fc2ブログ

■Out Of Sight​,​Out Of Mind​.​EP/stereo type

a2136419968_10.jpg



 先日、活動限界ワンマンを終えて一先ずはその活動に幕を閉じてしまった三島のポストロック・マスロックバンドであるstereo typeの最後の音源である2曲入EP。今作はタワーレコードとHMVで10月頭から販売される予定の作品だが、僕が足を運んだstereo typeの活動限界GIGで先行販売されていたのを購入したので、一足先に紹介させて頂く。また各種ディストロでも既に販売されていたりもする



 今作は2曲入の作品だが、stereo typeの持っていた熱量やら鋭利さやら美しさがこれまでのどの作品よりも際立っているし、何よりも屈指の完成度を誇る2曲が収録されている。持ち前のサウンドを更に進化させた2曲を聴くと、改めて活動限界を迎えてしまったのが残念だ。彼等のサウンドは絶妙にエモーショナルな熱量、クリーンであるのに何処か歪んだサウンド、各楽器のスリリングなぶつかり合いによって飛び散る火花、時にエヴァーグリーンで美しいフレーズを聴かせ、時にマスロックの性急かつテクニカルなアプローチの乱打。それらの彼等の魅力がこれほどまでに無い位に凝縮されていながら、更にドラマティックな展開を見せる様になって、インストであるからこそ生み出すギター・ベース・ドラムだけの三つで圧倒的な音数と情報量を孕ませ、最後の最後に不穏に熱量を加速させるフレーズの乱打が咲き乱れる「さよならを教えて」を聴くと、本当にこのバンドはまだまだ行けたと思う。
 もう1曲の「大言壮語も吐いて去ろう」もラスト音源にも関わらず彼等の新たな境地を見せている楽曲で、これまでのどの楽曲よりも音が素直で直情的な熱を孕んでいるし、最後の最後でディストーションギターのが爆音で本当に感情を揺さぶる旋律を開花させる瞬間とか本当に堪らない。これまでの彼等は確かなエモーショナルさを持っていたバンドではあったけど、それを絶対零度の鋭利さや残酷さを通過させて鳴らしていたし、だからこそ、ここまで素直な音を彼等が鳴らしたのは驚きだし、それは今作が最後の音源だからなのかもしれない。本当に今作にあるのは、stereo typeの確かな軌跡と、最後の最後にまた進化したサウンドだし、だからこそ本当に活動限界は勿体無いと心から思う。



 stereo typpeというバンドは終わりを迎えてしまったが(あくまでも解散でも活動休止でも無く、活動限界と言う体ではあるけれども)、最後に残した今作に収録されている2曲は彼等の確かな軌跡であり、その集大成だ。だからこそ、もし彼等が再び新たな音を鳴らす時は、改めて全力で追いかけて行きたいと僕は思う。
スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドイツ ドローン ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ インタビュー ポストブラックメタル ポストパンク マスロック デスメタル カナダ スウェーデン ブラックメタル スラッシュメタル モダンへビィネス ギターポップ エクスペリメンタル イタリア ジャンクロック エレクトロニカ インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ オーストラリア 年間BEST ノルウェー ジェント アコースティック パワーヴァイオレンス スペイン フォーク ミニマル ニューウェイブ ポップス ラーメン プログレッシブメタル ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ゴシックメタル ロシア ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア ハードロック フィンランド アブストラクト トリップホップ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 自殺系ブラックメタル ヒップホップ オランダ ポジパン ダブ クラウトロック パンク ノイズコア ノーウェイブ シンガポール ダブステップ ゴシック ラトビア ミクスチャー デンマーク メキシコ ドラムンベース テクノ アシッドフォーク インディーロック ヴィジュアル系 メタル スイス チェコ ヘビィネス ブルデス ウィッチハウス メロディックパンク オルタナティブ アイルランド ポーランド ジャズ フリージャズ アイスランド シンフォニックブラック カントリー USハードコア スコットランド トルコ ギリシャ イラン ポルトガル モダンクラシカル 韓国 ボイスCD トラッドフォーク ファンク クラストコア スクリーモ 年間ベスト ニューウェイヴ レゲエ ヘビィロック プリミティブブラック ハンガリー 台湾 ソフトロック 声優 ドリームポップ ガレージ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター