■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Everyday I Get Closer To The Light From Which I Came/Jesu


EVERYDAY I GET CLOSER TO THE LIGHT FROM WHICH I CAME (エヴリディ・アイ・ゲット・クローサー・トゥ・ザ・ライト・フロム・ホウィッチ・アイ・ケイム: +bonus disc)EVERYDAY I GET CLOSER TO THE LIGHT FROM WHICH I CAME (エヴリディ・アイ・ゲット・クローサー・トゥ・ザ・ライト・フロム・ホウィッチ・アイ・ケイム: +bonus disc)
(2013/09/25)
JESU (イェスー)

商品詳細を見る




 昨年はGodfleshにて来日を果たし、もう本当に多岐に渡りすぎる位に数多くのユニットで作品をリリースし続ける鬼才ジャスティンのメインプロジェクトであるJesuの約2年振りの新作であるが、もう安定のJesu印のサウンドが展開されているし、それだけじゃ無く、Jesu史上最も優しく体温を感じさせる音の数々、本当に至福の瞬間に溢れた作品であり、ヘビィネスとシューゲイズするサウンドの融合だとか云々を超えた、至福で至高の傑作だ。



 今作はJesuの中では実験的要素はかなり薄く、惜しみなくJesu印のヘビィさも轟音も越えた、優しく甘い旋律が全てを包み込む幽玄なる世界が展開された作品であり、第1曲「Homesick」のヘビィネスから緩やかに広がる白銀のリフと、オーガニックなフレーズが確かな化学反応を起こした瞬間に、全身を包み込む優しい郷愁の音、もうこれ以上に無い位にJesuでありながら、これまで以上に楽曲の完成度も高くなったと個人的には思う。数多くの多岐に渡る音を生み出し、このJesuでも多くの実験作を生み出したりもしていたけど、ここに来て本当に正統派に甘くノスタルジックな天へと昇る作品を作り上げた喜びを本当に感じる。第2曲「Comforter」もノスタルジーを感じさせる音色でオーガニックなフレーズを反復させ、厚みを持ちながらも、白銀のホワイトサウンドとして視界を包み込むリフ、時にヘビィなリフの応酬のパートがありながらも、そんなパートでも感じさせるのは熾烈さではなく神々しさだし、その音は変わらずに美しい。
 第3曲「Everyday I Get Closer To The Light From Which I Came」はもう安定と信頼のJesuが更に際立っている。メランコリックさが輝くフレーズと、ジャスティンの相変わらずヘタウマな魅力を持つクリーントーンのボーカル、静謐かつ厳かなサウンドプロダクト、確かな余韻を感じさせるアウトロと本当にジャスティンの美意識と、柔らかな熱量を感じさせてくれる。そして17分にも及ぶ第4曲「The Great Leveller」はもうジャスティンの美意識が最高レベルに炸裂した今作のハイライトだ。ストリングスとピアノが織り成すハーモニーの美しさ、徐々に熱量を高める楽園の音色、それを打ち破る様に繰り出されるスラッジなギターリフの応酬に驚くけど、雷鳴と嵐のサウンドの先に広がるのは更なる楽園であり、今作で唯一熾烈さも感じさせながら、その先にある楽園へと導き、ドラマティックに創生の物語を描くスケール感は圧倒的だ。そして最終曲「Grey Is The Colour」にて煌きのサウンドが揺らぎと安らぎと神々しさを聴き手に感じさせて幕を閉じる。



 これまで以上に真っ当なまでにJesu印のサウンドを展開している作品だから実験性とかそうゆう目新しさはあまりないけど、揺らぎと安らぎと至福さに満ちたサウンドスケープは過去最高の水準に達していると思う。重厚なヘビィネスから生み出される神々しい白銀の世界はもう全くブレてないし、それに加えて、よりノスタルジックな感覚と優しい温もりを音で本当に高水準で生み出した作品だ。堂々とjesuしている作品であり、これまでの作品の中でも屈指の傑作の一つに入るだろう完成度を持っている。この至福の音色はJesuにしか生み出せない唯一無二の物だと思う。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。