■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■O )))が放つ殺人的重音(後編)

sunno.jpg



 さて前編の方ではSUNN O)))本隊の方を紹介させて頂いたが、後編である今回はSUNN O)))の二人やSUNN O)))に関わっている人間の音源の方を紹介させて頂きたい。かなり多数の関連ユニットや音源が存在しているのだけれども、それらの殆どがSUNN O)))に負けず劣らず極悪な音を発信している。またSUNN O)))の片割れであるGregはSOUTHERN LORDというレーベルのオーナーであり、直接的な関わりこそは無いにしても、数多くの先鋭的なヘビィ系のバンドの音源を多数リリースしているのは有名な話だ。SOUTHERN LORDではSUNN O)))本隊の音源は勿論であるが、彼らがリスペクトするEarthを始め、PELICAN、Black Cobra、OM、Wolves in the Throne Room、更には我が日本が誇る爆音ヘビィロックバンドであるBorisに至るまで数多くのバンドの危険音源をリリースし、米国のアンダーグラウンドシーンを語る上では欠かす事の出来ないレーベルになっているのだ。SUNN O)))本隊のみならず、彼らは関連ユニットやSOUTHERN LORDを通してその危険極まりない音を拡散させ続けているのである。

 ではここからはSUNN O)))関連ユニットやバンドについて簡単にではあるが紹介させて頂く。どいつもこいつもSUNN O)))に負けず劣らず危険極まりない音を発信している奴らだ。



・Thorr's Hammer

 StephenとGregが初めて共に結成したバンドであり、ボーカリストに後にSUNN O)))の準メンバーとしても活躍する当時17歳であったRunhild Gammelsaeterを迎えている。その音楽性はデスドゥームと言える物であり、SUNN O)))の二人も最初はドゥームからスタートした事が伺える。しかしながら殺人的な重低音のスローなリフと陰鬱極まりない空気はこの当時から健在であり、Runhildのボーカルも女性とは思えない鬼気迫るデスボイスを披露している。このバンドは2回程のライブで解散してしまった超短命バンドではあったが、当時のデモ音源にライブ音源を1曲追加した形でSOUTHERN LORDから音源がリリースされており、その音源こそがSOUTHERN LORDが初めて発表したCDであり記念すべき物となっている。この当時から殺意と狂気が渦巻く音は健在だった事がその音源を聴けば分かると思う。


DommedagsnattDommedagsnatt
(2004/05/04)
Thorr's Hammer

商品詳細を見る




・Burning Witch

 Thorr's Hammer解散後にその残党によって結成されたのがBurning Witchである。Gregは途中で脱退してしまうが、こちらもSUNN O)))の二人がSUNN O)))結成前に組んでいたバンドである。バンド自体はメンバーチェンジ等を重ね、散発的に音源をリリースしながらも3年程でその活動を停止させてしまう。その音は相変わらず重く遅いドゥームメタルであるが、個人的にはThorr's Hammerよりもかなり聴きやすく感じるし、ドゥーム・スラッジがあまり得意で無い人も入り込みやすい物になっている。暗黒系の音と毒素を噴射させながらも、そのリフはどこかキャッチーであったりするのが面白いし、このBurning Witchでの音は後のKHANATE等にも僅かながら通じる部分があったりする。音源の方は全曲を網羅した編集盤がリリースされており、そちらでBurning Witchの音を存分に堪能出来る。


Crippled LuciferCrippled Lucifer
(2008/01/31)
Burning Witch

商品詳細を見る




・Goatsnake

 Gregが参加していたドゥーム・ストーナーバンド。その音は確かにヘビィではあるが、SUNN O)))を始めとする関連ユニットやバンドとは大きく違った物である。確かにドゥームではあるが、その音楽性は初期サバスの流れにある物で拷問の様な重圧殺の音はそこにはない。それを期待してしまったら肩透かしを食らうかもしれないけど、純粋にヘビィでりながらもブギーする煙たさと疾走感が本当に気持ち良いし、そのリフのセンスと破壊力が素晴らしいし、Gregのギタリストとしてのセンスが存分に発揮されている。正統派な音ではあるが、純度の高いドゥーム・ストーナーロックの完成度は最高レベルであるし、それでいてキャッチーだから卑怯だ。特に1stアルバムである「Ⅰ」はドゥーム・ストーナー屈指の名盤と言っても過言ではない。SUNN O)))らしさは皆無だが絶対に外せないバンドだ。バンドはアルバム2枚とミニアルバムを残し解散している。


1 + Dog Days1 + Dog Days
(2004/09/21)
Goatsnake

商品詳細を見る




・KHANATE

 StephenがSUNN O)))と並行した参加していたのがこのKHANATEであり、James Plotkinとの蜜月はSUNN O)))以上に陰鬱で凶悪な音を完成させてしまっている。SUNN O)))以上にアンビエントなカラーを放ち、全ての楽器が不整合のまま精神を擦り減らす様な音を超爆音で放出している。SUNN O)))はあくまでも無慈悲に超爆音の重低音リフを放つユニットだが、こちらは人の神経を逆撫でする音に満ちている。音楽的にはスラッジ要素を感じたりもするのだけれども、それをズタズタに解体したのがKHANATEの音と言って良いだろう。はっきり言ってSUNN O)))以上に人を選ぶ音楽ではあるのだけれども、この狂気に取り憑かれてしまったら二度と抜け出せなくなってしまうだろう。バンドの狂気を誰も止める事が出来ずにKHANATEは解散してしまったが、彼らが残した4枚のアルバムはどれも狂気と殺気が渦巻くスラッジ地獄だ。


Clean Hands Go FoulClean Hands Go Foul
(2009/05/26)
Khanate

商品詳細を見る




・KTL

 Stephenが電子音楽家PITAによるドローン・現代音楽ユニット。元々は演劇の音楽担当として組まれたユニットであり、SUNN O)))と比べたら重圧殺リフ等は無いけれど、アンビエントな音がただひたすらに反復し、無機質であるが故のくぐもった感触が特徴的である。しかしその無感情の音が幾重にも重なり合った瞬間に本当におぞましい感覚を覚え、恐怖すら覚える程だ。ただ単に無機質な音のみで構成されただけでなく、それらが全て効果的に人間の最深部にある狂気を掘り起こす様な音楽だ。しかもこれも爆音で聴けばそれだけその業の深さと、ブラックホールの様な虚無の世界に叩き落される事は確実だ。


IVIV
(2009/01/20)
KTL

商品詳細を見る




・Teeth Of Lions Rule The Divine

 ドゥームの到達点といっても過言ではないユニット。SUNN O)))の二人に加え、CathedralのLee Dorrian、Electric WizardのJustin Greavesという超豪華面子によって結成されたバンドだ。極限まで遅く重くを極め、Lee DorrianのボーカルはSUNN O)))の二人の音に見事にマッチし、CathedraとSUNN O)))には無い音を作り出す事に成功している。手法としてはSUNN O)))的な音にボーカルとドラムを乗せた物ではあるけど、それ以上にドゥーム要素も満載であるし、それを突き詰めた先の音がそこには存在している。「Rampton」というアルバムのみをリリースし活動は凍結してしまっているが、また活動再開して欲しい限りだ。


RamptonRampton
(2002/04/02)
Teeth of Lions Rule Divine

商品詳細を見る




・Ascend

 Stephenは本当に多くのユニットで活動しているのに対し、GregはGoatsnake以降はTeeth Of Lions Rule The Divine以外ではSUNN O)))本隊での活動しかしていなかったが、そんなGregが重い腰を上げて結成下のがこのAscendである。音楽的には初期SUNN O)))に近いドローンではあるが、そこに多数のゲストの音を加えドローンよりもミニマムに接近したそれは凶悪ではあるけれど、よりオーガニックな部分へと接近して物と言って良いだろう。それはここ最近のSUNN O)))にも見える要素であるし、この音はドローン初心者でも十分に接近出来る取っ付き易さもある。音響と空間に拘った先の音は非常に雄大な物だ。


Ample Fire WithinAmple Fire Within
(2008/05/27)
Ascend

商品詳細を見る




 他にもStephenは多数のバンドへの参加や、ソロ作品の発表等本当に精力的に活動しているのだが、僕自身がそれらの音にまだ触れていないので今回は省略させて頂く。また本当に多くの作品をSUNN O)))始め様々なユニットやバンドでリリースしており、その膨大な音源を入手するのはかなり困難である。今回は簡単に入手出来る物ばかり紹介したので興味を持ったら是非その音に触れて欲しい。SUNN O)))の二人のみならず、そこに関わった多くの人間の別作品の方も非常に素晴らしい物が多く紹介したいのであるが、そこまでしてしまうと本当に収集が付かなくなってしまうのでそちらも残念ながら省かせて頂く。
 SUNN O)))のみならずこういった様々な形で悪意と狂気は拡散されており、世界中のマニア達からの支持を集めているのは周知の事実であるし、こういったカルト要素のある音がこの日本でも多くの愛好家に支持されている事は本当に大きな意味がある。今回簡単な形になってしまったが様々な音源やバンド・ユニットを紹介させて頂いたので、是非その音に触れて欲しい限りだ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。