■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ANTIKNOCK GIG -SPRING SPECIAL-(2014年4月28日)@新宿ANTIKNOCK

 GWに世間が突入した中で開催されたアンチノック主催の今回のイベントであるが、本当にジャンルを越えた組み合わせのかなり面白いイベントになった。国産djent最右翼のArise in stabilityと叙情系ハードコアのwithin the last wish、ヘビィロックから新たな「ポスト」を生み出す怪物THE CREATOR OF、シューゲイザーとエモの融合を超えた感情のオーケストラことCurve、歌謡ヘビィロックのSEI WITH MASTER OF RAMという本当にこんな組み合わせのライブは滅多に無いだろっていう面子がGW初頭の新宿を揺らした夜。その一部始終をここに。



・Arise in stability

 まさかまさかで二日連続でライブを観る事になったAISのライブからイベントはスタート。結論から言うと前日のナインスパイスの時のライブよりも更に良いライブをしていたし、今回は新曲中心のセットだったらしいけど、新曲がdjentという枠組みをAISが超えようとしているのを感じさせる楽曲で、ツインギターの変拍子駆使の変態的な刻みの応酬と、刺青仙人な六弦ベーシストであるヒロシさんのもうギター弾け!!って言いたくなるタッピングの応酬と、グルーブとメロディを司る変態バカテクベースは勿論健在だけど、新曲がこれまでのプログレッシブで複雑なサウンドを更に拡大しながら、よりメロディアスさも感じさせる物だったし、激情的な要素を盛り込んでいるのも良かったのだ。過去の楽曲も説得力があったし、連日のライブ漬けな日々から進化を手にしたのをこの日のライブでは感じた。単なるdjentバンドじゃ終わらないぜっていう意気込みを感じさせるステージだったし、新ギタリストが加入したこれからが楽しみになるライブだった。



・Within the last wish

 地味にライブを是非とも観たいとずっと思っていたWithinのライブだけど、このバンドは本当に良い意味で青臭い激情を本当にストレートに放つバンドだったよ。メタリックなサウンドの応酬で余計なギミックなんて全然必要無いぜと言わんばかりに迫り来るサウンドは純粋にハードコアとして格好良いけど、このバンドはあざとい位にメロディアスさを前面に押し出した楽曲が魅力的だし、パワフルなライブを展開していたのもそうだけど、そんなライブを展開しながら同時に心に突き刺さる繊細さが堪らなかった。 真摯なMC同様に本当に真直ぐな青きハードコアの説得力は強く感じたし、全身全霊で繰り出されるライブに心を打たれたのは言うまでも無い事実だ。この青き激情のハードコアの力はとんでもないエネルギーに満ちていたし、多くの人の心に突き刺さった筈だ。



・THE CREATOR OF

 今回特に目当てだったTCOのライブだけど、渾身のレコ発ワンマン2本を終えてからのTCOの更なる凄みと言う物を実感させるライブだったと思う。もうバンド全体がかなり脂に乗っているし、新作リリースとレコ発で完全に現体制のTCOで一つの進化を達成していたけど、それを更に超えるライブを早くも魅せてしまったのだ。今回のライブはかなり爆音の音の洪水が渦巻く強大な得体の知れなさをバンドから感じたし、バンドのグルーブとアンサンブルは更に強固な物になっていたと思う。セットは全曲インストの楽曲であったけど、このバンドの安易にポストロックという枠組みで語れない異様さが非常に際立っていたと思う。トリプルギターの複雑なアンサンブルでドラマティックに展開される楽曲も、もう屈指のグルーブを手にした坂本&佐川のリズム隊の強さもそうだけど、緻密さと強さの両方を完全に手にしてしまっているからこそ、その先を行くサウンドへと辿り着いたのだろうし、音源のその緻密さを聴かせるサウンドとは違って、爆音でうねる轟音とグルーブによる破壊と創造のサウンドが目の前に広がっていたし、曲が終わる度に「ヤベエ…」って言葉を出してしまうお客さんも複数いた。最後の「Acoustic」の渦巻く混沌の濁流は非現実が目の前に存在し、安易に括られる事を全否定するサウンドに圧倒。早くも次の進化へと突入したTCOは今回もアンチノックをその神秘的な轟音で支配したのだ。




・Curve

 TCOの凄まじすぎるライブの後は一転してCurveのライブだったんだけど、久々にライブを観たCurveもベクトルこそは違うけど、TCO同様に全てを圧倒する感情の洪水を生み出したのだ。今回のライブでプレイしたのはたったの2曲だったけど、先ず最初にプレイした「Dawn Promised」にて静謐さからエモーショナルさが爆発する新たな夜明けを体現していて、その時点で既に引き込まれてしまったのだけど、。本当に凄かったのはその後にプレイした近日1曲入りの新音源としてリリースされる新曲だった。実に20分にも及ぶ大作であると同時に、Curve史上最高の大名曲だったのだ。一昨年リリースした終わりを全否定する希望の轟音オーケストラこと「Till The End」以降のCurveのサウンドであり、これまでのCurveを遥かに越える大名曲だ。終わりを全否定した先の眩い希望を感じさせるこの曲は非常にドラマティックでありながら、同時に凄いベタな言い方をしてしまうと最初から最後までクライマックスしか存在しない楽曲だし、より力強くなったバンドサウンドの強さ、更に磨き上げられたメロディセンス、そして渦巻く轟音が生み出す眩い光、それらが全て詰まった曲だし、Curveというバンドの到達点であり、最高の名曲だったのだ。その穢れを洗い流し、新たな希望を手にした名曲でCurveというバンドは唯一無二の存在になったし、もう何も言うことは無くなってしまった。最高だよ!!



・SEI WITH MASTER OF RAM

 トリはマシリトの印藤氏率いるSEI WITH MASTER OF RAM。このバンドだけ今回予備知識が全く無い状態で観たのだけど、正に歌謡ヘビィロックと呼ぶに相応しい音だったと思う。割とスタンダードなヘビィロックの流れにあるサウンドな筈なんだけど、良い意味で感じさせる異物感は印藤氏の情念溢れるボーカルが成せる技だと思うし、演歌ロックの領域に達しているサウンドでありながら、ヘビィロックのダイナミックさも感じさせるサウンド、古い日本語ロックやフォークにも通じるサウンドは、どこか昔の日本語ロックバンドやサイケのバンドが持っていた居場所の無さを強く感じるし、まるで怨歌の様でもあるし、本当に一回ライブを観ただけじゃこのバンドの全容は掴めやしなかったよ。印象的だったのは最後にプレイした楽曲で、完全に歌物の楽曲だったのだけど、情念と荒涼とした感覚と、言いようの無さに奥底にある普遍性には心惹かれる物が確かにあった。



 そん訳で個性豊かな5バンドによるイベントだったのだけど、ライブハウス主催のイベントでありながら濃密で面白いイベントだったと思うし、こうしたジャンルを越えた異種格闘技戦なライブイベントは個人的に遊びに行って本当に面白いし、一つのジャンルで固まらないで、個性豊かなバンドがぶつかるイベントは独自の磁場も生まれる。GWの始めに良いイベントに行けて良かったです。
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。