■Weighing Souls With Sand/The Angelic Process


Weighing Souls With SandWeighing Souls With Sand
(2007/05/15)
Angelic Process

商品詳細を見る




 轟音という言葉は様々な音楽に対して使われる言葉であるし、その轟音を持ち味にしているバンドやクリエイターは本当に数多く存在する。その中でキャッチーさを放棄し、SUNN O)))やNADJAの様な極限のエクスペリメンタルへと到達した猛者もいるが、その極限の超轟音をどこまでもキャッチーかつポップに、それでいて重く壮大に鳴らすユニットが存在する。ジュージア州の夫婦デュオであるThe Angelic Processは簡単に言ってしまえば本当にそんな音を鳴らす完全にオリジナルな轟音を鳴らしている。今作は彼等の07年発表の作品であり、圧倒的音圧から別の世界が見える1枚となっている。



 言うならば彼等の音は少し強引だがNadjaに近い物であると言える。しかしNadjaとは全く違う。長尺の楽曲こそ多目だが、それでも10分未満だし、5分台6分台の楽曲も平気で存在する。ドローンとかアンビエントの要素がありながらも明確な展開とストーリーも存在する。それでいて非常に神秘的で美しい旋律が轟音としてシューゲイジングしており、それらを圧倒的な重みと音圧で鳴らすのがこのユニットの凄い所だ。ビートはギターの超轟音は重苦しく鳴らされてるのに明確な旋律を強く体感させられるし、重いのに浮遊する音色と共に神秘的なボーカルがしっかり乗り、エクスペリメンタルの中で極限のキャッチーさと極限の重さを両立するという誰かやってそうで誰もやってなかった事を体現したというだけでこのユニットの凄みが分かると思う。今作で最長の第1曲「The Promise of Snakes」の時点で彼等ぼ凄さの深淵を嫌でも体感させられるし、美しい浮遊するアルペジオから重いビートが入り込み、気がついたら超絶轟音がスラッジさと揺らぎを同居させながら五感を更新し、それどころか持ってるかどうか怪しい第6感を余裕で覚醒させる別世界へと連れていかれる。そして特筆すべきは奈落の底の様な重苦しさを感じさせるのに、その深い闇を超えた先には眩い光が待ち構えている事だ。闇も光も受け入れ、超えた先にあるのは正に天上の美しい桃源郷であるし、地獄の堂々巡りの先にある救いだ。第2曲「Million Year Summer」も名曲で僅か4分足らずの短めの尺の中で眩いシューゲイジングする轟音から幕を開け、ドッシリしたリフとビートが緩やかに楽曲を引っ張りつつ、最後はあらゆる音という音が絶唱するという魂を燃やしつくす轟音の塊が全身を焼き尽くしている錯覚にすら陥ってしまう。それぞれの楽曲が確かな意味を持ち、作品全体で中弛みする要素は全く無い上に、それぞれの楽曲がメインを張れる勢いで完成度の高さを誇る。そしてメランコリックさ、浮遊感、重み、神秘性、闇、光、混沌、極限、轟音、超音圧、独自性、キャッチーさ、音楽のあらゆるプラスになる要因を詰め込むに詰め込みまくりながらも、出来上がったのはThe Angelic Processにしか生み出せない轟音世界。もうこれはNadja、Godspeed You! Black Emperor、This Will Destroy Youの様に孤高のオリジネイターの領域に辿り着いた表現だと断言する。



 ユニットは夫であるK.Angylusの右腕の病気により活動停止を余儀無くされ、彼は08年にこの世の人ではなくなってしまっている。そんな悲劇によって幕を閉じてしまったユニットではあるが、それでも彼等が残した音は絶対に不変だし、ここまでの表現を残したという意味で彼等の音は絶対に死ぬ事なんてない。今作に残された音は間違いなくエクスペリメンタルの究極系の一つだと思う。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ロック グラインドコア ハードコア プログレ マスロック インタビュー ポストブラックメタル ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ スラッシュメタル ブラックメタル モダンへビィネス エクスペリメンタル ギターポップ ジャンクロック イタリア エレクトロニカ インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ アコースティック スペイン ノルウェー パワーヴァイオレンス オーストラリア 年間BEST ジェント ポップス ミニマル フォーク モダンヘビィネス ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ニューウェイブ ラーメン ニュースクールハードコア ノイズ ゴシックメタル ハードロック ロシア メタルコア ファストコア フィンランド ヒップホップ 自殺系ブラックメタル トリップホップ アブストラクト 駄盤珍盤紹介 ゴシックドゥーム オランダ ノイズコア クラウトロック ダブ ヘビィロック シンガポール ゴシック パンク ダブステップ ノーウェイブ ラトビア ミクスチャー ブルデス スイス アシッドフォーク ヴィジュアル系 インディーロック オルタナティブ ウィッチハウス ヘビィネス ジャズ ポーランド デンマーク アイルランド メキシコ ドラムンベース チェコ メタル ポジパン メロディックパンク テクノ シンフォニックブラック ガレージ トルコ アイスランド プリミティブブラック 韓国 スクリーモ ソフトロック クラストコア USハードコア スコットランド イラン モダンクラシカル 声優 カントリー トラッドフォーク ボイスCD ファンク ポルトガル フリージャズ 台湾 年間ベスト ギリシャ ドリームポップ ハンガリー 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター