FC2ブログ

■Lateral/Growing


LateralLateral
(2008/02/19)
Growing

商品詳細を見る




 ブルックリンの音響デュオのアルバム「All The Way」に先駆けてリリースされた08年発表のEP。こちらはミニマムな感触を持ちながらもドローン要素も強く感じる作品になっている。尺こそ長尺では無いが、終わり無く続くツインギターを巧みにあやつったミニマムで時にノイジーなドローンサウンドがオーガニックで幽玄な世界を生み出し、その深みに静かに嵌まっていく様な作品だ。



 いきなりディストーションギターの幽玄な持続音が空間を埋め尽くす第1曲「Swell」で今作は始まる。ディレイを操り、幾重に重なる音が徐々に変化し、静かなオーガニックな音からノイジーに変化していく。バックでなるトレモロの音と終わり無く反復するノイズが化学反応を起こし、スペーシーなサイケデリックさへと飛び立っていく名曲で始まる。その反面第2曲「First Contact」では無機質なトレモロの反復音がフューチャーされており、そこに有機的なギターフレーズが入り込み、その音色の反響が際立つミニマムながらにも断片的なギターの旋律が非常に印象的である。持ち前の有機的なドローンサウンドとアンビエントでありながらも、肉感的な感触のギターの反復運動による高揚感は中々の物であるし、それらが脳髄に快楽信号として刻みつけられていく。断片的なトレモロのミニマムサウンドから徐々に顔を出すドローンのノイズがそれを飲み込み最終的にはインダストリアルな音へとナチュラルに変化していく第3曲「Lateral」。深遠なアンビエントを聴かせる第4曲「After Glow」と今作に収録されている4曲はそれぞれが別のベクトルを向いている楽曲が並んでいるけど、その4曲全てGrowingらしい音を自在に横断しながらも、情景を想起させる豊かさを感じる。



 「All The Way」がエレクトロニカ等のカラーを感じる作品であるのに対して、今作は彼等の持ち味のドローンさを強く感じる作品であるが、5分台の標準的な尺であるし、その中で生まれる最小の音から未知数へとトリップする音の洪水はどれも脳に効果的な快楽を生み出し、神経を柔らかにしながらも、その快楽信号が感覚を研ぎ澄ましていく様な物である。たった2本のギターのみで構築するからこそ、全ての音が効果的に使われそれが無限の快楽へと繋がっていく。



スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター