■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■from ten to nine presents「2:00pm」(2012年12月9日)@野方Studio Zot

 ミニマルな空気の中でDCポストハードコアの不穏さを継承したfrom ten to nineというバンドがいて、今年の八月に彼等のライブを初めて観てから、彼等のサウンドが好きになった人間なのだけれども、今回そんな彼等が野方のStuidio Zotにてスタジオライブを企画。福島からReddTempleも呼び寄せ、日曜の昼の野方の地下室が完全にワシントンDCになってしまっていたライブイベントに今回足を運んだ限りだ。今の日本のライブハウスシーンはDCサウンドを継承する素晴らしいバンドが多いが、それを象徴するかの様に今回のイベントもそんな4バンドが集結したのであった。



・from ten to nine

 一発目はまさかの主催のfrom ten to nineのアクト。3ピースの最小限のスタイルで、ミニマルさによる不協和音の反復。静謐さとタイトさの両方の面から叩き出す不穏のビートと、フレーズの反復を繰り返すギター、少ない音数なのに歪んだ残響音がやたらと耳に残るベースが、燃え上がりそうで燃え上がらない微熱の熱量を生み出し、その微熱に頭がおかしくなってしまいそうになった瞬間にここぞとばかりにバーストするサウンドの奇妙な陶酔感。DCハードコアの空気を思いっきり吸い込みながら生み出す不穏な鋭利さには何度も刺されたし、本当に不穏さを生み出すポストハードコアとして彼等は凄いバンドだと改めて痛感した。本当にもっと多くの人に知れ渡って欲しい。



・Tied Knots

 続いてはハードコアバンドのメンバー達が集結して結成されたTied Knots。先ほどのfrom ten to nineとは打って変わって、ハードコアから90sエモへと繋がるエモーショナルハードコアバンド。まだ結成されたばかりでライブ経験もそこまで無いバンドにも関わらず既に一つのスタイルを完成させており、メンバーは暴れ歌い叫びながら全身全霊で男臭い激泣きエモーショナルサウンドを放出。無骨なバンドのアンサンブルとメロウなエモーショナルサウンドが三位一体となって攻めてくるし、非常に歌が際立った楽曲構成も良し。観ていて本当に胸が熱くなるバンドであった。早く音源をリリースして欲しい!



・case arc

 トリ前は八王子の若手ポストハードコアバンドであるcase arc。もう本当に正統派なDC、サンディエゴのポストハードコアを継承し、Hot Snake辺りを思い起こさせるドライビンさが本当に魅力的。変則的なキメを盛り込み、鋭利でジャキジャキのギターリフに命を掛けていると思える鋭角フレーズの応酬が本当に大きな武器になっているし、DC周辺のクールな鉄の感触がする空気をライブでも見事に体現。今回のイベントに相応しい鋭角ポストハードコアで大いに盛り上がらせてくれた。



・ReddTemple

 そしてトリは福島からの刺客ReddTemple。DCサウンドとニューウェーブとSlint辺りの空気を融和させ、80年代のNo Waveな空気も持っているし、とにかくジャンクで刺さるバンド。1曲の尺も短いショートカットな楽曲の中で不気味な旋律が反復し、極限まで削ぎ落としたサウンドは空白すら不気味に聞こえさせるし、不穏さの中で観る人の肉体にも有効活用し、体を揺らさせ、ダンサブルさの中で分断され分解され構築されていくアンサンブル。そのフレーズ一つ一つが最小限の中で組み合わさりながら、不気味なバランスで揺らぎを生み出していた30分間。本当に陶酔の時間を堪能した。



 スタジオライブっていうのもあったし、出演バンドもそうだし、この日の昼の野方は確実にワシントンDCへと変貌していた、今回の企画はfrom ten to nine以外はライブを観るのが初めてではあったけど、僕たちが憧れるDCの空気にただ懐古するのではなくて、その空気を思い切り吸い込みリスペクトしているからこそ、それを現代の音として生み出すバンドが集結していたし、日本のライブハウスシーンの一つの面白さが目に見えたイベントになったと個人的に思ったりした。
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。