■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■我が意の夜明け/sekien

a2894201941_2.jpg sekienCDEP.jpg



 精力的にライブを展開し、各地でその名を広げている、兵庫県超姫路のネオクラストバンドであるsekienの2014年リリースの待望の1st EP!!7インチ(上のジャケット画像の左)はイギリスのImminent Destruction Recordsだが、プレスの関係でリリースが遅れた為、先にCD(上のジャケット画像の右)の方で先にリリースされていたりする。全4曲入りで、今作を聴けばsekienがどうして姫路から全国に名を広げていけたのかを理解出来る筈だ。



 しかしとうとう日本でもここまでネオクラストなバンドが登場したのかという驚きが多い。サウンドの機軸はTRAGEDY辺りのネオクラストの影響を感じたりするけど、彼等は先人を模倣するだけの真似事に全力で唾を吐き捨て、その音を自らの手で発展させる事に成功している。先人へのリスペクトを感じながらも、それを進化させる精神は本質的に「ネオ」だし、その歌詞も含めて紛れも無い「本物」のクラストコアだし、何よりもとんでもねえエネルギーが詰まっている。
 個人的に同じ神戸のSWARRRMの名盤「偽救世主共」の冒頭がふとよぎるイントロのアコギのギターのフレーズが先ずかなり印象的な第1曲「踉蹌」からsekienというバンドが間違いなく選ばれたバンドである事を実感するだろう。メロディアスで泣きに泣きまくりなギターリフが最高にメロディアスなのに、悲哀と痛みを表現し、エモティブさを全速で叩き出すドラムとドライブするベース、音質は結構ロウだけど、それはsekienの魅力をより明確にしているし、ベースボーカルのジョージさんのありったけに怒りを吐き出すボーカル、何よりもバンドの音全体が持つディストピアな空気、シンガロングパートもガンガン取り込み「ラララライライラーララライライ」なんて言語感覚すら放棄したコーラスまで飛び出し、ヘイトに満ち溢れていながら、聴いていると必然的に拳を握りしめてしまう音。そうだ、これは紛れも無く怒りのクラストコアだ。冒頭からクライマックスだと言わんばかりに泣きのギターと疾走するビートとグルーブが炸裂する第2曲「夜明け」は今作の中でも特に強烈な一撃で、ジョージ氏の「糞ったれ!!」って叫びも含めて、何よりも「俺達の夜明けまで!!」と怒りに身を震わせながらも、その手に希望を渇望する、混沌としたエナジー、そうだよ!!これこそがハードコアパンクの持つエネルギーだし、ネオクラスト云々以前に、ハードコアとして最高じゃねえか!!
 不穏に轟くベースラインと美しいギターから始まり、雷鳴のディストーションサウンドが炸裂し、引きと押しを巧みに使いこなしながらその熱量を高めて強大なるビッグバンを起こす第3曲「開闢」、今作で一番正統派クラストらしいサウンドでありながらも、ディストピアな空気を持ちながら地鳴りみてえな音で煉獄すら激震させ、しかしキャッチーな要素もあったりするし、中盤の泣きのギターから最後は「ラーライラーライ、ラーラライライライ!!」の激アツシンガロングからの、激アツギターソロで大団円な流れも秀逸だ。



 今作に収録されている楽曲だけでもかなり魅力的だけど、彼等がライブで披露している今作に収録されていない楽曲もまた良いし、何よりも怒涛のライブを展開する彼等のライブの凄みは音源では100%は伝わらない。それだけ彼等のライブは強烈どころか激烈だし、生々しいエネルギーをドス黒くブチ撒けるライブにこそsekienの本質はあるし、先日初めてsekienのライブを拝見させて頂いたが、本当に「ヤベェ」以外の言葉が出なかった。しかし音源も十分にエネルギーに満ちた作品だし、是非とも今作を聴いてsekienのライブに足を運んで欲しい。本当にこれからもっと凄いバンドになると思う。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。