■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Old Departures, New Beginnings/Trainwreck


Old Departures, New BeginningsOld Departures, New Beginnings
(2014/04/27)
Trainwreck

商品詳細を見る




 ジャーマン激情の最高峰の名を欲しいままにするEngrave、Eaves時代からジャーマン激情の歴史を作り上げて来たTrainwreckの2014年リリースの最新作品にして本当に久々のフルアルバム。活動の歴史の長さに反してリリースした作品こそ多くは無いけど、その一つ一つのリリースがとんでもない名盤しか無かったけど、ここに来て本当に集大成であり、最新の進化の結晶をドロップして来た。Trainwreckの手によって2014年の激情系ハードコアの決定打と言える作品が生み出されてしまったのだ。



 今作は本当に久々のフルアルバム形式の作品だけど、Trainwreckのこれまで、そしてこれからが詰まった作品だと言える。長きに渡って活動を続けるバンドの素晴らしい作品って自ら積み重ねた過去と、その先の未来を感じさせる作品が多いと思うんだけど、今作も例外無くそんな作品だし、Trainwreckがこれまで積み重ねたサウンドと、その先の新たな地平の両方がある正にバンドの最高傑作と言える作品だ。前作のEPではTrainwreckの持ち味だった熾烈なるハードコアサウンドを更に鍛え上げてより凶悪になったサウンドを叩き付けて来たが、今作はこれまで通りの熾烈さを持ちながらもバンドとしてより音の幅を広げて洗練させている。
 せわしないギターストロークのフェードインから始まりこれぞTrainwreckと言うべき瞬発力と爆発力溢れるサウンドがのっけから展開される第1曲「Time Erases Everything」からバンドの進化と変化はかなり感じ取れる、サウンド自体は性急でありながらも、これまでと違い美麗のメロディのアルペジオを取り入れているし、感情の暴発とクラストテイスト溢れる猪突猛進な音の横断といった直情的で肉感的な音は相変わらず最高過ぎるけど、ダークな熾烈さよりも、シャープかつソリッドに研ぎ澄ました音の洗練された美しさはこれまでのTrainwreckには無かった要素だし、バンドとしてのタフネスはそのままに、より芸術的な美意識を感じる音になったのは本当に大きいし、何よりも音の全てがクリアに突き抜けている。かといってそんな楽曲だけで攻めている訳では無くて第2曲「Summarized Existence」はクラスティの暴走するジャーマン激情らしさとTrainwreckらしさ全開の暴力的混沌の爆発が展開されているし、そんな曲もより強く美しい肉体美を見せてくれている。ミドルテンポで音塊を岩石投げしまくる第3曲「Splitting The Seams」も痺れる格好良さ。
 そんな進化を感じさせる曲が並ぶ中で第4曲「Old Departures」や第9曲「New Beginnings」のギターのみで郷愁の美麗な旋律を響かせるインストの小品2曲はこれまでのTrainwreckじゃ絶対に無かった曲だし、フルアルバムだからこその作品全体で一つの激情の物語を描く今作だからこそ、そういった曲は随所で作品の完成度を高めている点も見逃せないし、第4曲の余韻を受け継ぐアンビエントなイントロからエモーショナルな泣きのメロディが炸裂する美と激の対比が見事すぎる第5曲「Apnea」は心を掻き毟る熱さに溢れていて最高!!ダークなネオクラスト的激情を化け物じみたテンションとソリッドに刺しまくる激烈曲である第6曲「Heartless」、そしてあざとい位にドラマティックなエンディングを飾る最終曲「I Will Show You Fear In A Handful Of Dust」と作品全体で音の幅の増幅と洗練を感じさせながらも、よりドラマティックに突き刺すサウンドを手にした今のTrainwreckはもう無敵って訳だ!!



 これまでの作品に比べたらレコーディング的な面での熾烈さは少しだけ後退はしているかもしれないけど、バンドの演奏やテンションといった点での熾烈さはよりハイボルテージになっているし、アグレッシブに暴れまくるサウンドこそ普遍だが、よりメロディのドラマティックなエモーショナルさや美しさという点は大きく進化を遂げているし、これこそみんなが待ち望んでいた激情系ハードコアだろ!!今作を聴いていると激情系ハードコアはまだまだオワコンになんかなっちゃいねえし、まだまだ進化と発展の可能性は十分にあると思うし、Trainwreckというジャーマン激情の歴史と共に歩んできたバンドがこうして最新作で最高の作品を生み出してくれた。限界なんてこんな物じゃねえ!!そう高らかに宣言している様にも思うし、この熱さは紛れも無く本物だ。激情系ハードコアはまだまだ行ける!!



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス オルタナティブロック サイケ フランス アンビエント ネオクラスト ストーナー ドイツ ドローン シューゲイザー ロック ハードコア プログレ ギターロック グラインドコア ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル スラッシュメタル イタリア エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン 年間BEST オーストラリア ノルウェー ジェント アコースティック モダンヘビィネス プログレッシブメタル ポップス ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル ニューウェイブ ラーメン ゴシックメタル ロシア ファストコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア メタルコア パワーヴァイオレンス フィンランド 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ オランダ トリップホップ アブストラクト 自殺系ブラックメタル ゴシックドゥーム ヘビィロック ミクスチャー ラトビア ダブ クラウトロック シンガポール ノーウェイブ ノイズコア ゴシック パンク ダブステップ メロディックパンク テクノ インディーロック チェコ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。