■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■デモ/おまわりさん

IND9400.jpg



 おまわりさんとはどこまでもふざけているとしか思えないバンド名だ。高円寺や新大久保を中心に活動する5人組であるおまわりさんの1stデモ音源が今作だが、そのふざけたバンド名を裏切りまくる暗黒のハードコアが6曲詰まっている。メンバーにエフェクターを駆使しノイズを放出するパートまでいるし、ダークな旋律をスラッジからアンビエントからハードコアまで混ぜまくり、漆黒のカタルシスとして鳴らしている。本当に何処にも属さないハードコアだ。



 渦巻くノイズの濁流からスラッジリフの煉獄、アンビエントなギターのアルペジオの不穏さから一気に暴発しハードコアパートへ。高域シャウトと低域デスを使い分け怒りや憎しみと言った負の感情を放出し、悲しみと憎しみのドス黒い音を叩き付ける。安易な救いなんか無いし徹底してダークサイドに堕ちきってしまったハードコアを彼等は鳴らしている。第1曲「膨張」からその破滅的ハードコアは展開、ノイズの黒煙からギターのハウリング音が鳴り響き、引き摺るドゥーミーなリフ、そのダークさを保ちながらクラストと激情が正面衝突するかの様なハードコアパートへ、そしてギターのアルペジオのみになるアンビエントパートから激重スラッジへ移行し、その殺気が曲名通りに膨張し爆発して終わる。4分45秒の中でここまで目まぐるしく先が全く読めない滅茶苦茶な楽曲構成を持っているだけで無く、異常な緊張感を常に保ち、喉元にダイナマイトを縛り付けられて、その導火線の火が自らの近づいてくるのを何も出来ず見てるだけみたいな感覚、冷や汗でダラダラになり、目ん玉はむき出しになって殺されてしまう感覚をこのバンドを聴いてると本当に味わえるのだ。ポストロック的アプローチからスラッジ地獄へと雪崩れ込む第2曲「スカラー波」の悲しき殺意の音色、第4曲「バカ社長」のカオティックかつハードコア色を強めた瞬発力に満ちた激情の事故現場とも言うべきサウンド。楽曲毎のアプローチも幅広くなっているが確かな統率感がある。徹底して赤黒く生々しいダークサイドハードコアを鳴らしつつ、それをより独自の解釈で打ち鳴らす。ZENI GEVA辺りのオリジナリティが彼等には確かに存在するし、ノイズを放出するパートが存在するからこそ、自らのサウンドを更に黒く塗り潰す。アンビエント×スラッジな大作である第5曲「ツギノシン」のいつ暴発するか分からない静謐さに焦らされた末に悪夢のスラッジコアに叩き潰される瞬間のカタルシスはただ単にダークサイドの音楽を食っただけでは絶対に生れない。それを生々しく放出しているからこそ生れる緊迫感。彼等の音を聴いているとそれに押し潰されそうになるし、否応無しに聴き手を自らの音と対峙させるだけの力があるからこそ、その緊張感を生み出せるのだ。本当にジャンクなサウンドだし、洗練なんか全くされていないからこそ彼等の音の破壊力は奈落の一番奥の奥まで見えてくる。



 暴発のカタルシスとしてのドキュメントであると同時に、闇を闇で塗りつぶす濁流のサウンドスケープ、ハードコアから漆黒を描くダークサイドの絶望。危険指数のボーダーを本当に軽々しく越えたサウンドは本当にオリジナリティ溢れているし、誰にも真似出来ない音をデモ音源の時点で既に完成させてしまっているのが本当に恐ろしい。心臓をピアノ線でギリギリ締め付けられた末に捻り潰される様なハードコア。その音は孤高を極めているからこそ必然として生まれたのだ。おまわりさん、このバンドはこれからも追いかけていくつもりだ。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■まとめtyaiました【デモ/おまわりさん】

 おまわりさんとはどこまでもふざけているとしか思えないバンド名だ。高円寺や新大久保を中心に活動する5人組であるおまわりさんの1stデモ音源が今作だが、そのふざけたバンド名を

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。