■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2011年旧作BEST10

さてさて2011年もいよいよ終わりに近づいて来たので、今年も年間BESTなんかを発表しようと思いますが、今年はベストソング10曲と旧作BEST10も発表します!先ずは旧作BEST10の方から。2010年以前にリリースされた中で今年特に気に入った10枚を発表する形ですが、言ってしまえば僕がリアルタイムで聴けなかった名盤10枚を紹介するだけだったりします。でもそんなの関係無しにどれも素晴らしい作品なので是非聴いてみて下さい。特に順位は付けないで10枚選ぶ形にしました。また【Review】をクリックするとそれぞれの作品の当ブログのレビューページに飛べる形にしております。





 Amenra_MassIII-IIII.png

Mass III-IIII/Amenra

ベルギーの暗黒激重神であるAmenraのTokyo Jupiterからリリースされた編集盤。全てを燃やし尽くす漆黒の煉獄の如しスラッジ地獄を描き、どこまでも無慈悲な音を奏でているが、その破壊力だけでも凄まじいのに、緻密な構成力と芸術的な音を圧倒的負のパワーで放出しているからこそ恐ろしい音になっているのだ。激重パートと静謐なパートの落差こそ彼等の武器であるし、その落差と対比が彼等の音を荒涼とした感覚で鳴らすからこその漆黒の美しさを見せてくれる作品。NEUROSISのレーベルであるNeurot Recordingsと契約を果たした事実も納得の傑作。

【Review】






Hydra LernaiaHydra Lernaia
(2009/06/23)
Eryn Non Dae

商品詳細を見る


Hydra Lernaia/Eryn Non Dae.

数多くの猛者を生み出しているフランスのポストメタル・スラッジ・カオティックの1st。ポリリズム駆使の複雑極まりないカオティックな楽曲を激重のスラッジさで鳴らし、ブルータルな感触と共に緻密な構成で鳴らすかなりハイブリットな1枚。正直1stでここまでの傑作を生み出してしまった事実に驚きであるが、統率された混沌その物をこいつらは鳴らしているし、緻密でありながらもハードコア×デスメタルな粗暴さも際立っている。絶望的であり破壊的なサウンドは多くのフリークスをブチ殺す事間違い無し!早く2ndを出して欲しい限りだ!

【Review】






AnthropocentricAnthropocentric
(2010/12/01)
Ocean

商品詳細を見る


Anthropocentric/The Ocean

ドイツの超芸術的ポストメタル集団の2010年リリースの作品であり、間違いなくポストメタル史に語り継がれるであろう名盤。同じく2010年に発表された「Heliocentric」の続編であるが、後編の今作はISIS以降のポストメタルを完全に新しい次元にまで進化させてしまったと言っても良いだろう。パワフルな破壊の音であり、宇宙を感じさせる壮大なスケール。生命の躍動その物なハードコアサウンドを完全に違う次元で鳴らしてしまっている。こいつらの存在は間違い無くへビィロックの歴史を変えてくれる筈だ!

【Review】





Montuenga.jpg

Montuenga/Aussitôt Mort

今年はheaven in her armsとのスプリットのリリースがあったフランスの激情神の2nd。ミドルテンポのドゥーミーな引き摺るリフと感情を刺激しまくるメロウさ、スラッジ・ドゥーム・激情は勿論、ポストメタル・アンビエントまで飲み込み彼等にしか生み出せないグルーブを完成させてしまったのだ。暴虐極まりないサウンドスタイルでありながら、芸術性の高さも見事だし、誰も追いつく事の出来ない激情系ハードコアを今作で確立しているのだ。激情フリークは勿論だが、全てのハードコアフリークス必聴の一枚!

【Review】






The DarkThe Dark
(2010/11/08)
Third Eye Foundation

商品詳細を見る


The Dark/The Third Eye Foundation

Matt Elliot率いるブリストルの暗黒音響系ユニットの実に10年振りの2010年発表作品。ドラムンベースやダブステップのビートを基調にして描かれるのは徹底してダークであり耽美な美しさを持つ暗黒絵巻。重苦しいビートを基調にし、ストリングスの音色の美しさに酔いしれそうになるが、不協和音と暗黒のビートが反復し、聴き手を終わりの無い悪夢へと誘う1枚。麻薬の様な甘さは神経に到達する猛毒であるし、徹底して絶望を鳴らしているMatt Elliot節がこれでもかと炸裂している。

【Review】





403333_1.jpg

Terminal Stage of Decay/STARLINGRAID

ロシア人ボーカリストローマ率いるグノーシスコアバンドの1st。激情・カオティック・アンビエント・ポストロック・インダストリアル・ドゥームと本当に多岐に渡る音を飲み込み完全にオリジナルな歪みまくった激情系ハードコアを今作で展開している。狂気と陰鬱さを極めた末に完全に奇怪極まりないダークサイドのハードコアを鳴らし、解読不能の構成と展開を見せ付ける彼等の音は本当に識別不能であるし自らが自称するグノーシコアでしか無いのだ。今年はついに初ライブも敢行したし、これからの活動を追いかけるつもりだ。

【Review】






5ive5ive
(2002/11/26)
5ive

商品詳細を見る


5ive/5ive

マサチューセッツのスラッジデュオの1st。ギターとドラムのみの編成でありながら超重圧殺悶絶スラッジ地獄を描き出す超極悪な1枚。このギターリフは時空すら歪ませるだけの圧力があるし、聴き手の脳髄を粉砕しグチャグチャの粉微塵にする事は必至だ。終わり無く渦を巻く煙たさと音塊、全てを飲み込む濁流と振り落とされるスラッジハンマーと噴出する酩酊の煙が三位一体となった殺人音楽。その猛威にはただ震える事しか出来なかった。今年聴いたスラッジ系の中でも一番の傑作。

【Review】






We're Here Because We're HereWe're Here Because We're Here
(2011/06/07)
Anathema

商品詳細を見る


We're Here Because We're Here/Anathema

My Dying Bride、Paradise Lostと並びゴシックメタル御三家として名高いAnathemaの2010年発表の8枚目の作品。メタル要素こそ殆ど無いが、ゴシックらしい耽美さと天上の気高い旋律が神秘的であるし、眩いばかりの光を神々しく描く傑作だ。細胞レベルまで拘ったアレンジや美意識を通し、柔らかでありながらも確かな強さを持っているし、その壮大なスケールは本当に一つの神話の様であり、そのドラマティックさにも魅了される。メタルフリークスだけで無く、本当に多くの音楽ファンに受け入れられるべき作品だ。

【Review】






IIII
(2008/04/08)
Humanfly

商品詳細を見る


Ⅱ/Humanfly

イギリスのポストメタルバンドであるHumanflyの08年発表の作品。漆黒の雷鳴の様なサウンドスケープがまず圧巻であるし、全6曲60分という徹底した大作志向で描く暴風雨の様なポストメタルだ。初期Pelicanの様なスタイルを継承し、幾重にも重なり合う音が宇宙へと導いてくれるし、時空と次元の破滅と創造を描いたかの様な壮大なスケールにはただ平伏す事しか出来ない。冗談抜きにポストメタル史屈指の名盤であるし、煉獄から宇宙へと導く音にはやられてしまう事は間違い無いだろう。

【Review】






ヴァルハラヴァルハラ
(2009/09/02)
8TH WONDER

商品詳細を見る


ヴァルハラ/8th Wonder

東京を拠点に活動する3MCこと8th Wonderの09年発表の1stアルバム。disc2枚組全16曲という濃密な収録内容もそうだが長尺の楽曲も多くそ、詰め込まれた圧倒的な情報量にも脱帽。ハードコアとへビィメタルの影響を感じさせるトラックの格好良さにも痺れるし、シリアスな言葉の数々が言葉の洪水として押し寄せてくる。どこまでもへビィでどこまでもシリアスなヒップホップを体現している。決してちょっと聴いただけで全てを理解出来る様な作品じゃ無いけど、この言葉と音はこの先も不変の重みを持っているに違いない。

【Review】





上記の10枚以外にも今年は本当に多くの音に出会えた。例えリアルタイムじゃなくても良い音楽の価値は決して変わらないし、来年も今は知らない未知の音を多く知る事が出来るなら、それは本当に幸せな事だと思う。
スポンサーサイト
タグ : 年間BEST

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。