■Absolute Mortality # 1/Mortalized

Absolute Mortality # 1



 京都が誇る超ショートカットグラインドコアバンドであるMortalizedによる03年リリースの1stCD。ギターはHayaino DaisukiやGridlinkにも参加している。ギターとドラムとボーカルのみのベースレス3ピースという編成はグラインドコアのレジェンドであるDiscordance Axisを思い出させるが、音楽的にもDxAxの影響を強く感じる超ファスト&ショートカットチューンが並び、全4曲4分半という超速で駆け抜ける混沌のグラインドコアだ。



 DxAxの影響を感じるサウンドであるが、カオティックな要素も感じさせながらも純度の高いグラインドコアを展開しており、カオティックさを感じるのはその超速過ぎるBPMによる物だ。随所にBPMを落とすパート等も盛り込み、僅かな時間でキメとブレイクを巧みに取り入れ目まぐるしい展開を見せ付けてくる。グラインドコアの中でも屈指の演奏力を持っているし、ただ速いだけで無く緻密に複雑なビートを乗りこなすドラムはやはりDxAxに負けない速さと技術とセンスを感じさせてくれる。グラインドコアらしいギターリフをとんでもないスピードで叩き付け、そのあまりの速さゆえのカオティックさとリフの変化のつけかたのセンスにも脱帽。低域デスと喚き散らす様な灰トーンシャウトを使いこなすボーカルによる一人ツインボーカルなスタイルも格好良すぎて痺れる。それにしても僅かな尺の楽曲の中に無駄なんか一切存在せず、全てが激走の音としてのカタルシスと破壊力を持っている。特に第3曲「Speed Satan」はそのリフの破壊力も暴走するブラストビートの破壊力も屈指の名曲だ。



 今でこそ世界レベルで活躍する日本のバンドが増えたが、Mortalizedは間違いなく世界トップレベルのグラインドコアバンドだと断言出来る、日本の京都から世界を震撼させるカオティック&ファストなグラインドコア、僅か4分半だからこそ生み出せるカタルシスがあるし、そのサウンドフォルムは完璧であるのだ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル マスロック デスメタル カナダ スウェーデン スラッシュメタル モダンへビィネス ブラックメタル エクスペリメンタル ギターポップ エレクトロニカ イタリア ジャンクロック インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー ジェント オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン ポップス ミニマル フォーク ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ニューウェイブ ラーメン プログレッシブメタル ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル メタルコア ロシア フィンランド ハードロック ファストコア アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ポジパン ノイズコア シンガポール ダブ ヘビィロック パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー ゴシック メキシコ スイス ジャズ メタル ポーランド オルタナティブ ブルデス アシッドフォーク アイルランド インディーロック ウィッチハウス ヴィジュアル系 メロディックパンク ヘビィネス チェコ テクノ ドラムンベース デンマーク スクリーモ プリミティブブラック 年間ベスト クラストコア スコットランド USハードコア シンフォニックブラック アイスランド 声優 ハンガリー ボイスCD ソフトロック ニューウェイヴ 台湾 トルコ モダンクラシカル 韓国 ギリシャ ポルトガル カントリー フリージャズ トラッドフォーク イラン ファンク ガレージ ドリームポップ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター