■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■kamomekamome インストアライブ(2013年9月8日)@disk union下北沢店

IMG_5199.jpg



 kamomekamomeが傑作である最新作「BEDSIDE DONORS」をリリースし、今回はそれを記念したインストアライブで、disk union下北沢店と柏店で「BEDSIDE DONORS」を購入すると、インストアライブの入場券が先着で配布されるという物。kamomekamomeのライブはもうライブと言う名の暴動で、3年前のdisk union吉祥寺店でのインストアライブも行ったのだが、その時もこのバンドがレコードショップでライブをやってはいけないだろってレベルの盛り上がりと暴動とも言えるモッシュが大量発生したが、今回のインストアをもうそれを越える熱気とボルテージを感じさせる物だった。会場前は店の外で長い行列が出来上がり、本当に多くの人々に愛されるバンドになったなって感慨深くなったりもした。そしてほぼ定刻通り開場し、スタッフから簡単な注意事項の説明があり、21時10分頃に暴動のインストアは幕を開けた。



 そしてメンバーの5人が登場しのっけからテンションは最高潮!向氏の「吉祥寺の悪夢を再び!」という宣言から新たなる最強の1曲目「ナイーブ レターズ」にてキックオフ。カオティックかつ直情的かつエモーショナルに全てを薙ぎ払うこの曲でのっけからモッシュ!ダイバー!!というとてもレコード屋内のインストアライブとは思えない光景が広がる。客とカモメメンバーの距離も超至近距離なのもあって、向氏がいきなり客にモッシュをしかけたり、とにかく煽りに煽りまくり、それに客も全力で応える。向氏と中瀬氏のツインボーカルの絶唱に負けない勢いで客の大半も絶唱と言うもう既にとんでもない熱量とカタルシスが生まれていた。続く「例え言葉は冷静に」ではそのボルテージが更におかしい事になっていたし、本当にとんでもない熱量をバンドは勿論だけど、客側も生み出しており、そこにあったのは理想的までに危険でハッピーな暴動だった。
 MCでは向氏は今回のインストアを企画したdisk unionへの感謝と、来てくれた客への感謝の言葉を真摯に伝えており、バンド側にとっても本当に楽しいイベントだったのだと思う。「劇団ノーサンキュー」でヴァイオレンスさよりも際立つエモーショナルな激情を叩きつけ、「頭の中お大事に」にて再び暴動へと火蓋を切って落とす。今回リリースされた新作にて、カモメは本当に最強のハードコアバンドになったと思うし、本当に人を狂わせるライブを展開する様になたっと思う。インストアイベントって事もあって、正直に言うと今回のライブは音響とかそういった面は決して良いとは言えなかったけど(そればかりは流石に仕方ない)、本当にそんな事はどうでも良いのだ。どんなに音響面が悪いとしても、彼等が放つパッションとヴァイブスとボルテージは半端じゃないのだから。
 終盤は「瞬く街」で力強く羽ばたいていく激情を生み出し一つの感動的情景を生み出してから、本編では唯一旧譜からの楽曲であるカモメの最強の1曲の一つである「化け直し」で四つ打ちのビートと共にカオティックなカタルシスを生み出す。そしてハイライトは最後にプレイされた「手を振る人」ふぁったと思う。新作のラストを飾るカモメ屈指の激情とドラマティックさを誇る新たな名曲だが、シンガロングパートでは客が本当に力強く絶唱をしており、バンド側のガチで繰り出す演奏と絶唱に、客側も全力で応える光景は本当に美しい光景だったし、僕も最善で全力でシンガロングパートで絶唱していた。特に最後の最後の絶唱の嵐は本当に涙が出る位に美しかったよ。
 そして当然の様にアンコールを求める手拍子が始まり、メンバーが登場し、特別に1曲だけ披露された前作の最強の1曲目「エクスキューズミー」でこの日一番の暴動が発生!!サークルモッシュにクラウドサーフにダイブと本当に店が明日には営業不可能になるんじゃねえかって勢いだったし、終いには天井から吊るされている案内板が落ちると言う事態にまでなっていた。そして最後の最後に写真の様に向氏が落ちた案内板を高々と掲げて暴動のインストアライブは終わった。



セットリスト

1.ナイーブ レターズ
2.例え言葉は冷静に
3.劇団ノーサンキュー
4.頭の中お大事に
5.瞬く街
6.化け直し
7.手を振る人

en.エクスキューズミー



 カモメは年内は新木場コーストでのライブを除くと都内でのライブは無く、年内は新作を引っさげて全国ツアーに入る。ますますカモメの猛威は全国に広がっていくだろうし、新作はオリコン初登場60位という数字を叩き出していたりもする(たまたま知ったのだが、本当に驚いた)。ますます彼等のハードコアが多くの人々を虜にしていくと思うし、正に最強のバンドとして柏から世界に羽ばたいていくのだ。今回のインストアライブは何度もエモーショナルになる瞬間があったし、本当に心に残る物だった。kamomekamomeよ、さあ行け!!!!!!!
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。