■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■NoLA presents "天"(2013年8月24日)@新大久保Earthdom

 stereo typeの活動限界ワンマンGIGからハシゴをする形で吉祥寺から新大久保に移動し、約七ヶ月振りのNoLAの自主企画に足を運ばせて頂いた。毎回毎回強烈な面子を迎えて行われているNoLA企画だが、今回はANOTHER DIMENSION、wombscape、ZENANDS GOTS、小手という今回も強烈極まりないバンドを迎えている。メタルからハードコアからポストロックまでボーダーレスな面子を迎えているのはNoLA企画では毎回の事だし、毎回それぞれのバンドが強烈なライブを見せてくれているのだが、今回の企画も見事にそんな夜になった。



・ANOTHER DIMENSION

 一発目はこの日が初ライブとなるANOTHER DIMENSION。このバンドなのだがTERROR SQUADの宇田川氏がボーカルを務めており、他のメンバーもSEI WITH MASTER OF RAMや鉄槌のメンバーという最強の布陣で結成された自称メロデスバンドである。そんな物だから初ライブにも関わらず観る物を上げに上げるパフォーマンスだったりとか、安定感と貫禄を見せる演奏だったりとか、初ライブらしさはまるで無いし、ベテランの猛者の実力を十分に感じさせてくれた。音楽性は自称メロデスだけど、非常にストレートなメタリックハードコアであり、男らしくブルータルに刻むリフの行進と、猪突猛進なビートが繰り出すサウンドは本当に良い意味でモロだったし、そのストレートさがまた格好良い。自称メロデスらしく、ギターソロのパートは一気にメロディアスでクサいフレーズを繰り出したりするある意味でのお茶目さもあったりしつつ、とにかくハードコアの猛者達が繰り出すサウンドは本当に男らしく惚れた。



・wombscape

 先日の自主企画で圧倒的過ぎるライブを見せてくれた暗黒の芸術的音楽集団wombscape。流石に今回は前回観た自主企画の時に比べてしまうと少しだけ見劣りしてしまうアクトだったが(今回のライブも凄かったけど、自主企画の時のアクトがあまりにも凄すぎたので、まあ多少はね。)、観る物を異次元へと導くライブアクトは相変わらずだし、その音楽性だけで無く、ステージングでも引き込むwombscapeのライブは相変わらず健在だった。今回のライブは実質2曲のアクトではあったけれども、カオティックハードコアという枠組みでは最早語りつくせない異形さ、狂気を暴発させるパートでは熾烈さを極めに極めた音が無慈悲に降り注ぎ、アンビエントを飲み込んだ静謐なパートでは緊張感が生み出すおぞましさ。そして最後の最後は不協和音の轟音が全てを塗りつぶすという展開。毎回ライブを観る度に思うのは、彼等は音楽と言う表現で、煉獄を描くアート集団でもあるし、バンドとしても本当に異形であるという事だ。今回も持ち前の世界を十分に見せ付けてくれたと思う。



・ZENANDS GOTS

 そんなwombscapeに続く形でZENANDS GOTS。今回も安定の熾烈さと格好良さを見せてくれたライブだったけど、爆音揃いのこの面子の中でも特に爆音なバンドで、本当にギターボーカルとドラムだけで構成されているバンドとはとても思えない圧倒的音圧。相変わらずの超ファストな楽曲の中にあらゆるエクスペリメンタル要素を凝縮したサウンド。特に今回のライブはドラムの一発一発の音の重みだったり破壊力が凄かったと個人的に思うし、ドゥーミーでありながらファストでカオティックなサウンドで嵐の様に過ぎ去るライブは今回もやはり抜群の物だった。



・小手

 そんなエクスペリメンタルな空気を完全に変えてしまったのが小手だ。ボーカル以外が狐と天狗のお面を付けて、ドラム以外は作務衣という出で立ち。そしてセッティングが終わり、ライブが始まるが、完全なる静寂の中でメンバーが仁王立ちしている様はとんでもない緊張感に溢れ、そこからライブは始まったが、このバンドは本当に何処にも属さないし、属せないバンドだと改めて思った。ポストロックを基調にしたアンサンブルは決して音数は多くないのに、その音の重みが確かにあるし、変化していく旋律が生み出す確かな熱量。分かりやすい轟音パートがある訳でも無いのに、異様にドラマティックに展開されている楽曲。研ぎ澄まされたバンドとしてのサウンドはもう一つの完成系になっているとすら思うし、何よりも本当にストレートに葛藤や苦しみや悲しみをポエトリーリーディングで歌い上げるボーカル。まるで説教する法師の様でもありながら、個人的感情の語り部でもあり、相変わらず心に染み渡るアクトを見せてくれた。このバンドも本当に唯一無二である。



・NoLA

 そして本日の主役であるNoLAのアクト。このバンドは本当に観る度に自らを更新するライブを展開しており、初めて彼等のライブを観た昨年八月のNoLA企画の時ですら壮絶極まりないライブをしていたのに、一年前より更に凄まじいライブをする様になってしまっているし、このバンドは本当に何処まで全てを置き去りにして駆け抜けてしまうのかと思うのだけれども、今回のライブでもまた自らを更新するアクトを見せてくれた。今回は新曲多目のセットだったが、ド頭からのスラッジさを全開にした持ち前の漆黒の濁流を更に際立たせ、それをよりブルータルに放出する新曲からもう何だこれはってなってしまったし、これまでの楽曲も更に熾烈さを極めていたと思う。ボーカルの建氏は相変わらずのっけからフロアに飛び出して客にモッシュを仕掛けまくり、のた打ち回りながら憎悪と狂気をボーカルで放出。ギターとドラムは更に音に重みが加わっていたし、NoLAの持ち味である徹底した漆黒の重さから、速さと遅さを自在に行き来して、それをエクストリームミュージックに仕立て上げると言う武器を更に強固にしていた。勿論、彼等のライブの持ち味である貫禄と狂気と神々しさが正面衝突した現実離れした悪夢のような音塊はもう天井知らずだし、今回披露された新曲郡を聴いて、今後リリースされるであろう新作に対する期待もかなり高まった。本当にこのバンドは漆黒の先の先にある地獄の最下層を目指しているとしか思えないし、まだまだとんでもない物を見せてくれる事を確信した。異形の若武者の進撃はまだまだ止まらない!!



 今回のNoLA企画も全バンドが強烈過ぎる音を放出していたし、企画主のNoLAがまた素晴らしいライブを見せてくれた。日本のエクストリームミュージックの新たな可能性を見せてくれるという意味でNoLA企画は毎回スペシャルだと僕は思うのだけれども、まだまだこんな物じゃない感を僕は感じるし、今回素晴らしいライブを見せてくれた猛者達の躍進を心から願う。今回もまた素晴らしい悪夢の夜だった!!
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。