■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■セカイノマヒル/割礼

C0960376.jpg



 80年代初頭から現在に至るまで伝説的ロックバンドで終わるのを拒否するかの様にマイペースながらも精力的に活動する割礼の03年発表の5thアルバム。今作で正式にメンバーとしてクレジットされているのはVo&Gtの宍戸氏とDrの松橋氏のみだが、現在のメンバーもサポートで参加し、今作から現在の最強の布陣へと繋がっていたりする訳だが、今作はサイケデリックでありながらも、割礼の歌物ロックとしてのポップさやキャッチーさも出た作品となっている。



 個人的に割礼と言うバンドは極端に落としたテンポと宍戸氏の情念が織り成すサイケデリックさが核になっていると思っているのだけれども、それ以外は本当に何のギミックも無いスタンダードなロックを鳴らしているバンドであるし、今作はその情念と歌物ロックの要素が絶妙な配分になっているし、ヘビィではあるのだけれど割礼の音に初めて触れる人に入門編の1枚としてピッタリだと思う。第2曲「ぼくが、ほんとに」は本当に割礼ならではの削ぎ落とされたサウンドがズッシリと聴き手に響きながらも、その剥き出しのイノセンスが胸が震えてしまう1曲となっているが、80年代~90年代のリリースした作品や最新作の「星を見る」に比べたら本当にすんなりと入ってくる優しさがある。割礼はどの楽曲にも精神的な重さを感じさせながらも、それを飲み込んだ先にある優しさというのが存在するのだけれど、今作は本当にその優しさの部分が強く出ている。しかし第3曲「風船ガムのドジ」では重苦しさとインプロ的なアプローチをしかkりと取り入れ、割礼の魅力である重厚なサイケデリックな情念も聴かせてくれているし、第4曲「ハルメンの子守唄」の延々と鳴り響くファズサウンドと宍戸氏の耳にこびり付く唄とバイオリンの調べが織り成すオーケストラの様な楽曲になっており、従来の重苦しいサイケデリックな音も確かに存在している。それでも闇夜から少しずつ様々な色彩が見えてくる楽曲は確かに今までの割礼とは一味違ったアプローチだ。さねよしいさことデュエットし、優しい子守唄になっている第5曲「ソフティ」の淡く優しい調べも魅力的だし、最初期の名曲をより不可解なサイケデリックなまどろみへと変貌させた第7曲「ベッド」と本当に今までに無い位に多様な楽曲が並んでいるけど、それでも統率された極端にスロウなBPMが作品全体にブレを感じさせずにどこをどう切っても割礼と言うべき音に仕上げている。そして終盤の「世界の真昼」と「がけっぷちのモーテル」で見せる一つの夜の終わりと新たな日常の始まりを告げる様な妙なまどろみと開放を素直に鳴らし、聴き手に確かな温もりを与えてくれる。



 どの作品でも割礼の純度は決して変わりはしないのだけれども、今作では優しさというベクトルがより明確になっており、聴き手に少しばかりの残酷さと確かな温もりや温度を与えてくれる作品になっている。そして今作以降の割礼は最強の布陣となり、より残酷なサイケデリックロックを鳴らしていると考えると中々不思議な気持ちになったりもするが、それも割礼の確かな魅力であったりするのだ。



スポンサーサイト

■コメント

■Re: セカイノマヒル/割礼 [チュウインガム]

こんにちは。割礼素敵ですね。
このアルバムの1曲目のin toも極初期の曲なんですよね。昔見たことを思い出しました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル マスロック デスメタル カナダ スウェーデン スラッシュメタル モダンへビィネス ブラックメタル エクスペリメンタル ギターポップ エレクトロニカ イタリア ジャンクロック インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー ジェント オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン ポップス ミニマル フォーク ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ニューウェイブ ラーメン プログレッシブメタル ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル メタルコア ロシア フィンランド ハードロック ファストコア アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ポジパン ノイズコア シンガポール ダブ ヘビィロック パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー ゴシック メキシコ スイス ジャズ メタル ポーランド オルタナティブ ブルデス アシッドフォーク アイルランド インディーロック ウィッチハウス ヴィジュアル系 メロディックパンク ヘビィネス チェコ テクノ ドラムンベース デンマーク スクリーモ プリミティブブラック 年間ベスト クラストコア スコットランド USハードコア シンフォニックブラック アイスランド 声優 ハンガリー ボイスCD ソフトロック ニューウェイヴ 台湾 トルコ モダンクラシカル 韓国 ギリシャ ポルトガル カントリー フリージャズ トラッドフォーク イラン ファンク ガレージ ドリームポップ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。