■All We Love We Leave Behind/Converge


All We Love We Leave BehindAll We Love We Leave Behind
(2012/10/12)
Converge

商品詳細を見る




 最早カオティックハードコアの世界で完全に孤高の帝王となってしまっているConvergeであるが、今作は2012年リリースの彼等の実に8枚目となる最新作。前作にて粗暴なハードコアへと回帰しながらも、自らの持つスケールもアップデートしてカオティック云々すら置き去りにした完全孤高の領域に突入したが、今作でも彼等の進化は止まっていない。カオティックハードコアの礎を作りながらも、それを自らで破壊するConvergeというバンドは唯一無二である事を今作でまた証明してしまっている。



 粗暴なハードコアに回帰した前作の流れは確かに汲んでいるし、今作も直情的なハードコアばかりが並んでいるし、それらは相変わらず一撃必殺の破壊力を持っているが、まず今作での大きな変化は自らの持ち味であるカオティックさをよりダイナミックかつ分かり易い形でアウトプットしている事だ。シンガロング出来そうなパートも絶妙に盛り込みつつ、よりキャッチーにすらなっているのだ。Convergeといえば不協和音と変則的な楽曲が織り成す混沌であるけど、今作はよりメロディの部分も際立たせている印象を受けているし、そのキャッチーさを持ちながらもあくまでもブルータルに暴走しまくる激震サウンドが容赦無く押し寄せてくる。キャッチーな要素の比重が増えたからと言って、決して安易なポップ化をしている訳ではないし、持ち前のカオティックさを極限まで研ぎ澄ませたからこそ生まれた余裕ですらあると思う。リードトラックにもなっている第1曲「Aimless Arrow」から伺えるのは確実なる進化であるし、もう多くのバンドが模倣しまくってダダ滑りしまくってたConverge節としか言えない、カオティックなタッピングの嵐で幕を開けながらも、ハードコアの即効性と同時に不協和音が織り成す妙なメロウさと、それらが化学反応を起こして生まれる美しさが相乗効果を起こしてConvergeにしか生み出せないハードコアを圧倒的力量で展開されている。そして最後は怒涛の混沌へと雪崩れ込む辺りがもう完璧だし、その中で掛け合いのボーカルを盛り込んだりするキャッチーさも地味にあるのがまた良い。より直接的にカオティック&ファストなサウンドが展開されてる第2曲「Trespasses」でもサビではシンガロング必至なボーカルを惜しみなく入れて来ているし、所々でストーナー色を感じさせるギターフレーズを盛り込み、ハードコアであると同時にロックな格好良さも見せてくるからズルい!!サウンドプロダクトの方も今までに無いレベルでそれぞれの音の輪郭が明確になっているし、カオティックを明確なハードコアとしての形で打ち出しているからこそのプリミティブな破壊力に今作は満ちている。そんな中でも第7曲「A Glacial Pace」みたいな深遠な重みから激重のサウンドを繰り出し、不穏の美しさから一撃粉砕の音塊を叩き落している楽曲もあるし、第10曲「Coral Blue」では奈落の底に差し込む光の様な気高い風景すら見えてしまいそうな音を見せ付けてもいる。しかし説教臭さは全く無く、決して冗長の尺にしたりはしないで、常にどこかである種のキャッチーさを保ち続けてもいるのだ。そして第13曲「All We Love We Leave Behind」のConvergeが常に持ち続けておる美しき混沌が咲き乱れ、最終曲「Predatory Glow」でカオティックスラッジ地獄をお見舞いし、美しく破滅的な混沌のハードコア絵巻を美しく終える。



 前作にてConvergeは第2の絶頂期を迎えたが、今作は更にその先を進み、より進化した作品としてカオティックハードコアの孤高の帝王が常に無敵であり続ける貫禄の作品に仕上がったと思う。時代を築きながらも、そこに満足しないで進化する事を決して止めない精神が彼等にはあると思っているし、だからこそConvergeは00年代の代表的バンドというポジションに甘んじる事無く、2012年現在も常に先を行く孤独なる覇者として君臨しているのだ。進化し続ける事=ハードコアである、それはConvergeが今作で見事に証明しているのだ。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター