FC2ブログ

■翌日/あぶらだこ


翌日翌日
(2004/01/24)
あぶらだこ

商品詳細を見る




 04年に発表されたあぶらだこ唯一のシングルである今作は、1stアルバムである「木盤」のラストを飾る混沌に満ちた名曲である「翌日」のライブ音源であり、その1曲のみが収録されている。しかし「木盤」では7分半であった曲が今作では約24分の長編としてアレンジされており、それにライブ特有の緊張感と張り詰めた空気と先の読めない恐怖心みたいな物が音源に色濃く反映され、あぶらだこの異質さが浮き彫りになり、そして後にも先にもあぶらだこが唯一無二の孤高のバンドである事を証明している。



 裕氏の図太いベースの音から今作は幕を開ける。序盤はインプロ的なセッションの様な先が全く読めない不穏さが空間を埋め尽くし、ほぼ大國氏のノイジーなギターで埋め尽くされている。そこに裕氏と伊藤氏のビートが緩やかにグルーヴを計り、さざ波がうねりを強めて大國氏のギターとはまた違う狂騒の下準備を整え始める。やがて大國氏のギターがよりうねりを強めながらリズム隊の作るビートに絡み合ってゆき、その頃には原曲である「翌日」が表情を見せ始める。
 ベースが印象的な「翌日」のベースラインを奏でる頃には、ギターはメロディーや音階を放棄した、狂騒を鳴らす物としてひたすらノイジーに暴れ、伊藤氏は手数をかなり増やし、ポリリズムの反復によるプログレッシブなビートとグルーヴを作り出して、三者の音が一つの計り知れない音塊として存在する。終盤で完全な形で完成された「翌日」にヒロトモの絶唱な乗った瞬間に、輪廻の渦の様な、逃れる事の出来ない混沌の坩堝が完成する。
 この世の全てを嘲笑うかの様な、誰も平等に逃れる事の出来ない、命の始まりと終わりを体現した生命の因果と輪廻の様な物を、この計り知れない音の化け物は作り出しているのだ。



 バンドがどのような意図で今作をライブで演奏し、音源として発表したかは僕には分からない。だが今作に存在する「終わりの始まり」と「始まりの終わり」が同居したかの様な因果律は底知れぬ渦を作り出している化け物だ。
 今作を聴いて宇宙を感じるのか、生命を感じるのか、彼岸を感じるのか、それは聴く人によって違うし、それぞれが想像する物だ。ただ「翌日」だけは何があってもこの世にやってくる。あまりにも重く、逃れられない「確定事項」として。
スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

AKSK

Author:AKSK
メジャーの物からマニアックな物まで良い音楽を幅広く紹介してこうと思ってますが、ハードコアとかが多目だったりします。他にもコラム書いたりもしています。

タグ別記事表示

日本 ライブレポ 激情系ハードコア アメリカ スラッジ ポストメタル ポストロック ポストハードコア カオティックハードコア ドゥーム エモ イギリス サイケ オルタナティブロック フランス アンビエント ストーナー ネオクラスト ドローン ドイツ ギターロック シューゲイザー ハードコア グラインドコア ロック プログレ マスロック ポストパンク インタビュー ポストブラックメタル デスメタル スウェーデン カナダ モダンへビィネス ブラックメタル スラッシュメタル ギターポップ エクスペリメンタル エレクトロニカ ジャンクロック インダストリアル イタリア ベルギー フューネラルドゥーム グランジ スペイン ノルウェー オーストラリア 年間BEST パワーヴァイオレンス ジェント アコースティック ポップス モダンヘビィネス ニューウェイブ フォーク ミニマル ラーメン ブラッケンドハードコア プログレッシブメタル ファストコア ゴシックメタル ロシア メタルコア ハードロック ノイズ ニュースクールハードコア フィンランド トリップホップ アブストラクト オランダ 自殺系ブラックメタル 駄盤珍盤紹介 ヒップホップ ゴシックドゥーム ミクスチャー ポジパン ダブ ノーウェイブ クラウトロック ゴシック ノイズコア ダブステップ シンガポール ラトビア パンク ヘビィネス インディーロック テクノ チェコ メロディックパンク メタル ポーランド デンマーク メキシコ ドラムンベース オルタナティブ スイス アシッドフォーク ジャズ ブルデス ヴィジュアル系 アイルランド ウィッチハウス ドリームポップ 年間ベスト ニューウェイヴ 韓国 カントリー プリミティブブラック トラッドフォーク スクリーモ ヘビィロック フリージャズ クラストコア ファンク トルコ ギリシャ 台湾 スコットランド USハードコア ガレージ シンフォニックブラック イラン ハンガリー ボイスCD 声優 ポルトガル ソフトロック モダンクラシカル レゲエ アイスランド 

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター