■The eyes of single eared prophet/Envy


The eyes of single eared prophetThe eyes of single eared prophet
(2000/07/18)
envy

商品詳細を見る




 7EPである「最後の証明の瞳」に未発表曲2曲を収録してCD化されたのが今作である。しかしながら単なる企画盤的なEPでは全く無い。僅か5曲の収録曲でありながら、激情系のシーンを作り上げてきたEvnyというバンドが最も激しく、最も痛々しく、最もブチ切れてると言っても過言では無い傑作だ。Envyが生み出した大名盤「君の靴と未来」同様にEnvyを語る上では絶対に外せない作品だと思う。それほどまでにこの作品に収録されている5曲は大きな存在感を持っている。



 第1曲「Echo regenerates」メロディアスでありながらも、ダークな緊張感を持ったハードコアで攻めまくっている。僅か3分にも満たない尺でありながらも、とんでもなく痛々しい感情をドラマティックに鳴らしている。第3曲「Awaken eyes」なんかは静謐なアルペジオから一気に轟音バーストの悲痛な音に変貌を遂げ、終盤で一気に加速していき、悲しみと美しさが交差していく様なんか神秘的ですらある。第4曲「Testimony to the existence」は現在のEnvyにも通じるであろう、光すら見えてくる神々しい1曲だ。1分半の尺であそこまでドラマティックで美しい曲を鳴らす事が出来るのはEnvyが形だけでは無い、本当の意味での激情を奏でているバンドだからだと思う。



 Envy史上最も激情系ハードコアの部分が出ている作品であり、とんでもない濃度で痛々しい悲しみを激情として鳴らした作品でもある。後のEnvyの作品にも通じる箇所も幾つもあり、かなり重要な作品だと僕は思ってる。それ以上に単純にEnvyの激情系ハードコアとしての力の強さを思い知らせるには十分過ぎる作品だ。EPでありながら重要作品、爆音で聴いて感情のまま叫べ!



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター