■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Our dreams walking their way Chapter2/There Is A Light That Never Goes Out×Vanilla

thereis.jpg



 日本が誇る暴発型個人感情表現楽団であるゼアイズとフランスのエモーショナルバンドであるVanillaの02年発表の5曲入スプリット作品。ゼアイズが2曲、Vanillaが3曲提供しており、ゼアイズは今作が事実上最後の音源になっている。激情とエモがぶつかり合う濃密なスプリットになったが、両バンド共に違う手法で美しくも胸を掻き毟る音を鳴らしている作品だ。



 先攻はゼアイズだが、今作に収録されている2曲はどちらもとんでもない名曲になっている。どこまでも純粋な激情を鳴らした1stである「IE」から更に進化し、アンサンブルの緊張感の中で、頭が狂いそうな位に純粋な激情を鳴らしている。第1曲「枯れる」から彼等の進化は見えてくる。2本のクリーントーンのギターが美しく絡み合い、ディストーションサウンドをほぼ封印しながらもより繊細な音色とアンサンブルを作り上げる。不協和音が絡み合い、リズム隊の淡々としたビート、半ばポストロック的な手法を取りながらも、根本兄のハイトーンの絶唱はより磨きがかかり、クリーンな不協和音で作り上げるドラマがそこにはある。そして魚頭氏と根本兄の絶唱の掛け合いのパートは本当に胸を熱くする。歌詞は人間の生命を樹木に例えて歌う内容だが、歌詞以上に冷徹なアンサンブルの上にある不安と狂騒を加速させる旋律と生きる事にすがる魂の叫び、この「枯れる」という曲だけでもゼアイズが前人未到の領域に達してしまっているのが分かる筈だ。第2曲「非常事態」は更にクリーンな旋律を前面に押し出し、タイトかつ複雑に絡む楽器のアンサンブルが光り、その螺旋の中で根本兄と魚頭氏が叫ぶ叫ぶ!!直接的な爆音サウンドを封印した2曲だが、だからこそ鮮明になる旋律と共によりダイレクトになった叫びが胸を貫く。激情と美しいアンサンブルが絡み合い、真似なんか出来ない独自の方法論をゼアイズは確かに生み出していた。今作を最後に解散してしまったのが本当に惜しい位で、この路線でアルバム1枚出して欲しかったと心から思う。
 対するVanillaも負けてはいない。第3曲「Body Fever」にて真直ぐに前を見据えた旋律と歌がストレートに降り注ぐ良質なエモを鳴らし、Jawbox辺りを愛好する人の琴線に触れるエモ魂を見せ付けてくれる。第2曲「Heartbreak」ではメロウかつ流暢に流れるアルペジオが楽曲を引っ張り、持ち前の歌心を生かした楽曲は静けさの中の躍動とドラマを体現しているし、第3曲「Machine Man」では静と動を巧みに使い分けながら熱情をよりダイレクトに伝えてくる。不協和音を巧みに使い分け、転調と美しいクリーンな旋律を際立たせる楽曲構成と、それをバネにして放出されるサウンド、王道のエモーショナルサウンドではありながらも、懐の深い歌を聴かせ、美しい旋律が確かに心を奪う3曲が並んでおり、こちらもエモ好きには堪らない内容になっている。3曲共にアプローチは違うが、彼等の魂のサウンドは確かに息づいている。



 このスプリットはVanillaが素晴らしいエモーショナルサウンドを聴かせてはくれたが、やはりゼアイズの提供した2曲の存在感が凄まじい事になっている。まるで生命の消える瞬間や、最後の蝋を燃やしながら光と炎を作り出す蝋燭の様な激情を見せ付けたゼアイズが本当に別格過ぎた。しかし両バンド共に鳴らすのは生への渇望。今作に収録されている5曲は確かに聴き手の魂を燃え上がらせてくれるのは断言したい。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。