■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■100ANTENNA(2013年3月9日)@鶯谷WHAT'S UP

 今回は羊数える企画の方に足を運ばせて頂いたので、簡単にですけどレポを書かせて頂きます。鶯谷WHAT'S UPというハコには初めて行ったけど、まず鶯谷が本当にラブホしか無くて、おいおいこんな場所にライブハウスあるのかよ!?って鶯谷に着いた時に思ったりしたが、無事にWHAT'S UPを発見。ハコ自体は本当に小さくて、アンプも家庭用みたいな感じ。何よりステージとフロアの境界が全く無い。そんな場所で今回の地下集会が行われた。



・MiDDLE

 先ずはMiDDLEのアクトから。ギターボーカルの人がDrive Like JehuのTシャツを着ていた事から確信したけど、もう完全に古き良きサンディエゴな爆裂ポストハードコアサウンド!爆音で激走するドライヴィンなリフの応酬だけでも滅茶苦茶格好良いのだけれでも、それに加えてメンバー三人全員がボーカルを取り、絶唱の掛け合いで更にバーストしまくる!とにかく絶妙なキメとリフで攻めに攻めて、ノンストップで爆走するポストハードコアサウンドは一発目からテンションをブチ上げてくれた!正統派サンディエゴ直系ポストハードコアの底力と爆発力をライブだからこそ体現し、それで刺しに刺しまくる音!ナイス!!

DSC_0624.jpg



・TIED KNOTS

 お次は昨年末のfrom ten to nine企画以来に見るTIED KNOTS。前回見た時はハードコアから90sからエモティブなサウンドを聴かせている印象だったけど、今回のライブではまた印象が変わって、もっと歌の部分に接近した印象を受けた。ハードコア上がりな男臭さはしっかり健在ではあるけど、もっと楽曲に透明感が加わっていた様にも見えるし、とにかく泣きのクリアなアルペジオのフレーズと無骨なギターフレーズが絶妙に絡むのは反則だろって思ってしまった。とにかく無骨でストレートな泣きの旋律に更に磨きがかかっていたと思うし、よりドラマティックなサウンドを聴かせるバンドになったと思う。近々レコーディングらしいので、完成した音源も非常に楽しみになるライブだった!

DSC_0628.jpg



・quizkid

 続いてはquizkid。ギターはなんと200mphのハヤシ氏というのも驚きだが、このバンドとにかく渋かった!!簡単に言うと歌物のエモなんだけれど、とにかく3ピースのシンプルなアンサンブルの中で静かに燃え上がる熱量が凄い!各楽器の音は強い主張を特別にしてる訳では無いのに、それが絶妙に絡み合う瞬間に焦燥と哀愁が一気に美しい旋律と共に涙腺を刺激しまくる。特にハヤシ氏のギターワークが本当に秀逸で、エモ・ポストハードコアの流れを汲み、その絶妙な歪みと揺らぎが生み出す哀愁が本当に堪らない。またボーカルが本当に良いバンドで、少し枯れた感じの渋さしかないクリーントーンの歌が、このバンドの持つエモーショナルさを更に加速させているし、とにかく胸に響きまくる。エモとはドラマティックである事であり、このバンドは静かな流れの中で一つの物語を楽曲の中で作り上げるバンドであり、それはもう魂を十分に震え上がらせる。今回のライブの間違いなくベストアクトだったし、本当に良いライブだった。

DSC_0629.jpg



・羊数える

 そしてラストは主催の羊数える。ディスコーダントかつドライヴィンなサウンドを聴かせる3ピースであり、なおかつカオティックに暴走する音塊はバンド名に反してかなり極悪。3ピースでありながら、全ての音をバキバキに歪ませ、ハイトーンで叫びまくりジャンクで崩壊寸前のまま暴走する。しかし楽曲自体はかなりの構成力と爆発力を見せる物で、そういった叡智をジャンクなサウンドで叩きつけるからこそ爆走のポストハードコアになっているのだと思うし、あらゆるバックグランドを感じさせながらも、それを自らの物にしてる感じもあった。この日一番の暴走をライブで見せつけ、企画主としてしっかり企画を締めくくってくれた!最高に格好良かったけど、音源買い忘れてしまったのが残念だ。またライブを見たいと思ったし、ライブだからこそ彼等のサウンドは本当に映えるなと思った。

DSC_0634.jpg



 今回は4バンド中3バンドが初見だったけど、ディスコーダントな音を聴かせてくれたMiDDLEと羊数えるという2バンドと個人的に幸福な出会いを果たせたし、TIED KNOTSは更に歌とエモさに磨きがかかっていたし、何よりもquizkidが本当に良いライブを見せてくれた。結構お酒飲んだりもしたし、ライブ終演後は出演者や他のお客さんとも楽しくお話もさせて頂きました。土曜の夜に良いバンドのライブとお酒という素敵な時間と空間で楽しい時間を過ごさせて頂いたのです。
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。