■絶塔/Z


絶塔(ゼットウ)絶塔(ゼットウ)
(2012/08/15)
Z(ゼット)

商品詳細を見る




 国内激情系ハードコアの最果ての最果てはこの音だった。There Is A Light Never Goes Outで国内激情の礎を作り上げ、Zになってからは形に全く囚われない異質のハードコアを鳴らし続けて来た猛者、解散宣言によって最終作となった2012年リリースの今作は正に根本潤と魚頭圭が作り出した最後の音でありながら、極限という極限に至った作品であると言える、ドラムが根本歩からskillkills、cryptcityの弘中聡になり、LOSTAGEの五味拓人、cryptcityのセブ・ロバーツ、ex.灰汁のセノオGEEがゲストとして参加し、鬼才と猛者が全てを出し切った作品になった。



 まずドラムが変わった事によってビートが本当に強靭になった。歩氏はパーカシッブなドラムでフリーキーさを放出していたが、弘中氏のドラムはタイトかつ重い、そして魚頭氏のギターはリズム面を変わらず引率しながらも、練り込まれた音作りの深みと、切れ味を極限まで高め、ソリッドで重いフレーズを繰り出している。そして潤氏のサックスはZ史上最も解き放たれ、フリーキーに予測不能の不協和音を奏で、ボーカルもこれまでに無い位に狂気が高まっている。第1曲「ベロ」はそんなZの変貌が本当に色濃く出ている。ざらつきヘビィなギターリフが安定感と同時に斬る感触と叩き付ける感触を同時に発揮し、弘中氏のドラムと絶妙にシンクロし、複雑なビートを、よりダイナミックに拡散している。1stのドープさとも、2ndの音楽的レンジの広さとも違う、ダイナミックなハードコアの暴力を、誰も体現しなかった形で生み出し、Zの持っていた難解さの中の自由度の高さが分かり易い形で表に出ているし、カオティックハードコアの理論を無視した、独自のカオティックハードコアを展開し、極端に変わる展開や、幾重に重ねられ研ぎ澄まされた音が迫ってくる。潤氏のボーカルがとにかくキレまくっており、終盤では言語化不可能な叫びがカオティックな展開と共に雪崩れ込み、行き先不明の狂気が耳を貫き、脳髄の奥の奥まで覚醒させていく。第2曲「ほっくメキ」は1stの様なフリージャズ要素の強い楽曲になっているが、完全にグルーブ面の進化が目に見えるし、ドープさを出しつつも、ダイレクトなビートの暴力を感じるし、反復する魚頭氏のカオティックなギターフレーズと、怒涛のドラムを叩く弘中氏の共存具合もそうだし、終盤でガラリとテンションを変え、ポリリズムを更に分解したギターフレーズが狂気乱舞しているではないか!第3曲「NEWわけを煮る」は長尺の楽曲が多いZではかなり異質な3分未満の楽曲であり、ポストパンクの独自解釈と反復と分解と構築を繰り返す様はまるでBossston Cruizing Maniaの様でもあるが、それに加えて、その反復すらブッた切るし、その濃密さは何も変わらない。第4曲「DONUTSの罠」はソリッドなギターリフが狂騒の行進をストイックに繰り出し、ゲストとして参加している五味拓人氏のギターが、魚頭氏のギターのソリッドさを生かしながらも、難解なZの楽曲にダイレクトなポストハードコアを感じさせるフレーズをブチ込んでいる。今作で最も分かり易く、かつタイトさを攻撃性として発揮している。第5曲「全員OUT」ではcryptcityのセブ・ロバーツがゲストで参加しているが、セブと魚頭氏の2本のギターがアンビエント色の強いフレーズを調和させ、不穏であり、沈み行く感覚を生み出し、そこに潤氏のサックスが入り、ドープな紫色の世界を展開、その音を広げ膨張させ、混沌をエネルギーにした殺意と憎悪渦巻く暗黒の精神世界へ道連れになり、最後に潤氏が「全員OUT」と無慈悲な死刑宣告をする。第6曲「霊吹」はなんと2分13秒のZ史上最短であり、潤氏のサックスがメインの1曲、フリーキーなプレイを見せ、反復するサックスの音がただ無造作に響くという根本潤流の阿部薫的な1曲。第7曲「まぁなんて新しい 今があったはずなのに 怠惰な日々」は完全にZの新境地だ、セノオGEEのラップを前面的にフューチャーし、人力でドープなトラックを作り出し、THA BLUE HARBを愛聴している魚頭氏がここまでヒップホップに接近しているのも驚きだが、リズムとビートに対してどこまでもストイックである魚頭氏ならではの物だし、今作で一番ビートの強靭さが出ている。そして不意に入ってくる潤氏のサックスと共にセノオGEEのラップはテンションを上げ、中盤になると完全にヒップホップになり、ブレイクで叩き付ける魚頭氏のギターが大胆に人体を真っ二つにし、終盤になると潤氏のボーカルも入り込み混沌としたツインボーカルを見せ、それまでタイトだった魚頭氏のギターと弘中氏のドラムは、それをズタズタに切り刻みながらも冷徹なギロチンとして既に細切れ所じゃない聴き手をこれでもかと切り刻み、粒にしてしまう。そんな混沌と狂騒が終わり無く続いた果てにある最終曲「蛇鉄」は2ndにも収録されている1曲であるが、ポリリズムの反復を極めたこの楽曲を再録した意味は大きい。ビートに対してストイックさを極める魚頭氏が弘中氏と新たにこの曲をプレイした事によって、Z史上最も強靭かつ複雑なビートを残酷に鳴らす。極限状態を極め、そしてZの最終作は幕を閉じる。



 よりダイナミックに、よりフリーキーに、よりドープに、より強靭に、Zの持っているありとあらゆる武器を最強クラスにまで鍛え上げたからこそ生まれた最後の塔が今作であり、スカイツリーなんかよりも圧倒的な存在感を放つ終末と極限の世界の象徴として聳え立つ悪夢の塔を彼等を長い時間をかけて築いたのだ。長年に渡る根本潤と魚頭圭のどこにも属さない孤高の激情系ハードコアは、こうして最終進化系を形にした。だからこそZは完全なる終わりを迎えるのだろう。SWIPEというバンドから始まった一つのハードコアはThere Is A Light That Never Goes Outで伝説を作り、そしてZで前人未到の世界へと足を踏み入れ、そしてその最果てに立ち尽くし君臨したのだ。ここまでの作品が生まれた事も驚きだが、今作は間違い無く国内ハードコア史のに名を残すべき異形の果てを見てしまった男たちが作り出した激情の一つの到達点だ。是非聴いて欲しい、そして活動を完全に終了するその前にZのライブに足を運んで欲しい。2012年に生まれるべくして生まれた超絶名盤だZ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター