■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■東高円寺 of the DEAD-死者の呪い-(2014年1月11日)@東高円寺二万電圧

 僕の2014年のライブ初めはのっけから地獄だった。東高円寺を拠点に活動するノイズスラッジバンドであるSithterの企画である今回、企画名通り本当に死者の夜になったと思う。マグダラ呪念、SELF DECONSTRUCTION、ANATOMIA、DISGUNDERという怨念も死も混沌も速さも遅さも重さも勢ぞろいなとんでもない4バンドを迎えての企画だったが、最初から最後まで本当にあらゆる異次元が生み出され、観た者全てを屍にしてしまうであろう猟奇的な宴だったと思う。新年早々とんでもないライブに行ってしまったぜ。



・マグダラ呪念

 ほぼオンタイムでメンバーがサウンドチェックを始め、邪悪なる夜はいきなりマグダラから始まった。去年の暮れにAlbiorix Requiemのアラバスター鬽坐理氏を新ドラマーとして迎えた2人編成になってたらしく、たった2人で生み出すドゥームメタルバンドになっているけど、それがもうたった2人で生み出しているとは思えない音圧がと重低音がのっけから炸裂していた。アルバム2枚は聴いていたけど、ライブは観るのが初めてでもあったけど、音源よりも余裕でおぞましさは全開。ひたすら遅く重いドゥームリフとタメを最大限まで使った推進力を放棄したドラム、単に重いだけでは無くて、日本のドロドロとした情念を音階として生かし、更に魔子嬢の月に一回股から血を吐き出す女性と言う性だからこそ生み出せる怨念のボーカル。構成される音自体はシンプルなのに、徹底して残響音と余白によるグルーブを更に凶悪で邪悪な方向へと生かし、日本人による怨念のドゥームメタルが炸裂。赤のみで照らされるメンバー2人の姿も地獄からの使い魔の様でもあり、音だけで無くステージングでも魅せる。しかし時にはストーナー色の強いパートも繰り出し、一気にBPMが速くなる瞬間は確かなカタルシスが存在し、そして必然的にサイケデリックでもある。真っ当なドゥームメタルの手法を見せてくる辺りも流石だった。約40分近くに及ぶステージで二万電圧は早速死者の渦巻く奈落へと変貌した。

IMG_3582.jpg



・SELF DECONSTRUCTION

 お次は各所で話題を呼んでいるセルコンのライブだったが、本当の本当にあっという間だった!!ライブの時間は15分も無かったんじゃねえか?ノンストップで繰り出されるカオティックグラインド、ブラストビートとカオティックに繰り出されるギターは最早熾烈で強烈な光速の音塊、そして暴れ回り叫ぶ男女ツインボーカルの応酬も本当にノンストップ。単なるグラインドじゃなくて、速さに混沌をブチ込んだのがセルコンだと僕は思うけど、ライブでは完全に破壊の方向に振り切り、グラインドとかカオティックをブチ壊して構築した音を、外側への破壊へと切り替えて、禍々しい破壊神と化す。しかもそれを光速で繰り出し、ショートカットチューンの乱打によって観る者は理解すら困難になり、ただその狂騒に身を任せるだけになってしまう。速さと混沌のエクストリームの相乗効果が生み出すブレーキなんて最初から存在なんてしなかった暴走戦車としてセルコンのライブは凄まじいインパクトを僕に残した。いやーなんちゅうバンドだ。

IMG_2961.jpg



・ANATOMIA

 そして国産デスメタルの重鎮によるデスドゥームの極北ことANATOMIAのライブ。音源の方はかなり愛聴していたし、今回ライブを観るのが凄く楽しみだったバンドの一つなんだけど、そのライブが音源を遥かに凌駕する凶悪なライブで本当にド肝を抜かれた。いきなり不気味なキーボードの音からライブは始まり、そして腐りきったギターのリフが鳴らされた瞬間、二万にいた全ての人々はもう内臓から腐り落ちていく感覚すら味わったんじゃねえか。ロウな音質の音源の方も凄い出来が良いけど、ライブでは人々に皮膚を爛れさせ、腐らせる死の匂いだけではなく、デスドゥームバンドとしての破壊力も加わり、セルコンで殺された先に追い討ちをかける様に更に死体を腐らせる儀式としてのデスドゥームは熾烈さは勿論だけど、本当に地獄の音と呼ぶに相応しい物だった。地の底の底から吐き出される様な呻き声のボーカルと、おぞましさと禍々しさに極端に振り切ったリフは重さとか遅さとかいう概念すら越えて、ただ本当に不気味。30分間間違いなく地獄の奥底に沈みきってしまった世界が広がっていたし、それは最早神々しさすら感じた位だ。ANATOMIAというバンド、本当に別格で凄いバンドだと思う。

IMG_9554.jpg



・DISGUNDER

 地獄の後は速さを極めたグラインドコアカーニバルや!!昨年アルバムをリリースしたex.324、RAPES、Less Haze、coltar of the deepers、GO-ZENのメンバーが集結した女性ボーカルグラインドことDISGUNDERのライブは正に狂乱の天国だった。このバンドに関して言えばもうグラインドの枠組みを越えているとしか思えない。グラインドコアの暴力性にブルータルさもスラッシュさもロックな格好良さもクラストな感覚も全て掻っ攫ったから生まれるエクストリームな最高にブチ上がるグラインドはライブでも最高にガツンとブチかましてくれた!単にエクストリームなだけじゃなくて、メタルやハードコアの格好良さを純度そのままにクロスオーバーさせ、ボーカルのアンナ嬢のキュートでもあり初期衝動全開な叫びがまた格好良い。本当に野郎臭い楽器隊の男性陣もガンガンコーラスしまくっているし、ハードコアとメタルの正面衝突地点にグラインドも激突してしまったみたいなライブはキャッチーさとエクストリームさを持ちながら、ただ単純に拳を突き上げたくなる熱さが存在していたと思う。2本のギターはリフもソロも見事に必殺だし、怒涛のビートは脳髄のヤバイ液体出まくりな光速グラインドであり、メタリック&クラストな格好良さ!!これをライブで堂々とやってしまうからもう堪らない、こちらも本当にあっという間の天国だったし、最高に魂が燃えたぜ!!

IMG_2935.jpg



・Sithter

 そして主催の東高円寺ノイズスラッジことSithter。ここまでの4バンドみんな凄まじいライブをそれぞれしていたけど、もうSithterはこの日の全てを完全に掻っ攫って行った。Sithterのライブ自体は観るのが初めてではあったけど、本当に負の轟音が常に空間を埋め尽くす漆黒の地獄。2本のギターが極端に重いだけで無く、音量も音圧も凄まじい歪みに歪みまくってノイズと化したスラッジリフを繰り出し、遅すぎるビートと共に二万を一瞬で血で染め上げる。ハードコアを通過し、それを更にグチャグチャにしたスラッジの轟音は本当に身の全てが沈んで行く感覚を覚え、同時にサイケデリックでもあるし、また違う感覚すら覚える。まるで臨死体験みたいな音をとんでもない爆音で鳴らし、例え鼓膜がブチ壊れてしまっても抜け出せなくなる感覚。本当に間近でそれを感じた。1曲が終わって元ベーシストのChie嬢が登場し、のっけからマイクスタンドを倒してボーカルとして参加。Chie嬢のボーカルもまた殺気ばかりが蠢いていたし、狂気を一身に浴びながら、まるで取り憑かれた様に呪詛を吐き出していく。時間が経過する毎に殺意が充満していくし、本当にこの音に何回も何回も殺されているかすら分からなくなってしまう。数曲Chie嬢が参加して、再び4人になってからは一気に肉体の破壊の限りを尽くすハードコアを通過しながら粉々にする曲が2曲プレイ。本当に言葉に出来ない位の窒息と死の快楽を音で放ち、そこに永遠に閉じ込められそうな、いやもう閉じ込められたままで良いという誤った認識すらしてしまいそうになるライブだったし、腐臭や呪詛や混沌すら生温い、死の先にある世界が正に広がっていた。ライブが終わり暫くギターのハウリングノイズが鳴っている瞬間も、まだその死の先からは戻れなかったし、いざ戻ってみてもSithterの音は完全に脳に残りきっていた。

IMG_4077.jpg

IMG_8168.jpg



 新年早々に2014年を死で壊しつくす様な夜だったと思うし、間違いなくこの日の二万は負の怨念だとか悪霊がうじゃうじゃ蠢いていたし、集まった観客はそれに惹かれた魑魅魍魎だったんじゃないかと思う。国内エクストリームミュージックを全方位で体感出来ると言う意味でも良いイベントだったと思うし、何よりもSithterが全てを持っていく凄まじい臨死体験をライブで繰り広げていた。地獄の底の底が、東高円寺に確かに存在していたんだ。
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。