■DEAD ROSE 2014(2014年7月6日)@新宿NINE SPICE&新宿HILL VALLEY STUDIO

 TILL YOUR DEATH RECORDSとSUPER CYNICALと夜道レコードの共同主催による正に異種格闘技なライブサーキットイベントであり、ナインスパイスとHILL VALLEYのスタジオ2部屋使ったフェス形式の今回のイベントだが、金沢のThe Donorとグラインドコアの若武者OxGxDとのアルバムのリリースパーティでもあるという非常に目出度いイベントなんだけど、僕が普段聴かない様なバンドも多く出演し、ボーダーレスながらも非常に濃いライブサーキットになったと思う。そんな感じでスタートから全力で楽しませて頂いたが、割とイベント中盤ライブ観ないで酒飲んでたりとかしてバンド自体はそこまで多く観て無かったりもするし、割とグダグダとしてたりするんだけど、そんなグダグダな時間もあるのもこうしたライブサーキットならではな事なんでそこは勘弁してくれ。そんな感じで自分が観た限りのライブレポを簡潔に。



・功

 まだHILL VALLEYの方がオープンして無かったので、一先ずナインスパイスの方へ。そしていざフロアに入ったらステージ上には金色のラメの衣装で腹を思いっきり出している中年男性が!!完全に「!?」って感じになってしまった功のライブ。どうやらこのバンドのボーカルの人はゲイらしく、ゲイの視点から女の子の恋する乙女心を歌うというバンドなんだけど、のっけから色々とインパクト凄かった。J-POPとハードコアパンクとメタルとがごっちゃになった音楽性で古き良き懐かしいJ-POPと割と今時なラウドロック要素とかメタルとか色々ブチ込んだみたいな音楽性も凄いキャッチーだし、色物バンドなんだけど、バンドとしての下地が凄いしっかりしているから音楽的完成度は凄い高いし、普通に演奏上手いし、ゲイの中年男性はガテラルからハイトーンまで使いこなすボーカルだし、しかもめっちゃ上手いし、単なるゲイじゃねえ!!しかもMCはやたらと笑わせてくるし、ライブ中に客の男性にキスを迫るし、途中ELTのカバーとかしちゃってるし、予備知識無く観たからインパクト凄かったけど、単純にライブ観ててめっちゃ楽しかったっす。



・jungles!!!

 そのままナインスパイスでRED BACTERIA VACUUMのメンバーも在籍するjungles!!!のライブを。知人がお勧めしていたので、何気なしにライブを観にたんだけど、これがもう最高のガールズガレージパンクだったんだ、ツインギターの爆音のリフは普遍性溢れていながら凄く格好良いし、メンバー全員ボーカルするスタイルだったりとか、美味しい所でしっかりギターソロかましてくる感じとか、もっと言うとガールズバンドらしいお転婆さとか、そういうの全部ひっくるめて良かった。シンプルなサウンドスタイルだし、今回観たバンドの中では一番ロックロックしているバンドなんだけど、こうロックの純粋な格好良さとかそういうのをストレートかつキュートに出してたし、こうやっぱ自分はロック好きなんだなあって思った。


・URBAN PREDATOR

 HILL VALLEYに移動して、名前をよく耳にしていたし、ずっとライブを観てみたかった茨城古河のURBAN PREDATORのライブを拝見。さっきまでキャッチーな類のバンドを観ていたのもあるけど、サウンドチェックの激重の8弦ギターの音で完全に意識を持っていかれたし、いざライブが始まるとベースレスの3ピース編成ながら、本当に暗黒重厚のサウンドが展開されてド肝を抜かれた。これは完全に新しいカオティックの形の一つだと思うし、グラインドやブルデスの要素を持ちながらも、それを変則的かつ変態的にズタズタに切り刻まれたサウンドは悪鬼そのもの。時折カオティックなフレーズを取り入れながらも、ひたすらリフで攻めるギターが最高に極悪で素晴らしいし、変則的ビートを叩きながらも、重みを感じるドラムの2つの音がひたすらに凶悪に轟き、そこに乗るボーカルが、完全に発狂と自己陶酔の織り交ざった得体の知れない感情をダイレクトにブチ撒けまくっていたし、想像以上のライブでびっくりした。ライブ自体は長くなかったけど、かなりインパクトあったし、年内にリリース予定らしいアルバムは絶対に買います!!



・weepray

 そのまま今回目当てのバンドの一つであるweeprayのライブへ。今回は小室さん抜きの4人編成のライブだったけど、これまで観たweeprayの中でも本当に緊張感と圧迫感が凄まじいライブだったと思う。オレンジのキャビ2台という匠さんの新しいセッティングによって前々から凄い事になっていた匠さんのギターの音は圧迫感と深みと赤黒さが更に凄い事になっていたし、小室さんは不在であったが、その穴を埋めるどころか、更に締め付ける窒息する音を繰り出し、ロングスカートの新しいステージ衣装を身に纏った阿武さんはweeprayの持つ愛と憎しみと陶酔の世界観を更に際立たせていたし、ケイゴさんのボーカルは更にブチ切れた激情を放っていた。今回披露された新曲はより極端に速さと遅さの振り幅を増幅させ、よりスラッジに、よりアンビエントに、しかし持ち前の世界観は本当により際立たせていたし、必殺の「この手とその手」は完全にブチ切れた激情を混沌と共に放っていた。しかしアクシデントもかなりあった、匠さんのSUNN O)))のアンプヘッドが完全に飛んでしまったり、狭い上に冷房全く効かないスタジオ内にかなりの人が押し寄せていたので、スタジオ内は完全に地獄那状態で、ラストの「彼岸花」の出だしの時にドラムの大野さんが酸欠状態で倒れそうな勢いになっていたし、観ている側もかなり体力を削られたんだけど、今のweeprayはそんな状況すら味方にしてしまうだけのバンドになっていたし、過酷な環境のライブは逆にバンドのサウンドに緊迫感を与え、本当にDEAD OR ALIVEな状態のライブとなり、凄まじい世界を生み出していた。全4曲ながら結構長い時間のセットだったし、圧倒されるどころじゃなくて、一つの臨死体験みてえなライブだった!!



・Tainted Dickmen

 weepray終わってからかなりグダグダタイムがあって、星咲優菜さんのDJ観たりとか、ひたすら外で酒飲んでいたりとかしていて、気付いたらイベントも終盤に。関東初ライブとなるTainted Dickmenのライブを拝見させて頂いたが、ライブを待ち望んでいた人が多かったのだろうか、スタジオ内は本当に沢山の人で、メンバーが演奏している所はロクに観れずに音だけを体感した感じになってしまったけど、しかしこれが滅茶苦茶格好良くて、オールドスクールまスラッシュメタルでありながら、ハードコアの荒々しいアグレッシブさがあって、そんなん当たり前の様に格好良い!!個人的にはグラインドコアの要素もガンガン取り入れているサウンドだったりとか、スラッシュメタルらしいギターソロだったりもかなり好印象だし、クロスオーバー系スラッシュメタルとして抜群の破壊力!!何よりもひたすらに速さを追求したサウンドがナイスだった。ギュウギュウの状態だったからしっかりライブを観れたとは言えないけど、それでもかなりガツンと来た。



・OxGxD

 そして今回レコ発となる暗黒ブルータルグラインドコアの求道者であるOxGxDだが、これがまさかまさかの伝説のライブとなってしまった。ライブ前にかなり酒を飲んでいたボーカルの皆川さんさ、ライブ前でありながら既に泥酔状態で、セッティングの時点でかなりフラフラとしているし、ライブの時はいつもと違って普通にMCしているし、何故かずっと笑顔だし、曲順忘れるし、ドラムセットに突っ込むし、ギターアンプ倒しそうになるしという事態、しかしこんな状態でもライブは十分に凄かった。のっけから324のカバーから始まり、新作の楽曲中心に攻めるグラインドコアサウンドはより磨きがかかっていたし、いつものストイックなライブと違って、ギリギリな感じの酔いどれライブは、これぞ正に酩酊抗争なスリリングさ、何よりも普段のライブと違って本当に楽しそうに酔っ払いながらライブしてる皆川さんが滅茶苦茶印象に残った。多分こんなOxGxDはもう二度と観れないとは思うけど、でもリリースパーティらしい楽しさ溢れるライブだったし、どんな状況でも揺るがないライブをするバンドに今のOxGxDはなっているのだ。



・The Donor

 ナインスパイスに戻って、最後は今回本当に楽しみにしていたThe Donorのライブ。今年本格的に復活を果たしたGREENMACHiNEのメンバーが在籍する金沢のバンドだけど、このバンド本当に凄すぎる。クロスオーバーだとかエクストリームだとかを完全に超えているのだ。音楽性はハードコア・ネオクラスト・ドゥームだとか色々混ざっているけど、シンプルな3ピースのサウンドで、ひたすらに音を鍛え上げまくっているからこそ生まれる重音爆撃のサウンド。容赦なんて何一つ無いし、一つ一つの音の強さが半端じゃない。このバンドのライブはそれこそCoffinsやChurch Of Miseryといった世界レベルのバンドに肩を並べるだけの物があるし、簡単なMC以外はほぼノンストップで繰り出される激音。もうジャンル云々で語るのは完全に野暮なサウンドだし、こりゃ1stリリース後に各所で話題になりまくるのも納得だ。現在進行形の国内外のエクストリームミュージックと完全にリンクしながら、それらのどのバンドよりもシンプルでストレートな音は激殺過ぎたし、このバンドが他を圧倒するライブをするのに30分は十分すぎた。間違いなく今回のイベントで一番のベストアクトだったし、本気で身震いするライブだった。



 非常にグダグダとした感じのライブレポになってしまったけど、長丁場でそこまでライブを観た訳では無いけど、観たバンドがどれも濃厚過ぎたし、本当に良いイベントだったと思う。特にThe Donorのライブに衝撃を受けた人は本当に多かったと思うし、他のバンドも凄まじいライブばかりだった。そんな訳で駆け足ながらレポさせて頂きました。
スポンサーサイト
タグ : ライブレポ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ シューゲイザー ハードコア ロック グラインドコア プログレ ギターロック ポストブラックメタル インタビュー マスロック ポストパンク デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス スラッシュメタル ブラックメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック イタリア インダストリアル ベルギー フューネラルドゥーム グランジ ノルウェー 年間BEST ジェント オーストラリア スペイン アコースティック ポップス プログレッシブメタル ラーメン ブラッケンドハードコア フォーク ミニマル モダンヘビィネス ニューウェイブ パワーヴァイオレンス ロシア ゴシックメタル ハードロック ファストコア ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド メタルコア ゴシックドゥーム トリップホップ ヒップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ 駄盤珍盤紹介 アブストラクト ノーウェイブ クラウトロック ダブ ヘビィロック パンク ゴシック ダブステップ ノイズコア シンガポール ラトビア ミクスチャー チェコ インディーロック メロディックパンク テクノ ポーランド ドラムンベース ウィッチハウス オルタナティブ アイルランド デンマーク スイス ヘビィネス メキシコ ポジパン ジャズ ヴィジュアル系 アシッドフォーク メタル ブルデス 声優 ボイスCD ドリームポップ トラッドフォーク クラストコア スクリーモ カントリー プリミティブブラック 韓国 ハンガリー アイスランド イラン シンフォニックブラック ギリシャ スコットランド USハードコア ポルトガル ガレージ ソフトロック フリージャズ モダンクラシカル 台湾 トルコ ファンク 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター