ulverはブラックメタルバンドとして始まったバンドであるが、傑作3rd以降はその音楽性を自在に変化させる実験的音楽集団へと変貌を遂げた訳だが、8枚目のアルバムである今作もその実験精神が根付いた作品になっている。Kscopeより発表された事も関係しているのか今作はプログレッシブな要素が全面に出た作品と言える。電子音が行き交う音の中でUlverが昔から核にしている叙情豊かな感覚は健在。不穏の浮遊感と静寂な美しさが絡み合う作品になった。



今作を再生するとまず静謐なピアノの旋律とインダストリアルなビートと浮遊する電子音が耳に入ってくる。第1曲「February MMX」は仄かにエモーショナルな要素も感じさせ、名ボーカリストとして名高いGarmのボーカルがその叙情性を更に加速させていくのだ。徐々に熱量を上げていく様と何重にも交わる音が真っ白な音を冷たい感触で響かせている。しかしそれ以降の楽曲はよりプログレッシブさと実験精神に基づいた楽曲が並び、より深遠な世界へと入り込んでいく。第3曲「Providence」では女性ボーカルをフューチャーし、ストリングスとピアノの音がクラシカルな感触で鳴らされ、賛美歌の様な厳かさを感じさせながら、映画のエンディングの様なドラマ性も感じさせてくれてくれるし、第4曲「September IV」もインダストリアルなビートとは裏腹に胸を熱くさせる感傷の洪水が神秘的に渦巻いている。その世界はやはり北欧バンドらしい厳かさを感じさせる。
 第6曲「Island」のアコースティックなトラッドさは矢張りUlverの核である部分を再認識させられたし、15分近くに及ぶ第7曲「Stone Angels」にてその厳かで美しい世界を寓話の様に神話の様に描いている。幾重もの電子音が天上系ドローンの様に反復し、その音が全てを浄化する真っ白な音として聴き手を包み、この世界を浄化するかの様な神々しさすら感じさせてくれている。



 僕はUlverは初期の3作しか聴いていないので、脱ブラックメタルしてからのUlverは殆ど知らなかったが、こうして音楽性を変えてもUlverの核である、北欧神話の世界を感じさせる厳かさと世界観はやはり不変であると認識させられた。多彩なアイデアと実感精神が結果的にその世界観を彩る音として存在しているし、何よりもこのバンドはGarmの歌声の存在がその世界観に絶対不可欠である事も再認識した。難解さは若干あるが、それでも寓話の様な世界を描くUlverの音はやはり美しいのである。
スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドイツ ドローン ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ インタビュー ポストブラックメタル ポストパンク マスロック デスメタル カナダ スウェーデン ブラックメタル スラッシュメタル モダンへビィネス ギターポップ エクスペリメンタル イタリア ジャンクロック エレクトロニカ インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ オーストラリア 年間BEST ノルウェー ジェント アコースティック パワーヴァイオレンス スペイン フォーク ミニマル ニューウェイブ ポップス ラーメン プログレッシブメタル ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ゴシックメタル ロシア ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア ハードロック フィンランド アブストラクト トリップホップ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 自殺系ブラックメタル ヒップホップ オランダ ポジパン ダブ クラウトロック パンク ノイズコア ノーウェイブ シンガポール ダブステップ ゴシック ラトビア ミクスチャー デンマーク メキシコ ドラムンベース テクノ アシッドフォーク インディーロック ヴィジュアル系 メタル スイス チェコ ヘビィネス ブルデス ウィッチハウス メロディックパンク オルタナティブ アイルランド ポーランド ジャズ フリージャズ アイスランド シンフォニックブラック カントリー USハードコア スコットランド トルコ ギリシャ イラン ポルトガル モダンクラシカル 韓国 ボイスCD トラッドフォーク ファンク クラストコア スクリーモ 年間ベスト ニューウェイヴ レゲエ ヘビィロック プリミティブブラック ハンガリー 台湾 ソフトロック 声優 ドリームポップ ガレージ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター