■Chaos Is My Name/Khlyst


Chaos Is My NameChaos Is My Name
(2006/10/24)
Khlyst

商品詳細を見る




 Thorr's Hammerでボーカルを務め、SUNN O)))の準メンバーとしてもお馴染みのRunhild Gammelsaeterと、Khanateのメンバーとして活躍したJames Plotkinのドローン・アンビエントユニットがこのKhlystであるが、SUNN O)))の様な圧倒的爆音によるドローン地獄とか、Khanateの実験的でありながらも凶悪な音塊といったアプローチは今作には無い。今作は実験的の範疇すら越えた、半ば理解不能の狂気が渦巻き、最早音楽としての最低限の分かりやすい構成だとか展開だとかすら放棄してしまった、言い知れぬ恐怖のみが渦巻いている。



 8つの組曲に分けられた全1曲の今作であるが、冒頭からRunhildはヒステリックなハイトーンの絶叫を撒き散らし、リズムの概念を放棄したドラムと、好き勝手に弾いて滅茶苦茶なベースとドローン成分の強いギターが延々と法則性の無いまま鳴っている。実験の末に行き着いた物なのか、セッション的な制作により生まれた物なのかは分からないが、徹底して聴き手の感情移入を拒んだ音からは常軌を逸した殺意と狂気のみが伺える。
 所々に静謐でアンビエントになるパートも存在するが、美しい音色などは勿論皆無、Runhildの囁きはただ狂気を拡散し、鳴る音からは無機質な狂気しか感じる事が出来ない。安易な感傷なども無く、聴き手は音に自分の感情など重ねる事など出来ない音を吐き出しながらも、決して無機質な物にはなってないから厄介なのだ。
 ただ各楽器の狂気に満ちた音圧と、Runhildの叫び声が、瞬間的に奇跡的な融合を果たす瞬間は確かに存在し、その瞬間に凄まじいカタルシスが聴き手の中に生まれるのだけは確かだ。



 このKhlystの音は音楽としての骨組みになる構成や展開すら放棄した末の音だ。何らかの意味を求めて聴いたりする物では無いし、快楽的な音は何一つ存在しない。ただ極限まで様々な要素を削ぎ落としていながらも、純粋な悪意のみは確かに存在している。
 何度も繰り返し聴いて楽しんだりとか、分かりやすい精神的ダークネスなどは存在しないが、狂気と悪意が行き着いた果てに存在する音の一つの形という物に触れる事が出来るのだけは確かだ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストハードコア ポストロック カオティックハードコア ドゥーム エモ オルタナティブロック イギリス サイケ フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル マスロック デスメタル カナダ スウェーデン スラッシュメタル モダンへビィネス ブラックメタル エクスペリメンタル ギターポップ エレクトロニカ イタリア ジャンクロック インダストリアル フューネラルドゥーム ベルギー グランジ ノルウェー ジェント オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス アコースティック スペイン ポップス ミニマル フォーク ブラッケンドハードコア モダンヘビィネス ニューウェイブ ラーメン プログレッシブメタル ノイズ ニュースクールハードコア ゴシックメタル メタルコア ロシア フィンランド ハードロック ファストコア アブストラクト ヒップホップ トリップホップ 自殺系ブラックメタル オランダ ゴシックドゥーム 駄盤珍盤紹介 クラウトロック ポジパン ノイズコア シンガポール ダブ ヘビィロック パンク ノーウェイブ ラトビア ダブステップ ミクスチャー ゴシック メキシコ スイス ジャズ メタル ポーランド オルタナティブ ブルデス アシッドフォーク アイルランド インディーロック ウィッチハウス ヴィジュアル系 メロディックパンク ヘビィネス チェコ テクノ ドラムンベース デンマーク スクリーモ プリミティブブラック 年間ベスト クラストコア スコットランド USハードコア シンフォニックブラック アイスランド 声優 ハンガリー ボイスCD ソフトロック ニューウェイヴ 台湾 トルコ モダンクラシカル 韓国 ギリシャ ポルトガル カントリー フリージャズ トラッドフォーク イラン ファンク ガレージ ドリームポップ 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター